商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

タグ:商標

【ここに注目!】
一般的には,特定の意味合い又は特定の読みを想起しない欧文字からなる場合,これに接する取引者,需要者は,我が国において広く親しまれている英語読みに倣って称呼するとみるのが自然であるから,「mor」のつづりを語頭に有する英単語,例えば「morning」が「モーニング」と発音され,また,「phe」のつづりを語尾に有する英単語,例えば「apostrophe」が「アポストロフィー」と発音されることを踏まえると,本願商標からは「モーフィー」の称呼が生ずるというのが相当である。

【実務への応用】
造語商標の称呼の特定方法について基本的な考えを示した審決です。極めて一般的な方法ですが、たとえば調査で称呼を特定する際にも必要ですから一度紹介しておきます。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
観念については、本願商標と引用商標とは、それぞれ、特定の観念を生ずることのないものであるから、両商標は、観念上、相紛れるおそれのないものである。
そうすると、本願商標と引用商標とは、「シロー」の称呼を共通にする場合があるとしても、外観において顕著な差異を有するものであり、また、観念においても相紛れるおそれのないものであるから、取引者、需要者に与える印象、記憶、連想等を総合して全体的に考察すると、両商標は、これを同一又は類似する商品に使用しても、商品の出所について同を生ずるおそれのない非類似の商標というべきである。

【実務への応用】
一般的な総合観察に基づく審決です。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
一般的に助詞を発音するときは、音節を区切るように発音されることからすれば、引用商標は、「ミンナノ」の音と、「デンリョク」の音を、区切るように、それぞれが明確に発音して称呼されるのに対し、本願商標は、一息に「ミンナデンリョク」と称呼されるというのが自然であるから、両称呼をそれぞれ一連に称呼した場合には、その語調、語感が異なり、称呼上、十分聴別できるものである。

【実務への応用】
格助詞「の」がは結合の度合いに影響を与えるとした審決は過去にもありましたが、語調・語感に影響を与えるとした審決は珍しいように思います。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
我が国においては,新聞や国語の教科書等に縦書きが採用され,書籍,看板等でも縦書きのものも多いことから,これらに日常的に接してきた一般消費者が縦書きされた文章に慣れ親しんでいることは経験則に照らして明らかであり,実際に,商品を紹介する雑誌等において,商品又は役務の記号又は符号が縦書きで表記されているものも見受けられる。
してみれば,一般的な書体で表した「ED」の欧文字2字を縦書きしたにすぎない本願商標は,これをその指定商品及び指定役務に使用しても,これに接する取引者,需要者が商品又は役務の記号又は符号の一類型を表示したものと理解するにとどまる。

埋め込み画像 1

【実務への応用】
縦書きの欧文字はあまり見かけない気もしますが、縦書きにしただけでは「ありふれた」ものの範疇に留まるという判断になっています。

【適用条文】
3条1項5号


【ここに注目!】
本願商標の指定商品である「紙製幼児用おしめ,使い捨て(紙製)乳幼児用おしめ(パンツ式のものを含む) 」については、有機農法により栽培された綿(オーガニックコットン)など、有機栽培による素材を使用した商品が一般的に製造販売されていると認めるに足る事実は発見できなかった。

【実務への応用】
審査では「本願指定商品を取り扱う業界においては、例えば、有機農法により栽培された綿(オーガニックコットン)などのように、主に赤ちゃんの肌を考慮して、有機栽培による素材を用いた商品が多数取り扱われている実情がある」として拒絶したことと対照的な審決です。まさに「指定商品」との関係を考慮した結果でしょう。

【適用条文】
3条1項3号

このページのトップヘ