商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

カテゴリ:類否 > 自然的称呼

【ここに注目!】
一般的には,特定の意味合い又は特定の読みを想起しない欧文字からなる場合,これに接する取引者,需要者は,我が国において広く親しまれている英語読みに倣って称呼するとみるのが自然であるから,「mor」のつづりを語頭に有する英単語,例えば「morning」が「モーニング」と発音され,また,「phe」のつづりを語尾に有する英単語,例えば「apostrophe」が「アポストロフィー」と発音されることを踏まえると,本願商標からは「モーフィー」の称呼が生ずるというのが相当である。

【実務への応用】
造語商標の称呼の特定方法について基本的な考えを示した審決です。極めて一般的な方法ですが、たとえば調査で称呼を特定する際にも必要ですから一度紹介しておきます。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
本願商標は、やや右に傾いた欧文字の「PR」と「DE」(「P」は「R」の、「D」は「E」の、それぞれ左部の上に重なっている)の間に、同じく、やや右に傾いた右拳で黒塗りの稲妻を握りしめた如きの図形を配した構成よりなるところ、近時、文字の一部を装飾的に図案化することが普通に行われている実情を考慮したとしても、当該図形部分が、特定の記号や具体的な欧文字を図案化したものとは直ちに認識し得ないものである。
そうすると、本願商標の構成中、中央に描かれた図形は、親しまれた既成の観念を想起し得ない図形として、認識、把握されるのが自然であるから、本願商標は、当該図形と左右の「PR」と「DE」の欧文字との組み合わせからなるものというべきであって、これよりは直ちに特定の称呼及び観念を生じないというのが相当である。
埋め込み画像 1
【実務への応用】
商標の一部がロゴ化しているため全体が一体の商標とは認められないとした審決です。
ロゴ化した商標については「全体を一体としつつも、もはや文字ではない」とするパターンと、本件のように図案化さらた一部の要素の影響で「全体として称呼はでない」とするパターンがあります。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
本願商標は、その構成からして欧文字をデザイン化してなるものではあるが、具体的にどのような欧文字であるのか特定し難いものである。

埋め込み画像 1

【実務への応用】
全体がデザイン化されているので、もはや文字ではないと判断された事例です。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
上段の星及び二つの三日月図形はその前後に「y」及び「K」の文字が配されてはいるものの、直ちに特定の文字を図案化したものと認識させるとはいえないものであるから、当該文字及び図形部分からは特定の称呼を生じないというのが相当である。



【実務への応用】
審決では第2文字目と4文字目について「星及び三日月」との認定に足し、文字としては認識されないと判断しました。

【適用条文】
4条1項11号

【ここに注目!】
本願商標は,赤色の線書き図形からなるところ,かかる構成にあっては,直ちに特定の称呼及び観念が生じない図形商標であると看取されるというのが相当である。

埋め込み画像 1

【実務への応用】
実際のマーケットを想像するとこの程度であれば需要者は「UL」と認識してもおかしくないように思いますが、本件では図形であって文字ではないという判断になりました。

【適用条文】
4条1項11号


↑このページのトップヘ