2018年11月14日

舌平目バターとニシンフライ 小田保(豊洲市場)

最近は平日夜に外食することもままならないので、
せめて朝は美味しいものを食べようと、
週1回は豊洲に通おうと意気込んでいます(笑)。

先週から連続になってしまいましたが、
豊洲市場「小田保」へ。

10

空いててよかった!


ホワイトボードのメニューはこんな感じ。

11

幅広く揃っています。
こんな日はホワイトボードの中で決めようかな。

と、しばらくにらめっこして、
淡路産舌平目バター750円に。

12


と、これだけでは物足りない気がして、

北海道産ニシンフライ400円も。

13


ごはんセット250円もつけたら
ちょっと多かったかな。
うん多かったかも。


15


舌平目バターはいつもの安定感!

バターの香り高さ、
香ばしく焼き上がった皮、
ふんわりして上品な味わいの白身。

これこれ!
何度か食べるうちに気が付けば
舌平目バター中毒になっていました。
こんなにハマるとは!


ニシンフライは

14

生のニシンを使った
この時期ならではのメニュー。
ほわっほわの身質の柔らかさを
口の中で感じます。

味自体は淡白なので、
レモンやソース、タルタルをつけて食べるのが
ちょうど良いです。


結局ちょっと多めではあったものの
無事に完食。

16


クオリティの高いフライとバター焼きに五感が歓び、
すべて食べきった達成感に満たされ、
大満足でお店を後にしました。

お店ではなじみの常連さんとお会いでき、
食べている最中も師匠とお目にかかれ、
さらにグルメ芸能人の方にも遭遇。

来るたびに久々の方とお会いできる
という楽しみがあるのも、豊洲ならでは。


ちなみにお隣は

17

豊洲の一番人気店。
私も混み過ぎないうちに
参戦したいものです。



myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(0) おいしいもの(豊洲) 

2018年11月12日

フロアマップに載っていない穴場 五十七番寿し(新千歳空港)

新千歳空港国内線ターミナルにありながら
フロアマップに載っていない
穴場の立ち食い寿司がある、
というのを聞いて以前から気になっており、
先日所用がてら立ち寄ってみました。

1

確かに、お土産店が立ち並ぶ一角にあり
フロアマップに出ている訳ではないので、
お店の前まで来ないと気が付かないのも納得。

店名は「五十七番寿し」。

2

ちなみに空港サイトには
「その場で食べられる立喰い寿しは
季節ごとにネタも変わり旬の味を楽しめます」
とだけ書かれており、
店名までは書かれていません。

とはいえ、行列は出来ないまでも
常にお客さんは入り続けていたので
周知はされているのでしょう。


注文は、カウンターに置かれたタッチパネルから。

3

お店の方に操作方法を教えてもらい、
いざ頼んでみます。


さんま300円
4

さんま独特の香り高さが感じられます。
脂乗りはやや弱いか。。


自家製〆さば350円
5

〆具合は浅めで青魚らしい香りが強い一方、
脂乗りは薄くさっぱりした味。


活〆ほっけ350円
6

ほわりとした柔らかな身質。
北海道ならではのネタです。
そうそう、こういうのが食べたかった!


炙りサーモン300円
7

ちょっと炙りが強くて
「炙り」というより「焼き」サーモンっぽいような・・・。


炙りきんき700円
8

ぶりんぶりんの歯ごたえ!
背徳感しかない甘みの極みです。
強めの炙りの香ばしさも、
きんきについてはちょうど良いくらい。

東京でも食べられますが、
北海道ならではのネタ、嬉しいです。

にしても立ち食いでこのお値段、
やはり高級魚であることには変わりないのですね。


サメガレイ250円
9


勘八300円
10


などいただき、お会計へ。
滞在時間10分少々。
時間のない時にはありがたいです。

事前にネットで調べた時には
「鮭児がある」と書かれていたので
とても期待していたものの、この日は無し。

一方ぶどう海老がありましたが、
手を出すにはやや躊躇するお値段だったので断念。

新千歳空港でお寿司を食べるときは
回転寿司「函太郎」に行くことが多かったのですが、
ネタの多さと手頃さでは函太郎に軍配が。

より北海道らしいネタを楽しみたい時は
こちらが良いかもしれません。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(2) おいしいもの(寿司) 

2018年11月10日

秋薫る軽やかランチ il tram(清澄白河)

9月の清澄白河「il tram(イルトラム)」。

1


今回はこちらでの食事を目的に
東京にやってきた母と一緒に
ランチニューをいただきました。

2

(普段は昼間の時間帯でも
夜のコースをいただくことがほとんどです。)

ランチメニューは
定番チコリの1時間ローストと肉料理が無し。
ちょっと軽めにいきます。


様々な茸のブロード コラトゥーラ スダチ
3


秋がきた!
と感じさせる豊かな香り。


4

油っぽさは一切なく
7種のキノコの織り成す芳醇な香りにうっとり。


自家製フォカッチャ
5



ブッラータ 枝豆 アーモンド
6

カリフォルニア産のブッラータ。
クリーミーでありながら後味さっぱり。
枝豆のまろやなか旨みとアーモンドの香ばしさが
味わいに奥行きを与えてくれます。


秋刀魚のインボルティーニ ボッタルガ なめこ
7

大好きな秋の定番。
ポルチーニ茸となめこのソースが
反則的に良い香り。


紫芋 カカオニブ ラビオリ
8

甘みとスパイシーさの融合。
カカオニブのほろ苦さが意外なアクセントに。


ピチ・アリオーネ
9

トマトとタマネギの甘みが存分に引き出され、
「トマトってこんなにおいしいんだ!」
と新鮮な気持ちで臨めるソース。

手打ちのピチはもっちもちな歯ごたえ。
まるで讃岐うどんです。


ランチメニューは肉料理がない代わりに
デザートがついてきます。

爽やかな香りのレモンのソルベ

10

甘過ぎず後味さっぱりで
心地良い食後感。

最近、夜のコースだと満腹になりすぎて
その後睡魔との戦いにひと苦労なので(笑)、
お昼はこのくらいの内容で十分かもしれません。

イタリアンとひと括りにできない
繊細な味わいに、母も満足して帰りました。

また来月だ!



myturn1215 at 11:00|PermalinkComments(2) おいしいもの(イタリアン) | おいしいもの(清澄白河)

2018年11月07日

定番オムレツとカキフライ 小田保(豊洲市場)

前日あまり夕食をとれなかったので、
少し早起きして豊洲市場で朝ごはんだ!

で、向かった先は水産仲卸売場棟「小田保」。

7

未訪のお店に行きたい気持ちもありつつ、
ついいつもの安定感を求めてしまいました。

午前7時頃に到着すると、
店内は5割程度の入り具合。
平日朝はやはり待たずに入れます。

この日は「卵料理が食べたい」という気持ちがあり、
最初からオムレツに決めていました。

ただ、それだけも寂しいと思い、
この時期はずせない逸品、カキフライをトッピング。

8


オムレツカキフライが寄り添うように登場!

このカキフライ、随分と大きい!


9

前回食べた時はまだまだ小ぶりだと
思っていたのに、
1ヶ月も経たないうちにこんなに成長しちゃって!

旨みもギュギュっと凝縮していて濃厚。
毎度のことながら衣まで美味しい!!!

オムレツはいつ食べても変わらない安定感。
卵のほわっとした半熟食感と
細かくカットしたチャーシューがたっぷり入った
シャープな旨みが魅力。

2つ合わせても重すぎないので
朝ごはんにぴったりです。

また来ようっと。

余談:
前回訪問時もでしたが、
豊洲市場行きバスを利用すると
顔なじみの常連さんと遭遇する率高し!

今回も、おかげで
長らくお会いできずにいた方と
偶然ながらご一緒することができました。

ひとりも良し。
仲間とも良し。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(6) おいしいもの(豊洲) | おいしいもの(卵)

2018年11月05日

わざわざ行く価値あり地元食材フレンチ ル・ピオニエ(清里)

清里・大泉高原あたりにあるフレンチ、
LE PIONNIER(ル・ピオニエ)」。

1


車でないと行きづらい場所ながら、
居心地の良さは抜群。

2


地元の食材を使った季節を感じられる料理。
6月に訪問した時のため、
自分のメモとして残しておきます。
写真からでも雰囲気が伝われば幸いです。

ランチはコースのみ。
2,800円、3,800円、6,800円の3種類(税込)。

真ん中の全7皿コース、
Pionnier(ピオニエ)コースにしました。

メニューも素敵。

no title



温泉卵と生ハム ロメスコソース
3


実はこのお店に来た最大の理由が、
この近くの中村農場の卵を使った料理が
食べられるから。

4

濃厚極まりない黄身。
温泉卵で存分に堪能し、
食後に農場で買って帰りました。


蕪と鶏のコンソメのテリーヌ 帆立貝
蕪の葉とレモンのムース

5

主役はあくまで蕪。
鶏や帆立の香り、味わいは
主役を引き立てる役回りでした。


パンはすべて自家製。

6

オリーブオイルの器まで素敵です。



季節のスープ
7

この日は山梨県産ゴールドラッシュがメイン。
その上にはジャージー牛乳に泡がたっぷり。
やさしい甘み。


真鯛のプランチャ ヤングコーン レモングラス
8

旨みの引き出た真鯛に、
ヤングコーンとレモングラスのムースを合わせる
という斬新な発想。

鮮やかな色味も、意外な組み合わせも
食べる側を惹きつける面白い一皿。
もちろんおいしかった!


甲斐路軍鶏のグリル 季節の野菜
グリーンマスタードソース

9

中村農場の甲斐路軍鶏
これまで食べてきた鶏とは全く異なる、
ワイルドなまでの肉肉しい強い歯ごたえ。
噛むごとに旨みがジュワっと広がる、
咀嚼の歓びもまた。

野菜の味わいにも1つ1つ感嘆。
これぞ、高原フレンチ。


ルバーブのクレームブリュレ イチゴのソルベ
11

見た目のかわいらしさと華やかさに
引き寄せられます。
甘過ぎないのがまた良し。


食後の飲み物に紅茶を選ぶと

10

目の前に茶葉を持ってきて
選ばせてもらえます。
最近こんなスタイルが増えつつありますね。


12

ハイビスカス系のハーブティを選ぶと
テーブルの上はさらに華やか。

ブリュレに添えられたバラの花びら。
食べられるそうですが、これ1枚で
ほわあっと高貴な香りも広がります。


お茶と一緒にお菓子まで出てきて
満腹この上なし。

13


これで3,800円(税込)ですから
驚くしかありません。


14

天井が高く開放感があり、
テーブルの間隔も広くとってあり
とにかくゆったりと居心地良く過ごせます。

いつでも気軽に行ける場所でないのが残念ですが、
機会ができれば何度でも通いたい
お気に入りのお店です。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(2) おいしいもの(フレンチ) 

2018年11月01日

ニュー「うなぎ米花」@豊洲市場

築地市場が豊洲に移転して2週間あまり。
なかなか通えていないことに
だんだん禁断症状を感じ始め、

今日こそは!

と少し早めに自宅を出て豊洲市場へ。

特に行き先を考えていた訳ではなく、
なんとなくふらりふらりと水産仲卸売場棟に向かい、

・・・きっと行きたかったのでしょう、
気が付けば「うなぎ米花」の前に。

米花

築地場内の店舗とは全く異なり、
きれいですっきりとシンプルな外観。

中に入ると、

1

天井が高い!
テーブル席が5卓もあり、
お店の奥には巨大な羽子板が。

電灯のカバーは切子を使っていて、
和モダンな印象です。


いただいたのはおまかせ定食。

2


この日の内容は、

4


おっきなつくねと炒り卵の丼と、


3

カニと豆腐の煮込み。
それにお味噌汁と漬物。

つくねの大きさには、毎度のことながら
そのボリュームにびっくり!
且つ粗めの挽き肉の歯ごたえの良さ、
薄めの味付けが引き立てる鶏肉の旨みに
ひと口ごとににんまり。

カニ豆腐は、薄味ながらも
出汁にカニの風味がしっかり出ていて
淡白な豆腐がリッチな味わいに。

朝からほっとする優しい味わい。
幸せだなあ。

早起きは三文の得、なんて今さらながら。

その後、お店で偶然ご一緒した常連の方に
物販エリアや管理棟も案内してもらいました。
見れば見るほど、他のお店も入ってみたい!

早起き習慣をつけてもっと通いたい願望が。
そのためには早寝習慣も
つけなければならないのですが・・・。
頑張ります!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(2) おいしいもの(豊洲) 

2018年10月31日

香る秋刀魚の春巻き O2(清澄白河)

最近お気に入りのお店、清澄白河の中華「O2」へ。

no title


といっても、まだ2度目の訪問ですが(笑)。


基本的には5,000円〜のコースですが、
この日はアラカルトでもOKでした。
なので、気になったものをいくつか。


栗と中国ハムのスープ600円
1

薬膳ぽい色味にどきどきするも
中国ハムの軽い塩気を感じる程度の
甘みのない栗そのもの!
わずかに鶏ガラの旨みも効いています。

雑味がなくすーっと身体に浸透していきそう。
他にナッツか種子らしいものが数種類入っていて
食感もまた楽しいです。


秋刀魚の春巻き500円
2

カリッと揚がり歯ごたえが最高に良し!
秋刀魚と大葉を巻いた香り高い春巻き。
この組み合わせだけで泣けちゃう。

辛めのトマトソースをつけると
脂っぽさを和らげてくれて後味さっぱり。

3

これは何本でもいけそうです。
危ない危ない。


天草産鯛の香り蒸しとピリ辛豆腐1500円
4

脂乗りが良く、
旨みがしっかり感じられる真鯛。
よく煮込まれている辛味のきいた
豆腐とのコントラストが、
薬味と合わさってとてもおいしい!


キノコと牛ホホ肉の煮込み2400円
5

「煮込み」だけあり、
牛ホホ肉はお箸でほぐれる柔らかさ。
とろっとろでゼラチン質たっぷり。

ジャンボマッシュルームや花びら茸など
数種類の珍しいキノコが織りなす味わいと、
薄味で牛肉の旨みのきいた餡がたまりません。

ごはんと一緒にかきこみたい!


モダンでありながら浮わついた感じがなく、
基礎がしっかりしている。
炒め、揚げ、ソースなどどれをとっても
確かな腕を感じます。

やっぱりここ、好きです。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(2) おいしいもの(中華) | おいしいもの(清澄白河)

2018年10月30日

カマスの押し寿司 鮨はしもと(新富町)

9月の新富町「鮨はしもと」。

1



秋らしく、銀杏からの始まり。

2

にがい。
旨い。


最初のお刺身は、
利尻産ヒラメ

3

むっちりした歯ごたえ。
じわじわと控えめに
旨みが浮き出てくるよう。



4

今期の鰤も脂乗りは良いですね!
嬉しい限り。


八戸産鯖
5

まだ脂が回りきっていないので、
握りにするより
香りの引き立つ炙りをそのままで、
がとてもいい食べ方。


秋刀魚
6

と、シャリとワタのソース。


それをこうして、こうして

7

そのままでも良し。
シャリと混ぜ合わせても良し。
薬味がいい仕事!


茶碗蒸しは

8

蓋を開けるとキラキラ!
この時期ならではの
イクラを思う存分に。

まだ出始めのイクラは
皮が薄くて新物らしい感触。


藁で燻した鰹
9

むっちむち食感
酸味があり、旨みもしっかり。


定番の酒肴、

10

筋子味噌漬け、
子持ち蝦蛄
あん肝煮付け。

の安定感に和み、


焼き物は赤ムツ

11

じゅわじゅわ溢れてくる脂の強さ
この淫靡な魅力、反則級。


ここから握りへ。

小肌
12



真鯛
13

寝かせて4日目
大好きな皮目部分の裏側は
甘みがとても強くてため息が漏れてしまいます。


大間産鮪赤身
14

酸味がしっかり感じられる
正統派の赤身らしい味わい。


北寄貝

15




16

藁で燻したスモーキーさが
食欲をそそります。
とろけるような口当たりにうっとり!


中トロ
17

酸味と旨みに、
濃厚なコクが合わさると・・・。


鮪すき身が握りに。

18

すじの部分
赤身と脂とが混ざりあい
均等にコクが広がる。
中トロとは違った楽しみ方に。


珍しくカマスが押し寿司に!

20

旨み、炙りの香ばしさ、
そして海苔の香りとが
折り重なる歓び!

これおいしい!



21

しっかりめに酢で〆てあり
強い脂がうまく引き締まって
旨みとのバランス絶妙。
計算ずくの完成品。


車海老
22

今回は火入れがやや浅めなのか
口当たりが柔らか。
身の甘みがダイレクトに伝わってくるので、
個人的には特に好みでした。


ウニ
23



穴子
24

ほわっとほどけるようにほぐれる
柔らかな身質。
脂はさほどなかったものの
余韻も長く感じられる、味わいの深さ。
シャリのほどけ具合が絶妙。


25


橋本さんの腕の良さと
橋本さんを中心とする空間の心地良さ。


26

季節を味わい、ほっとする。
通うごとに、居心地が良くなってきています。

ここで過ごす時間が大好きです。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(4) おいしいもの(寿司) 

2018年10月19日

新たな小田保 変わらぬ味わい(豊洲市場)

豊洲市場開場から1週間が経ち、
私もようやくこの場に降り立つことができました。

1

ここが「市場前」か!

かつて司会の仕事でこの近くに行く機会がよくあり、
まっさらな埋め立て地の記憶が強かっただけに
この市場の完成は感慨深いものです。


今回は水産仲卸売場棟に進み、

2


なるほど、ここから入るのね。

で進むとすぐに飲食店街が広がり、


3

見つけました、「小田保」。

築地とはうってかわって
おしゃれなカフェのようなモダンな内装。
カウンター席あり、テーブル席ありで
かつての築地より席数が増えていました。

ホワイトボードの限定メニューは
ちょうどこの日から復活したそう。

6

リスさんかわいい。


いただいたのは、
超定番チャーシューエッグ定食
カキバター2個

4

お皿は変わっていません。
この見栄えにほっ。

とろっとろの自家製チャーシュー。
黄身がとろりと広がる半熟の目玉焼き。

カキはまだちょっと小ぶりかな。

5

風味もまだ弱め。
ここから徐々に大きくなっていくんだろうな。


店舗の雰囲気はガラッと変わったものの、
変わらない味わい。
変わらないお店の顔ぶれ。

自分の目で見て安堵しました。

築地に通うよりやや時間がかかるようになったものの、
平日の仕事前でもどうにか行けそう。
これからが楽しみです!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(2) おいしいもの(豊洲) | おいしいもの(卵)

2018年10月18日

鹿すね肉のスパゲッティ Taverna Nome(清澄白河)

時々ふらっとお邪魔する、
清澄白河と森下の間にあるカウンターイタリアン、
Taverna Nome(タヴェルナノーメ)」で

鹿すね肉の赤ワインソース スパゲッティ

2

余分な脂がなく赤身の肉肉しさが強い
鹿のすね肉。
赤ワインでじっくり煮込まれ
柔らかな質感と奥深い味わいの広がりに
無言でむさぼっていました。


前菜盛り合わせには
小肌のマリネが。

1

小肌なんてお寿司屋さんで出てくる握りを
食べるくらいしか機会がないのに、
マリネとしてふらっと立ち寄ったイタリアンで
お目にかかれるなんて。

お腹いっぱい食べて飲んで、
だいたい3,000円〜4,000円程度というのも
嬉しいところ。

高くておいしいのは当たり前。
安いのにおいしい、に
出会えてしまうお店です。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(4) おいしいもの(イタリアン) | おいしいもの(清澄白河)