2018年07月16日

初夏の至福 日本橋蛎殻町すぎた(水天宮前)

先月のこと、
久々の「日本橋蛎殻町すぎた」へ。

1


今や超予約困難なお店ですが、
これから杉田さんの握る姿を目にすることができる、
その握りをいただくことができる、
という喜びと緊張感で、
自然と背筋が伸びている私。

この時期らしく
茶豆からスタートです。

2

コクある甘み。
食べながらワクワクが止まりません。


マコガレイとアオリイカ
3

寝かせたかのように感じさせる
マコガレイの旨みの強さ!

アオリイカには深く包丁が入っていて
甘みがとにかく濃厚。
生姜醤油が甘みを引き立てます。


イワシの海苔巻き
4

たっぷりの山葵が合わさって
ちょうど良いくらいの、強い強い脂。

あさつき、ガリ、大葉などの薬味が
とても合います。

4_2

海苔の残り香まで素敵。


小樽の子持ち蝦蛄の煮付け
5

卵のシャクシャクした歯ごたえが
未だ記憶に新しく。


穴子白焼き
6

まだ脂は乗りかけのようですが、
じんわり広がる甘みにうっとり。
皮のパリッパリな歯ごたえに悶絶です。


続いては魅惑の酒肴3点セット。

数の子の味噌漬け

岩手のバフンウニ佃煮
マスノスケの卵

7

(相変わらず下戸ですが。)

味噌漬けにしたウニは
甘みよりも風味の強さ、旨みが際立っています。
生で食べるのとは違った楽しみ。

マスノスケは塩が浅めでも香り立つ風味。
さすが卵まで王様!


竹岡の太刀魚塩焼き
8

白身の儚げな味わいと
浮き上がる脂の甘み。
何度食べてもたまりません。


ここから握りに移ります。

いつもの小肌から。

9

香りと味わいが強く主張する一貫目。
余韻としてしばらく存在感を放っていました。


真鯛
10

口にした瞬間から圧倒的に

真鯛!

というくらいの香りと旨みのインパクト。
あくまで上品かつ優雅に、
心躍る一貫でした。


マスノスケ
11

しかも砂ずりの箇所!
匂いたつような圧倒的な香り高さ。
頬がいつまでも緩みっぱなしの
至高の甘み!

こんな時、すっかり語彙力を失います。


春子鯛
12

およそ生魚の身とは思えない
ほわほわとした柔らかさ!
後から広がる酢橘の香り。

杉田さんの春子鯛を初めて食べたとき
「赤ちゃんのほっぺだ!」と
称賛したときから、印象は変わっていません。


鮪背トロ
13

なめらかに溶けゆく
とろりとした口どけ。
香り、酸味は弱めながら長く続いていました。


浜田のどんちっち鯵
14

まず飛び込んでくる、
青魚らしい香り高さ!

口当たりの滑らかさ、そして口どけの良さ。
強い脂の豊かな甘み。
さすがは"どんちっち"です。


子持ちやりいか
15

ねっとりとした口当たりで、
想定外のクリーミーさ。
甘めのツメがよく合います。


生鳥貝
16

「生」ならではの独特の香り。
杉田さんのひと工夫が光っています。


車海老
17

身の旨みの広がり、
そしてミソの甘みを楽しめる、
堪能しがいのある海老でした。


青森のムラサキウニ
18

口の中でさっと溶けて
あっという間にウニの海!
シャリがさっとほどけ、口内でウニリゾットが完成。

奥深い旨み、磯の風味、
何より強烈な甘みこの上なしです。


金目鯛
19

軽い炙りによる皮目の香ばしさ、
にじみ出る脂の甘み、
さらに強い強い甘みのある旨み。

至高!
という言葉しか思いつかないのが
悔しいくらいに満足です。


コースとは別で2貫追加しました。


カンパチ
20

脂がよく乗っていて、
隅々まで行き渡っています。
「これがカンパチ?」と驚くほどに
この上ないまろやかさでした。


マスノスケお代わり
21

1貫目以上の圧倒的オーラ!
そして香り高さは別格!
あまりに魅惑的すぎてうっかり声が出てしまうほど。
喉を通った後の余韻もしばらくうっとりでした。


さらに、おつまみで出していただいたイワシ
握りでいただきました。

22

爽やかな香りの良さは
今回いただいた中でも突出!

溢れるほどの旨み、じわる甘みに
感激のあまりテンションが急騰していました。
すごい!すごい!


ラストは穴子
塩でいただきます。

23

口の中でふわっとほどけていく、
ほわんほわんな身。
香り立つ酢橘の凛とした印象が
いつまで残ります。


玉子あさりの味噌汁

25

脳内で「蛍の光」が流れ、
夢のようなひとときの終わりを告げる合図。
心を癒す優しい味わいに涙が出てきそうです。


次はいつ夢を見られるのでしょう。
ただただ杉田さんのお寿司と向き合える
幸せな時間でした。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(0) おいしいもの(寿司) 

2018年07月14日

今年初チアユフライ 小田保(築地場内)

すっかり真夏の様相です。
自然に目が覚めてしまったので
仕事前に築地へgo!

今回はお目当てがあって
いつもの「小田保」に向かいました。

小田保180713


この時期ならではの限定メニュー、
『チアユフライ』
が食べたくて。

あったあった!

黒板180713


今回はチアユフライと、
何かのバター焼きにしようと


チアユフライとナメタガレイバター

このような組み合わせになりました。

今年初めてのチアユフライ!

チアユフライとナメタガレイバター2

ご覧の通り小ぶりな魚なのに、
ひと口で「ほおお〜っ」と唸りそうになるほどに
ほろ苦さが口いっぱいに!

その後、ひと口ずつ、ひと口ずつ、
食べても食べてもやっぱりほろ苦。
この小さな一匹の底知れぬ香りの強さに
感嘆せざるを得ません。

ああ、これはごはんとお味噌汁ではなく
ビールと合わせるのが正解。

とはいえ仕事前の朝ごはんですし、
その前にそもそも下戸ですし、
飲めない身体でよかった(笑)。


もう一品はナメタガレイのバター焼き

チアユフライとナメタガレイバター3

カレイとバターってどうしてこうも合うのだろう。
上品で繊細なカレイの味わいに、
バターの濃密な誘惑。

バターをキャベツの千切りに絡めるのも
また至福。
添えられたポテトサラダの、
ジャガイモの甘さが引き立つ控えめな味付けも良し。

幸せだなあ。

この余韻を1日引っ張って、良い1日を過ごせました。


myturn1215 at 18:00|PermalinkComments(0) おいしいもの(築地) 

2018年07月09日

甲州ワインビーフの本格ハンバーグ キースプリング(小渕沢)

所用がてら八ヶ岳へ。

清里テラス


お昼ごはんをと適当に入ってみたお店が
当たりでした!

キースプリング1


小淵沢アートヴィレッジの中に入っている
Restaurant Steakhouse Keyspring」。


キースプリング2

高原にぴったりなロッジ風の造り。
雰囲気だけでも楽しめそうです。

窓際の席から眺める
緑豊かな景色も素敵。

キースプリング3


ステーキハウスとはいえ、
ランチは洋食らしいメニューが揃っています。
その中で注文してみたのが、


ワイン鱒のマリネ1,200円
キースプリング4

サーモン好きですが鱒も好き。
香り高くねっとりとした口当たり。
高貴な味わいが素敵。


そしてメインは

ハンバーグステーキ1,500円
キースプリング5

ころんとしたまあるいフォルム。
甲州ワインビーフを使ったハンバーグで
200gとなかなかのボリュームです。


ナイフを入れると、

キースプリング6

ドバーッ、というよりはじわじわと、
肉汁が出てくる出てくる!

柔らかな食感ですが、
噛むごとに牛肉の味が強くしっかり伝わってくる!
「ハンバーグとしてこうあってほしい」
をそのまま具現化した感じ。

添えられた野菜、
甘み控えめのニンジンのグラッセなど
1つ1つすべてがおいしい。

事前情報なく入ってみたら
こんなおいしいハンバーグに出会えるとは!


のどかな景色にも本格的な味わいにも大満足。
お昼ごはんを楽しめるだけで1日が充実です。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(0) おいしいもの(肉!) 

2018年06月30日

エビ・アジ・ホタテ 小田保(築地場内)

今週のある平日、築地場内「小田保」へ。

小田保180626


平日朝はほぼ待たずに入れる安心感!
時間のない朝は助かります。


今回のお目当ては、久しぶりのエビフライ
どんな組み合わせで食べようか
店内に貼り出されたメニューを見渡して検討し、

これだ!


エビアジホタテ2

「エビ・アジ・ホタテ」の組み合わせ。

今回は朝から大事な仕事があり
満腹で眠くなってはいけないので、
単品で注文しました。

エビアジホタテ

どれ1つとっても主役級!
これぞ小田保クオリティ。

旬のアジの濃厚な味わい、
ホタテの豊かな香りもさることながら、
今回一番食べたかったエビフライ

エビアジホタテ3

この見事な大きさ!
弾ける歯ごたえ。
広がるあの香り。
衣までエビ味!

ああ、幸せ。
「エビフライ食べたい」欲が十二分に満たされました。

すると今度は海老丼が恋しくなってきました。
食べても食べてもまた食べたくなる、
贅沢な悩みは尽きません。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(2) おいしいもの(築地) 

2018年06月25日

夏メニューとマンガリッツァ豚 il tram(清澄白河)

久々に記事にしますが、
お店には頻繁にお邪魔しています。
清澄白河のお気に入りイタリアン、
il tram」へ。

il tram

この日は昼間の時間帯にお邪魔し、
ディナーのコースをいただきました。


マッシュルームのズッパ
1

実りの秋を彷彿させる芳醇な香り!
もちろん味わいも奥深く、
マッシュルームだけでないエッセンスも感じます。


ブッラータ うずら豆 ヘーゼルナッツ
2

黒いガラスの器の中におさまっているのは、
ブッラータとうずら豆のソース。

まずヘーゼルナッツの香りがふわっと広がり、
口にするとウズラ豆の柔らかな甘みと
ブッラータのミルキーさが優しくて
思わずほっこり。


チコリの1時間ロースト ゴルゴンゾーラ・ ピカンテ
3

ベルギーからやって来たチコリくんだよ!
みずみずしいフレッシュ新人くん!

毎回の定番すぎて変わり映えがしないので、
シェフが気を回して盛り付けをひと工夫。
このメニューがあってこそのil tramですから
マンネリでも全然良いんですけどね。


カマス トウモロコシ ハーブ風味
4

初夏から秋にかけての定番、
お魚のグルグルシリーズ。

今回は初めて、


4_2

好みでハーブをかけられるバージョンでした。

トウモロコシの甘みの強さが前面に出たソースを
キュッと引き締める清々しいハーブ。
カマスの香ばしさとを引き立ててくれる
夏らしい味わい。


ビーツ サマートリュフ ラビオリ
5

ソースのおどろおどろしさは
火曜サスペンスのノリ(笑)。
ビーツの穏やかな甘みが感じられ、
見た目の印象より当然ながらやさしい印象です。
ラビオリの中身は鴨の挽き肉でした。


トマト レモン タリオリーニ
6

文字通りトマトの甘酸っぱさと
レモンの爽やかさだけの
ごくごくシンプルなソース。
だからこそ各々の素材の強さが響いてきます。
手打ちの歯応えもいい!


マンガリッツァ豚 ヒバーチ
7

マンガリッツァ豚の塊肉をローストした
シンプルなメイン。
ヒバーチという沖縄の島胡椒が添えられており、
肉自体に塩がしっかりめに入っていました。

マンガリッツァ豚はこれまで何度も食べてきましたが、
分かりやすく味わいに奥行きがあるので
素材の良さが引き立つこんな料理が
一番好きです。

きっとおまけで大きめにカットしてもらえたからか、
夜まで満腹!


何度も何度も通っていても飽きる気のしない、
毎回新鮮味と驚きを与えるメニューのバリエーションと
身体に負担のない軽やかな料理。
(お肉のボリュームがとんでもない日もありますが。)

そして川邊シェフのお人柄を感じるおもてなしと
ウィットに富んだジョークがあるからこそ、
毎回食事のひとときが「楽しい」と感じられるんです。
相性の問題もあるかもしれませんが、
こんなお店に出会えること、なかなかありません。

次は来月だ!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(6) おいしいもの(イタリアン) | おいしいもの(清澄白河)

2018年06月22日

鯵鱧鮪! 小田保(築地場内)

相変わらずなかなかblogの更新が出来ずにいますが、
皆様お変わりありませんでしょうか。

ちょっとお久しぶりの築地場内、

小田保180621

「小田保」に朝ごはんをいただきに参上。

カキメニューが終わった旨を聞いていたので、
カキ以外で、今、食べておくべきものは
一体なんだろう?
築地に向かう時間で、
考えるのはメニューのことばかり。

旬の魚か?
いや久々に卵メニューか?
(決して久々ではない)

で、迷った末選んだのは、


マグロブツ700円
鯵鱧フライ定食4

いつ食べてもおいしい。
赤身もトロも入っていて、
しかも高級なお寿司屋さんで出てきそうな
高級なマグロさん。

旨みの奥深さが全然違います!


もちろんこれだけではなく、
夏こそ食べておくべきこちらも。

鯵鱧フライ定食3


魚へんが仰々しいメニュー、


鯵鱧フライ定食1,200円
鯵鱧フライ定食5

アジとハモ!
まさに夏!


アジは年中食べられるものの
やはり今の時期が特に美味しい気がします。
香り、味わいの強さは一級品。

鯵鱧フライ定食6

あれっ、ハモってどんな魚だっけ?

とふと考えてしまうほど、想像を超える肉厚ぶり。
口にするとほわっほわの食感そして風味。
湯引きして梅肉を和えるも良し、
こうして一気に高温揚げするも良し。

おいしいなあ。
ハモ。
おいしいなあ。

また来週も行けますように!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(2) おいしいもの(築地) 

2018年06月18日

ノドグロに岩牡蠣にハモニカに 刺身BAR河岸頭(築地場外)

ひっさびさの築地場外「刺身BAR河岸頭」。

河岸頭

最近はなかなかお邪魔できていませんが、
このお店への愛に変わりはありません(笑)。

いつもの鱈チップス、しじみスープに始まり
さまざまな前菜が出てくるのですが、
続いての握り2貫が毎回意表を突いています。

今回は甘鯛ヅケ小柱

1

特に甘鯛。
とんでもなくコクがあり奥深い味わい。
優美な甘みに思わず頬が緩みます。


お楽しみの刺身盛り合わせは、
普段より少々品数が少なかったものの
その分豪勢な内容!

2

ノドグロ、インドマグロ、イサキ、アラ


3

キンメ、アラ、アワビ、シロイカ、オウモンハタ。

この日市場で一番高かったというノドグロは、
香りから脂の甘みの強さからして
とんでもない一級品。

アワビは900gもあるという、
なかなかお目にかかれない巨大サイズ。

その他キンメの炙り、イサキ、アラなど
好みのネタも揃っていて
どれから食べるか大いに迷える幸せ♡

さらには、

4

三重・的矢の岩牡蠣。
うまく撮れていませんが、
私のゲンコツくらいはあります。
とてもとてもひと口で食べるサイズではありません。

味わいも濃厚。
ため息が出ちゃうほどに濃くてミルキー!

こんなに大きな岩牡蠣、初めてでした。


マグロの竜田揚げ、シラスのかき揚げが出てきて
そろそろごはんかな、と思っていたら、

5

なんだこれ!?

聞いてみると、メカジキのハーモニカ焼き
背びれの付け根部分だそう。

背びれといえど、身はたっぷり。

6

ゼラチン質もたっっっぷり。
食べても食べてもなかなかなくなりません。
そろそろお腹が苦しい。。


というくらいに終始お魚三昧で、
胃袋も心も大満足。

あまり頻繁には伺えていないけど、
私にはこの店がないと生きていけません!
なんて。大げさか。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(6) おいしいもの(築地) 

2018年06月07日

カキがまだ全盛期! 小田保(築地場内)

2日前のこと、築地場内「小田保」に
朝ごはんを食べに行ってみると・・・。

まだカキフライ、カキバター焼きがありました!
もう6月なのに。

カキフライとスコッチエッグ


しかも大きい!
旨みが凝縮していて
味わいが濃い!


カキフライとスコッチエッグ2

ひと口噛むだけで、
口中いっぱいに強烈なカキの香り。

いいことしかありません!
今年のカキは異常なほどの成長ぶり。


あっ、ちなみに、
カキバターの隣の丸々としたフライは、


カキフライとスコッチエッグ3

比較的新しいメニュー、
スコッチエッグ

初めていただきましたが、

カキフライとスコッチエッグ3

卵の半熟ぶりにびっくり!
卵を包む挽き肉の柔らかさにも
またびっくり!

「スコッチエッグ=火がしっかり入った料理」

という思い込みが、この一品に覆されました。
こんなにとろりとした料理になるとは。

カキフライとスコッチエッグ4


唯一残念なのは、
お箸しかないので断面がガタガタ(笑)。


今後、こちらのメニューもお気に入りの1つとして
食べ続ける所存です。

カキフライとスコッチエッグ5


カキはいったいいつまで続くのでしょうね。
(と投稿した当日に終了していたら申し訳ありません。)


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(10) おいしいもの(築地) 

2018年06月04日

熟成ヨークシャー純血に衝撃 ラブーシュリーグートン(馬喰横山)

時々お邪魔している馬喰横山の
La Boucherie Goutons(ラブーシュリーグートン)」が、
5月で3周年を迎えました。

1

「3周年特別ディナーコース」があるとのことで、
普段アラカルトで注文している身には
新鮮な気持ちで注文。

名だたるお店で長く経験を積まれたシェフだけに、
前菜からすべてに腕の良さを感じさせられる内容です。


新玉ねぎのスープ
2

やさしい甘みにきりっと苦味。
塩気のきいたホタルイカが
アクセントになっていました。


シャルキュトリー盛り合わせ
4

豚専門のビストロだけに、
シャルキュトリーはひと味違います。
パテが奥深ーい味わい。
レバーの濃厚さも好き。


サーモンとホワイトアスパラガス
5

普段アラカルトで頼むときは
敢えて選ぶことはないであろう一皿。

ホワイトアスパラガスの甘みを存分に湛え、
サラダ感覚でさっぱりといただけました。


メインはもちろん豚。
しかも、なかなかお目にかかれない
中ヨークシャーの純血種のロースト。

6

ひと口食べて衝撃が走りました。
まるでチーズ!

まろやかさ、広がる香り高さ、
甘みの絶頂にある脂のコク。

後で聞けば、1ヶ月熟成した肩ロースだそうで、
これまでに食べてきた豚とは一線を画す
芳醇な味わい。

3周年コースでも必ずこちらが出てくる訳ではないようで、
運の強さにただただ感謝するのみでした。


デザートは美生柑とフロマージュブランのアイス

7

随分シンプルなデザートと思いつつ口にしたら、
またも衝撃!

酔いしれるほどの香り高さ。
こんな柑橘があるとは、と驚くばかりでした。
甘みの少ない、さっぱりと爽やかな味わいで、
脂多めの肉料理の後にはぴったり。


食後の飲み物はハーブティーに。

8

タイム、ローズマリー、レモングラス、ペパーミントの
4種ブレンド。
肉料理の後にぴったりな後味すっきりな味わい。
(画像のピントは合っていませんが。)


やっぱりこのお店、通うたびに好きになります。
豚がお好きな方は是非ともお薦めしたいです。



myturn1215 at 09:00|PermalinkComments(4) おいしいもの(肉!) 

2018年05月28日

肉汁じゅわ〜 マッドバーガー(渋谷)

おいしいハンバーガーを求めて
マッドバーガー渋谷店」へ。

マッドバーガー

こちらは埼玉県行田市にある
グルメバーガー店の2号店。
国産黒毛和牛を使った、
パティにこだわりのあるお店です。

店内はカジュアルなアメリカンダイナー風。

店内


メニューはスタンダードなハンバーガーから
テリヤキ、アボカドなどバラエティ豊富な内容。

久々に「せっかくなので」が発動し、
パティもチーズもダブルの
「ダブルチーズバーガー」を注文してみました。

ダブルチーズバーガー1940円
ダブルチーズバーガー

これはなかなかの厚み!

表面がサクッとしたバンズにパティ2枚、
アメリカ産レッドチーズ、
ニュージーランド産モッツァレラチーズ。
野菜はレタスとクラッシュオニオン&レリッシュ。
(トマトは苦手なので抜いてもらいました。)

ペーパーバッグに挟んでいただきます。

ダブルチーズバーガー2

やっぱりなかなかの厚み!
私にはひと口でかぶりつけません。

さすが自慢のパティだけあり、
ワイルドなまでに肉肉しさ爆発。
噛むごとに溢れ出す肉汁。

そして2種類のチーズのまろやかさが
パティのおいしさを引き立てます。

炒めたオニオンは粗めのダイス状にカットされていて
シャキシャキした食感と甘みがたまりません。

ソースはBBQソースではなく
自家製タルタルソース。
ここは好みが分かれそう。

食べ終わると、ペーパーバッグには
溢れ出した肉汁がたっぷりたまっていました。
これをポテトにつけて食べるか、
はたまたそのまま飲んでしまうかはお好みで!
(お店からもそのように推奨されています。)

お値段はなかなかのものですが、
それに相応しいだけの満足度の高さです。
たまの贅沢にはいいかも。



myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(6) おいしいもの(ハンバーガー)