2016年05月26日

舌が懐かしむソーキ 東京うりずん(丸の内)

久々に丸の内で所用があり、
新丸ビル5階「東京うりずん」でランチ。

うりずん


かつて新丸ビルによくランチを食べに行っていた頃、
こちらのお店は比較的リーズナブルなのでよく通っていました。
懐かしいなあ。


懐かしいついでに、当時もっとも食べていた定食、
ソーキの煮付け定食1,200円に。

うりずん2

大きな骨付きのスペアリブを中心とした煮付けをはじめ、
とろろ昆布のようなふわふわした海藻のお吸い物、
フリッター、もずく、じゅーしー、サーターアンダギーまで。

身体が喜びそうな食材をふんだんに使った料理の数々。
目を引くような華やかさはないけど、
琉球らしさを肌で感じるものばかり。


なんといっても、心が安らぐような気持ちになれる煮物。

うりずん3

豚の旨みが出ているとはいえ、薄めのやさしい味わい。
で、あっという間になくなっちゃう。

懐かしさも相まって、心がお腹とともに満たされる定食。
変わらずにメニューに残ってくれていてほっとしました。

また当分行けそうにないけれど、変わらずにいてくれますように!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月25日

銀だら荒煮がいっぱい 岩戸(銀座)

長らく行ってみたいと思っていた銀座「岩戸」のランチ。

岩戸

宮崎名物「冷や汁」で有名になった当店。
5月はまだ早かったようで、豚汁しかありませんでした。
でも食べてみたいメニューばかり。

メニュー

どうしようかな。

で、少し迷って選んだのは銀だら荒煮1100円。

銀ダラ荒煮定食

荒煮を中心に、しじみ汁、ごはん、もやしのおひたし、お漬物。
荒煮の大きさが際立ちます。


荒煮といっても、銀ダラのカマ部分ばかりが3つ。

銀ダラ荒煮

食べやすいし、何より柔らかく脂が乗って甘い甘い。
甘めの煮汁に負けない強い味わい。

レンゲが添えられているので煮汁をごはんにかけることもできます。

休日とはいえ、周辺でお仕事中らしき方の姿が多く見られました。
ほっとする味わいの定食の数々は常連さんに愛されていそう。

また行ってみないと!


myturn1215 at 07:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) おいしいもの(和食) 

2016年05月23日

チョコを味わうソフトクリーム Payard(池袋西武)

「No.18」でチェダーチーズバーガーを食べた後、
池袋西武の地下をウロウロしていたら、

サンプル

これが目から離れない(笑)。


フランス出身のフランソワ・パイヤールがNYを中心に展開する
チョコレートのブランド「Payard(パイヤール)」。

Payard

注文し先払いしてから、奥の席へ。
カウンターとテーブル、計10席あります。

いただいたのは
ソフトクリームのバニラとチョコのミックス420円と
コーヒーシェイク500円。

ソフトクリーム

くるんとした先っぽがかわいい。
カカオの味が伝わってきてチョコの味が濃厚。
さすがはチョコレートの名店。

甘ったるさはなく、そしてさっぱりした口当たり。
後味もすっきりして後に残らず、重たい感じはなし。
これなら夜の食事に響く心配はなさそうです。


コーヒーシェイクは「グラニテ」と書かれていましたが、
まさしくシェイクのイメージ通り、滑らかでストローの口が太めなので
さらっと飲みやすいです。
甘さは控えめでコーヒーの苦味をミルクで包み込んでいて
ぐびぐびいけちゃいます。

特別甘いものが好きという訳でもない私がこういうものを欲するのは
夏が近付いているってことなんだろうな。


myturn1215 at 19:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) おいしいもの(sweets) 

2016年05月22日

ワイルドにがっつく本格ハンバーガー No.18 DINING&BAR(東池袋)

かねてから評判を聞いて行きたいと思っていた
東池袋「No.18 DINING&BAR」。

18

BARなのですがハンバーガーがとても美味しいとのこと、
火・木・土・日のみランチ営業をしているとのことで
行ってみました。

休日のラストオーダーに近い時間を狙ったところ、
お店の前に行列が。
30分ほど並んでから店内へ。

お店はバーらしくカウンターメイン。
テーブル席は3卓ありました。

ランチメニューはこんな感じ。

ランチメニュー


ランチはハンバーガーに+150円でサラダorポテトが付き
そして飲み物も+150円。
ハンバーガーが焼き上がる前にサラダトマトジュースが来ました。

この日のサラダはズッキーニとえんどうのサラダ。

サラダ

高く美しく盛り上がっていて、まるでデザートみたい。
フライドオニオンがたくさんかかっています。
下の方のレタスまでシャキシャキ。
150円とは思えないクオリティの高さでした。


そしてハンバーガーがやって来ました。
私が頼んだのはチェダーチーズバーガー1,100円。

チェダーチーズバーガー

美しい!
きっちりきれいに揃ったハンバーガー。


チェダーチーズがいい感じにとろけています。

チェダーチーズバーガー2

バンズは焙煎のきいた胡麻がたっぷり。
表面も断面もサックサク。

ステーキ用の肉を使っているというパティは
かなり粗めに惹かれていて、焼き加減はミディアムレア。
強い噛みごたえで、赤身の旨みがグイグイ引き出されてうまいうまい!

ちらっと見ると、チェダーチーズは表面が炙られていて
口の中で香ばしさがまろやかさと肉の旨みとともに折り重なって
すごくいい感じ。

何枚にも折り重なったレタスと厚みのあるトマトは
ともに瑞々しくシャキッと心地良い歯ごたえ。

このハンバーガー、いいなあ。

池袋駅からも東池袋駅からも少し距離があるものの、
わざわざ食べに出向いた価値がありました。

ご一緒した方は、さらに好みのお店があるとか。
ハンバーガーについては、私はまだまだ食べ歩いていないので
こちらの味を忘れないうちに行ってみたいものです。


myturn1215 at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) おいしいもの(肉!) 

2016年05月21日

ロゼ色仔羊と原木椎茸 イルトラム(清澄白河)

月イチのお楽しみ定点観測、清澄白河「il tram(イルトラム)」へ。

イルトラム

この赤い屋根を目にするとワクワク度MAX。
この扉の向こうに特別な世界が待っている気がするんです。


月ごとに変わるメニューはお店のHPに載っていますが、
私は予習などしません。

テーブル

前回訪問時からどれほど内容が変わるのか変わらないのか、
一皿ごとにどきどきしながら待つのもまた楽しみの1つ。


バターナッツのズッパ パルミジァーノの泡 クミン風味
2ズッパ

メキシコ産のバターナッツを使ったスープ。
バターナッツそのものはあまりに甘いので、
皮も厚めに使って青っぽさを残した仕上がり。
ミルクの泡がクリーミーで、パルミジァーノのコクとクミンの香りが
いいアクセントになっていました。


さっそくフォカッチャが大活躍。

1フォカッチャ



ブッラータ トマトとバジルのエキス レモン
3チーズ

先月に引き続きのメニュー。
フルーツトマトの甘酸っぱさとブッラータの極上のミルキーさ。
そしてレモンの爽やかな酸味と控えめにバジルの香り。
シンプルでいて絶妙なバランス感です。


グリーンアスパラガスの温製 半熟卵 ボッタルガ ペコリーノ・ロマーノ
4アスパラガス

こちらも先月から継続中のメニュー。
栃木産アスパラガスの瑞々しさ全開な甘み。
今回はサービスでボッタルガ大盤振る舞い!
その強い塩気に負けないだけの卵のまろやかさ。
これも計算ずくなのかなあ。


続いては恒例のフィルム蒸しです。

5フィルム

この月を最後に、当面お休みする宣言されていましたよ。
果たして本当か!?


サルシッチャ・フィノッキオーナ ニョッキと菊菜 ひよこ豆
5フィルム2

茨城の美明豚を使ったサルシッチャに
フェンネルとニンニクが効いてスパイシーな仕上がり。
ひよこ豆の柔らかな味わいがサルシッチャを包み込み、
サルシッチャの塩気が移ったのかスープ全体の味わいはしっかりめでした。


チコリの1時間ロースト ゴルゴンゾーラ・ピカンテを添えて
6チコリ

毎月いただく不動の定番メニューも、
加熱温度、時間、もちろんチコリの状態にもより
毎回印象が僅かながら異なる。
それもまたささやかな幸せだと思っています。

とにかく、この組み合わせの妙!


桜海老・春キャベツ・雪下人参 カペレッティ リコッタチーズ
7パスタ

桜海老の食感と塩気、ニンジンの甘み、春キャベツの柔らかしゃき感。
まさしく春真っ盛りな味わい。
そしてリコッタチーズのまろやかさまでが、
なぜか春らしく感じられてしまうのは強引か!?


オーストラリア産 仔羊肩肉のロースト 原木椎茸のピュレ
8仔羊

ラムスキーのハートを鷲掴みにする美しいロゼ色。
そして原木椎茸のやさしい香り。


滑らかな口当たりで、肩肉だからか強めの噛みごたえ。

8仔羊2

じわじわと口中に広がる旨み、そして
脂の甘くも強い主張。
原木椎茸の旨みはやさしくもインパクト強く、
仔羊赤身の味わいが底上げされているかのよう。

最後のひと口まで夢中になっていただきました。


夢のようなひとときも、振り返ればほんのあっという間。
川邊劇場の約2時間、堪能し尽くしました。

また今月!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おいしいもの(イタリアン) | おいしいもの(清澄白河)

2016年05月20日

ぷっくり鯵煮付け 米花(築地場内)

気が付けば、4月中旬に伺って以来
1ヶ月ほどご無沙汰してしまっていました。
久々に築地場内「米花」での朝ごはん。

米花160519

よかった!
平日朝7時頃、行列はありませんでした。
店内はほぼ満席でしたが。

しばらく顔を出さずにいた私にも
ジローさんは優しく迎え入れてくれます。


席に着くと同時に、自動的に入るオーダー(笑)。

この日のおまかせ定食は、

おまかせ160519_2



メインは鯵の煮付け

おまかせ160519

大きくて丸々太った真鯵の丸ごと煮付け。
米花らしい、濃い目で甘めの味付けなのでごはんが進みます。

箸を入れてすぐに分かる肉厚な若々しい身。
これでアジフライにしても美味しいだろうなあ。


さらに副菜も豪華!
鰻の肝焼き

おまかせ160519_3


茄子の味噌煮

おまかせ160519_4

どちらも小皿とはいえ盛ってますよ。
鰻の肝の山盛りってどうよ(笑)。
いくら鰻屋さんとはいえ、朝から贅沢すぎます。

後から後からお客さんが押し寄せてくるので、
のんびり食べてもいられません。
お隣は顔見知りの常連さんでしたが、
とにかく黙々と味わって食べることに集中!

おかげで?すべて残さず完食すると、
さすがに満腹でした。

こんな日に限ってウエストきつめのスカートを履いてきたんだ!
ジャケットで隠れていたので、
実はファスナーを少し下げて歩いていたのは
ここだけの秘密です。

美味しいものでお腹を満たす朝ごはんのおかげで
1日ご機嫌でした☆


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0) おいしいもの(築地) 

2016年05月19日

謎のオリジナルメニューIFC もつ焼稲垣(森下)

ある日のこと。
都営新宿線森下駅からすぐの「もつ焼稲垣」に入ってみました。

稲垣

こぎれいな外観なので新しいお店かと思えば、
店内は常連さんらしき方々で奥の奥まで賑わう
人気店のよう。

日曜夜の遅い時間だったにもかかわらず、
あまりの賑わいぶりに驚き!


もつ焼き屋なのでしろ(4本500円)をはじめ

しろ4本



手羽先(2本500円)とやげん

手羽先



海藻サラダ700円などを注文。

サラダ


さすがにお客で賑わう人気もつ焼き屋だけに
串焼きの身質も焼き加減も絶妙。
焦げ目の香ばしさが鼻腔をくすぐり、
歯ごたえの良さと脂の甘みとが好みです。


さて、この貼り紙メニューが気になります。

メニュー


「I(イナガキ)・F(フライド)・C(チキン)」

なんだこれ。
カーネルおじさんが頭をよぎりますが、まさかね。


でもきっとここで頼んでおかないと、
寝る頃になって後悔するだろうなあと思い注文してみることに。


IFC(イナガキフライドチキン)600円
フライドチキン

そうですかそうですか。
手羽先のフライドチキンにスパイシーなチリソースがけとは。

見た目のイメージ通り、ジューシーで辛い辛いっ!

それはいいけど、なぜIFC=辛いのか。
通ううちに分かるのかな。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) おいしいもの(肉!) 

2016年05月18日

爆肉養豚スペシャルの一撃 串屋横丁(門前仲町店)

美味しいホルモンが食べたくなって、
「串屋横丁」門前仲町店へ。

串屋横丁2

大きすぎる赤ちょうちんが、通りゆく人を自然と誘う不思議。
この賑やかすぎる看板の雰囲気もまた好き。


たまに無性に食べたくなる、

スーパーホルモンロール1本120円
スーパーホルモンロール2

ぷるんぷるんの脂をシロモツでくるくる巻いた、
禁断の味わい。
あまいっっっ!


一方のこちらは、豚の赤モツを1串で色々楽しめちゃう
お得感満載な赤もつMIX1本120円。

赤もつMIX

フランク、タン下、ハラミ脂、ハツもとなど。
1本で計90gほど。
これで120円って何かの間違いでは!?


お肉屋さんのレバーフライ380円の

レバーフライ

むちゃくちゃなボリュームと臭みの全くない新鮮な旨み、
お酢のさっぱり酸味がお気に入り。


そのレバーフライに負けないボリュームの、
マグナムグリーンサラダ480円。

サラダ

キュウリ、ピーマン、タマネギ、レタス、カイワレの
新鮮なシャキシャキ感。
特に捻りがある訳ではないけど、
この一皿で1日分の野菜は十分摂取できた気がします。

にしても、これよりさらに安いレバーフライは優秀すぎる!


たまにはコリコリ硬めの食感も味わっておこうと、
バラ軟骨580円も。

軟骨

強めのゴリゴリな歯ごたえはアゴが鍛えられそう(笑)。
そして噛むごとに旨みが引き出されて
ついつい箸が進む、お酒のおともです。


ラストは爆肉養豚スペシャル1本160円。

爆肉養豚スペシャル

豚の肩から胸の回りのお肉。
赤身と脂身が入り混じり、食感と味のバランスが絶妙。
豚肉好き、脂身好きにはたまらない部位を70g贅沢に!

ここに衣をつけて揚げてくれたら、
さらに幸せになれるかも(笑)。

これで食べて飲んで1人2,000円ちょっとなので、
ハマるのも無理はない。
ホルモン好きにはたまらない下町パラダイスです。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おいしいもの(その他) 

2016年05月17日

休日朝仕様グルメトースト iki ESPRESSO(清澄白河)

朝ごはんを食べに清澄白河「iki ESPRESSO TOKYO」へ。

iki2

前回訪問からちょっとご無沙汰しました。


午前8時の開店早々に伺ったので
一番乗り!

店内4

清々しいお天気の朝、光が差し込む店内。
気持ちいいです。


最初にフラットホワイト450円が届き、

フラットホワイト2

のんびりいただきながら料理を待ちます。
ミルク多めの柔らかな味わい。


今回いただいたのはグルメトースト1,000円。

グルメトースト2

パンドカンパーニュの上に半熟の卵、サーモンかハム、
そしてルッコラが乗ったオープンサンド。

こちらのシェフはホテル出身で、
オムレツなど卵料理が得意なんですって。

このとろっとろな半熟具合、

グルメトースト3

たまりません。
これをサーモン、ルッコラ、パンと一緒に。

パンがやや硬めにトーストしており
ナイフでカットするのにひと苦労でしたが、
この組み合わせは最高です。
翌日さっそく自宅でマネしてみました。


そしてサーモンサラダ1,850円も。

サラダ

サーモンのオレンジ色がまぶしい。
サラダにしてはちょっと高価な気もするけど
これだけふんだんにサーモンが使われているのなら、
まあいっか。


心地良い空気とともに過ごす休日の朝。
のんびり食事が出来るっていいですよね。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おいしいもの(卵) | おいしいもの(清澄白河)

2016年05月16日

9月までにチキン南蛮 小田保(築地場内)

今日から少しずつ復帰します。
よろしくお願いいたします。


ちょっとご無沙汰していた築地に朝ごはんへgo。
向かった先は場内「小田保」。

小田保160513

よしよし。
行列なし!

入店早々に日替わりの黒板メニューをチェックし、
そしてレギュラーメニューも見渡します。


そういえば、これ、まだ食べていなかったな。
と思いだしたのがチキン南蛮

チキン南蛮4

4月〜9月、基本的にカキフライがない時期の限定メニュー。
とはいえ、昨年も今年も4月はおろか5月中旬まで
カキフライは健在でしたが。


それは置いといて、今期初のチキン南蛮1,130円

チキン南蛮5

ゴロンとしたゲンコツ大のもも肉唐揚げが4個!
惜しげなくかけられたタルタルソース!
そしてほんの脇役、甘酢。

ほぼ、鶏の唐揚げ甘酢風(笑)。

そういえば昨年より50円値下がりしていますね。
そしてボリュームもやや抑えめ。

数年前、初めてこのメニューをいただいた時は恐る恐るだったのが、
今ではすっかりお気に入り。
朝ならこのくらいのボリュームで十分だな。


「限定」ものに弱い方、9月までに一度は食べておくべきメニューですよ!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) おいしいもの(築地)