商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

タグ:類否

【ここに注目!】
本願商標の構成中「Ermenegildo Zegna」の文字部分は、請求人のハウスマークともいえる中心的商標であって、請求人が商品「被服」に使用した結果、我が国において需要者間に広く知られている商標と認められるものである。
そして、一般的に、企業は、自己の商標を採択、使用するに際して、企業の代表的出所標識(ハウスマーク)とその取り扱いに係る個々の商品に付される識別標識(ペットマーク)とを結合して使用しているのが実情である。
そうとすれば、本願商標を、その指定商品について使用した場合、これに接する取引者、需要者は、その構成中のErmenegildo Zegna」の文字を当該商品の主体を表す、いわゆるハウスマークと捉え、また、「ELEMENTS」の文字部分をその商品に係る、いわゆるペットマークと認識し、把握するとみるのが相当である。

そして、ハウスマークとペットマークとを結合してなる商標に接する需要者、取引者は、ハウスマークとペットマークと理解される各文字部分をもって、商取引に資する場合も決して少なくないとものとみるのが相当である。

【実務への応用】
前段だけを読むと「Ermenegildo ZegnaのELEMENTS」という一連の観念を導くのかと思いきや、最終的にはハウスマークはハウスマークとして、ペットマークはペットマークとして、それぞれ別々にも商標として機能するという結論を導いています。

分離する方向に持って行く場合の論説です。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
その構成中の「駿台」の文字部分は,上記のとおり,請求人若しくは請求人に関連するグループの著名な略称として知られていることからすれば,取引者,需要者に対し,役務の出所識別標識として強く印象付けられるものであるから,本願商標は,専門学校の名称としての「(学校法人駿河台学園等のグループの)駿台観光&外語ビジネス専門学校」という程の意味合いを理解させるものというのが相当である。

【実務への応用】
本件は、「ハウスマーク+ペットマーク」を一連としてのみ把握し、外観・称呼・観念を認定した案件です。
 

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
その左右に黒く彩色された円様図形が表され、それらの下部に黒く彩色された3つの幾何図形を配してなるところ、その構成中の図形部分を原審においては、「やや図案化されているものの、容易に『iti』の欧文字であると認識できる」旨認定しているが、該部分は、一見しただけではいかなる文字を表しているか理解しにくいほど図案化したものといえる。
埋め込み画像 1

【実務への応用】
確かにこの程度まで図案化が進むと文字なのか図形なのか判然としませんので、妥当な審決かと思います。

【適用条文】
4条1項11号

【ここに注目!】
その6つの構成要素からなる右構成部分は,1,3,5及び6つ目のものが,それぞれ「S(s)」,「U(u)」,「r」及び「e」のアルファベットと認識し得る特徴を有するものの,2つめの構成要素である円の最上部から上へ及び最下部から下へそれぞれ垂直に延びる短い直線を有するものと,4つ目の構成要素である円の右下部から斜め右下へ延びる短い直線を有するものは,いずれも直ちに特定の文字を表したものと看取し得るとはいい難い

埋め込み画像 1

【実務への応用】
第2文字目と第4文字目が読めないので、全体として称呼は出ないとした審決です。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
「cecile」の文字は、「女子の名、女性名」を意味する英語として、ある程度知られているばかりでなく、カタログ通信販売業を行っている請求人が、テレビ等で「cecile(セシール)」標章として広告・宣伝し、さらには、カタログ通信販売にとどまらず、本願商標の指定役務にも進出していることが、請求人の提出に係る資料1ないし26(枝番号を含む。)から認められ、本願商標の指定役務の取引者、需要者間に相当程度広く認識されているといえるものである。

そうすると、別掲のとおり構成よりなる本願商標は、「セシール」の称呼及び「女子の名、女性名」の観念を生ずるというのが相当である。

【実務への応用】
自然的称呼の認定において使用実績を評価した案件です。この商標はおそらくかなりの人が知っているでしょうから、この程度の使用実績があれば称呼が特定できるとすることに異論はないと思います。

【適用条文】
4条1項11号

↑このページのトップヘ