商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

カテゴリ:類否 > 自然的称呼

【ここに注目!】
本願図形部分の帽子部分には、「IDC」の文字が表示されているとしても、該文字部分は、キャラクターがかぶる帽子と一体化されており、帽子のデザインと理解されるものといえるから、該文字部分のみが着目され、看者の記憶、連想に強く影響を与えるものとも認め難く、該文字部分を捉えて取引に当たるとは考え難いとみるのが相当である。
そうすると、本願図形部分は、全体として、一つのキャラクターを表したものとして印象づけられるものであり、これに接する取引者、需要者は、図形全体を一体不可分のものとして認識、把握するものというべきである。 
してみれば、本願図形部分からは、特定の称呼を生じないというのが相当である。

埋め込み画像 1


【実務への応用】
キャラクター中の表わされた文字について、そのキャラクターの名称としてキャラクターと一体の観念を生じるとする審決はありますが、キャラクターのデザインの一部なので称呼は生じないとする結論は珍しいように思います。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
たとえ、「O」、「S」及び「G」の欧文字をモチーフに図案化されたものであるとしても、その図案化の程度からすると、これより直ちに、特定の文字を表したものと認識させるともいい難いから、特定の称呼及び観念は生じないというのが相当である。

埋め込み画像 1


【実務への応用】
どの程度商標の図案化が進むと「文字」としての機能を失うかは定説がなく、その判断は審査官によってまちまちです。
事案を積み上げて、ある程度の線をイメージできるようにするしかないでしょう。

【適用条文】
4条1項11号

【ここに注目!】
上段に「N」及び「O」の欧文字を、下段に「D」及び「E」の欧文字を、それぞれ上下左右ともに均等の間隔で配してなるところ、かかる構成においては、全体として何らかの語を表したものとして看取されるとは認められず、むしろ欧文字4字を四方に均等に配してなる標章と認識されるとするのが相当といえることから、本願商標からは、「エヌオーディーイー」の称呼を生じる


埋め込み画像 2



【実務への応用】
本件商標は欧文字4文字を二段に配したもので、どの文字をどの順で読むか判然としません。
本件は、こうした商標について称呼を認定するときに参考になるでしょう。

【適用条文】
4条1項11号


このページのトップヘ