商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

カテゴリ:不使用 > 使用商品・役務

【ここに注目!】
使用商品は、LEDライトと時計の機能を有するものであって、時計以外の機能を有するとしても、使用商品の構成はどちらかの機能が付随的なものということはできないから、本件審判の取消に係る商品「時計」に含まれる商品であるといえる。

【実務への応用】
使用商品に二面性がある場合、その商品への使用が指定商品についての使用に該当するか問題となります。本件は置物であって、時計とライトが付いている商品について、どちらが主でどちらが付随的ということはできないので、「時計」としても把握されるとしました。

【適用条文】
50条

【ここに注目!】
金属加工の工法と,その実施に際して専用的に用いられる「金属加工機械器具」とが密接不可分の関係にあるとしても,本件商標の使用においては,「金属加工機械器具」の商品について使用がされなければならないのであるから,金属加工の役務について使用される商標は,当該商品についての使用ということにならない

【実務への応用】
「権利化すべき範囲=使用する範囲」と実際に権利化してある範囲でズレが生じたケースです。「PRS工法」という工法の名称として使用していながら、権利化していたのが「金属加工機械器具」という商品だった案件です。

出願段階において、当該商標をどのように使用するのか確認することがいかに大事かを物語る案件です。

【適用条文】
50条


【ここに注目!】
本件商標が使用されている商品の取引についてみると、該商品は、通常使用権者が運営するウェブサイトの通信販売において、被請求人の主張によれば「ランチ小物」の項目に分類されているもので、また、「ハイジクラブ両国店」及び「いちばんプラザ」の両店舗における商品の陳列では、弁当箱、箸、水筒及びカップ等のお弁当に関する商品とともに展示されているものであるから、昼食で利用される「ランチクロス」として把握、認識されるものである。

そうすると、該商品は「ランチクロス」として取引されているというべきであり、「ナプキン」としても取引されているということはできない。

【実務への応用】
「テーブルナプキン」と「ランチクロス」、何れも似たような商品ですが、不使用取消審判では「その指定商品」についての使用が求められますので、厳密に区別されます。

「織物製テーブルナプキン」は類似商品・役務審査基準にある表示ですから、具体的に使用する商品を確認せずに、審査基準通りで出願してしまうと後で後悔することになります。

出願時に指定商品・役務の表示に気を遣わなければならない大きな理由はここにあります。

【適用条文】
50条


【ここに注目!】
本件商標に係る指定商品は、「アメリカ製の被服」等であり、全て「アメリカ製」の商品に限定されていることから、被請求人は、「アメリカ製の被服」について本件商標を使用している事実を立証しなければならないころ、証拠中には、本件商標に相当する標章が表示されているものはあっても、「アメリカ製の被服」であることを証明する事実ないし記載が全く含まれていない。

【実務への応用】
4条1項16号の拒絶理由を最も簡単に解消する方法は、指定商品を商標で示された通りの品質に限定してしまうことです。

しかし、実際に使用している商品と指定商品との関係を正確に把握しておかないとこのような事態を招きます。

安易な補正を戒める審決です。

【適用条文】
50条

↑このページのトップヘ