商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

タグ:外観

【ここに注目!】
外観において、本願商標は「セラヴュール」の片仮名と「ceravure」の欧文字を上下2段に書きしてなるのに対し、引用商標は「セラピュール」の片仮名を書してなるものであるから、本願商標と引用商標とは、全体の外観から受ける視覚的印象において、明確に区別し得るものである。

【実務への応用】
2段書きと1段書きでは外観が異なるというのはもっともな話ですが、審決として見かけた記憶がなかったので今後のためにピックアップしておきます。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
使用商標は,別掲1のとおり,やや図案化されているものの「TOMS」の文字からなることは明らかである。
(中略)
使用商標の「TOMS」の文字からは,共に「トムス」の称呼が生じ,特定の観念は生じないものである。そうすると,本件商標と使用商標とは,その称呼を共通にし,観念における相違はないから,本件商標と社会通念上同一の商標といえる。

埋め込み画像 1

【実務への応用】
登録商標は二段書きとはいえ、書体は通常のゴシック体ですので、外観の相違は顕著です。しかし、合議体は「称呼と観念」の共通性をもって社会通念上同一と判断しました。

社会通念上同一かどうかにはもはや外観はほとんど影響を与えないといっても過言ではない審決です。

【適用条文】
50条


このページのトップヘ