2017年10月17日

お約束のカキフライと色々 小田保(築地場内)

今週の始まり、築地「小田保」で朝ごはん。

小田保171016

あらっ!
珍しくお店の前が混み合ってる!

とよく見ると、お隣のお寿司屋さん待ちのようでした。

無事に待ち時間ゼロで入店。
今回は友人と2人です。

一番楽しい時間、メニュー選びからスタート。

まずホワイトボードを見て、
あたりの貼り紙メニューも見て、
お兄さんにおすすめメニューを聞いて。

そして厨房前のカウンターに置かれている
出来上がったばかりの料理を見て。

友達と私、同じものに目が釘付け。

「2人でシェアするのもいいよね」

で決まりました。
今回選んだのはこの3品。

マグロブツとヒラメとカキ



ヒラメバター焼き850円とカキフライ2個(お値段失念)
マグロブツとヒラメとカキ3



それに、マグロブツ700円。

マグロブツとヒラメとカキ2


ヒラメバターがおいしいのは、
ここで何度もバター焼きをいただいているので
期待通り、間違いなし。
白身の繊細な味わいにバターのベールを纏って
こっくりとした

カキフライは2週間前にいただきましたが、
その時より粒が大きくなってる!

マグロブツとヒラメとカキ5

おっきなカキフライを頬張る喜び。
衣まで牡蠣風味たっぷりです。


ブツもおいしかったなあ。

マグロブツとヒラメとカキ4

赤身も脂の乗ったところも。
良い香りでした。


これらをすべて2人でシェアしたので、
普段に比べると量は少し控えめでしたが
どれをとっても心から満足!
月曜の朝はこのくらいでもいいな。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(0) おいしいもの(築地) 

2017年10月16日

バンズがおいしい原点バーガー BROZERS’(日本橋浜町)

お昼にハンバーガーを食べようと
日本橋浜町「BROZERS’」へ。

ブラザーズ

久々の訪問。
調べてみたら4年ぶりでした。

数ヶ月前から、自分のなかでだけ
ハンバーガーブームが来ているのですが、
私にとってのグルメバーガーの原点は
こちらのお店だったんです。

休日午後2時過ぎにして行列待ちあり。
相変わらずの人気ぶりです。

とはいえ回転も早く、10数分ほどですぐに店内へ。


いただいたのはチーズバーガー1300円(税別)と
アイスティー400円(税別)。

チーズバーガー

オニオンリングとフライドポテト、
大きめのピクルスが添えられています。


いただきます!

チーズバーガー2

牛肉100%、お肉がぎゅっと詰まったパティは
しっかり火が入って食べやすい食感。
肉汁はほとんど出ません。

「折りたたみ式」レタスはシャッキシャキ。

メニュー

しっかりと焼かれたバンズは、
表面がカリッとしていて
内側はバターの甘みが感じられます。
胡麻の風味が香ばしいのが印象的。

チェダーチーズのまろやかさがこのバーガーのアクセント!

ハンバーガー全体のバランスが良いなと感じたものの、
久々に食べてみて気になったのが、
バーベキューソースの濃厚さ。

お店のオリジナルであり売りの1つだと思いますが、
薄味好きの私にはちょっと強かったです。

だんだんと自分の好みのハンバーガーが見えてきました。
食べ歩きは、だから楽しい!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(4) おいしいもの(ハンバーガー) 

2017年10月13日

見事な赤身とほっこり茄子 米花(築地場内)

数ヶ月ぶりの訪問でした。
朝ごはんをいただきに築地場内「米花」へ。

米花171012

朝7時過ぎに伺うと、先客4名ほど。
空き過ぎず混み過ぎず、ちょうど良い具合でした。

かなりの間ご無沙汰してしまったのにもかかわらず、
迎えてくれたのは、いつもと変わらない
ジローさんの優しい笑顔。

内心ちょっとどきどきしていたので、
ほっとして席に着きました。

さて、メニューはいつもと同じく
常連さん限定のおまかせ。
この日は

おまかせ171012



マグロ・白魚・ホタテのお刺身

おまかせ171012_2



茄子の煮びたし

おまかせ171012_3

そしてわかめの味噌汁、ごはん、胡瓜のぬか漬けでした。

久しぶりに味噌汁からいただいてみると、
あれっ、ちょっと変わったかな?
味噌汁が以前よりも少しおだやかな薄味になった気がします。
私は非常に好み!

茄子の煮びたしも、かなり穏やか〜な薄味。
「ほっ」とさせてくれる柔らかな味わいです。


マグロはすべて赤身でしたが、
期待通り、旨みがしっかり回った味わい深い赤身。

おまかせ171012_4

そして相変わらずの厚み!
朝ごはんに出てくるには畏れ多いほどの
上質なものです。
これを握りにしてくれたらおいしいだろうなあ。

白魚は風味と歯ごたえが良く、
ホタテもまた肉厚でむっちむち。


どれを食べてもほっとするなあ。
気持ちもやわらぎ、仕事へと向かいました。
またお邪魔します。


場内でこんな光景が見られるのは
いつまでなんだろう?

場内171012

今のうちにしっかり通っておこうと
心に決めました(多分)!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(4) おいしいもの(築地) 

2017年10月12日

美しく思い出に残る料理 9 STORIES(代々木八幡)

代々木八幡「9 STORIES(ナインストーリーズ)の料理が
美味しくなったと聞き、
(といっても以前を知っている訳ではないのですが)

店内

ランチをいただきに行ってみました。

おしゃれカフェ風店内。
ですが料理はしっかりフレンチ。

「CHIC peut-etre」でスーシェフを務めていた方が
今年4月にこちらにいらっしゃったのが、
おそらく評判の理由のようです。

「CHIC」大好きでした。
(昨年12月にひとりで祝ったお店です。)

メニュー

ランチは2,800円と5,000円の2コース。
内容を見て5,000円のコースをいただくことに。

窓から入る日差しが心地良い席で
気分よくいただきます。

テーブル



まずはアミューズから。

1アミューズ


なんだこりゃ!

お米のチュイールの上に
ニラと卵のスクランブルエッグ、銀杏が
乗っています。

1アミューズ2

ニラと銀杏の香りがしっかり感じられ、
中華っぽい感覚です。
お花はニラの花ですって。

早速CHICらしさが垣間見えます。


パンもこんな席だとかわいく見えます。

2パン



牡蠣の冷製 ヨーグルトのソルベ ライムのメレンゲ
3牡蠣

低温調理した牡蠣に
キュウリのマヨネーズ、
牡蠣エキスのエスプーマ、
ライムのメレンゲ、ミントのソースなど。

3牡蠣2

それぞれの個性はさほど強くないものの、
これらが合わさることにより
見事に調和のとれたソースに。

食べた人だけが味わう喜び!


秋刀魚のソテー 茄子と内臓のソース
4秋刀魚

一見では決して「秋刀魚」と分からない料理。

ペーストを口にすると、紛れもなく秋刀魚!
秋刀魚の肝のマヨネーズがたまらなく濃厚です。

4秋刀魚2

茄子のソテーがいい味わい。
インゲンの緑とビーツの赤が鮮やかで
目にも楽しい秋刀魚の一皿。


鰹のフリット
5カツオ

目の前でカツオの出汁を使ったスープを
注ぎ入れて完成!


鰹の周りには鰹とミンチとニンニクのカツ。
テッパンの組み合わせ、おいしくないはずがない!

5カツオ2

その下にはマコモダケとニンニクのピューレ。

ほんのりチーズかクリームの入った雑穀のリゾットに
ネギのオイル、鰹の出汁スープを混ぜ合わせていただくと

5カツオ3

おいしい!
とにかくおいしい!

料理の一皿にこんなに心躍る思いをしたのは
いつ以来でしょう?


口休め的なローリエのグラニテ

6ソルベ




そしてメインは、当初の肉料理を
わがままで変更していただき、
イベリコ豚肩ロースに。

7イベリコ豚

これまた色鮮やかな一皿。

表面はカリッと、中はジューシーな焼き加減。
イベリコ豚だけに脂がやや強い印象ですが、
リンゴと生姜のソースがさっぱりさせてくれます。
添えられているのはニンジンのグラッセとピュレ、キャロットラペ。

肉の甘み、野菜の甘みにほっこりした気持ちになる
華のある肉料理でした。


デザートはティラミス

8ティラミス

マスカルポーネのアイスとクリーム、
猿田彦珈琲の監修したコーヒーを使ったスポンジ、
コーヒーゼリーも加わり、口の中でティラミスが完成。

肉料理までですでに満腹だったので、
控えめな甘さとボリュームがちょうど良い塩梅。

こちらは「モモンブラン」などインスタにも映える
ボリュームあるデザートが人気のお店で、
追加料金でデザートの変更も可能とのこと。

だけど、私にはとても無理。。。


一見何の料理かよく分からない。
けど、口にしてみると、計算され尽くした
完成度の高い料理であることが窺える料理。

もちろん目にも楽しめる美しさがあってのこと。

後で振り返ったとき、
「あの料理おいしかったなあ」
と思い出せるような食事ができたことに、
もっとも幸せを感じます。

いっぺんに「好きー!」となったお店、久しぶりです。
こちらは通うことになりそうな気がします。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(4) おいしいもの(フレンチ) 

2017年10月10日

牡蠣の季節がやって来た! 小田保(築地場内)

牡蠣シーズン到来!
築地でも定番の牡蠣メニューが帰って来た!

私も場内「小田保」で

小田保1710



超定番、カキミックス1,650円をいただきました。
カキミックス1710_2


これこれ。
念願のミックスオンザライス。

カキミックス1710


お店の方によると
「これからまだまだ大きくなるよ」
とのこと。
確かに小田保にしてはまだちょっと小ぶりかな。

ここからの成長が期待できます!
今シーズンもお世話になります。



myturn1215 at 07:00|PermalinkComments(0) おいしいもの(築地) 

2017年10月08日

ベーコン圧巻バーガー burger house UZU(曳舟)

「ハンバーガーが食べたい!」

という強い衝動にかられ、
かねてから気になっていた
曳舟「burger house UZU(バーガーハウスウズ)」へ。

UZU

曳舟駅から歩いて1分。
イトーヨーカドー曳舟店の駐車場入口の右隣という
ちょっと意外なロケーションでした。

店内は休日14時頃の時間帯で8割方埋まっていました。
なかなかの人気店ですね。

11時から22時まで通し営業なので、
お昼に出遅れてもいつでも食べられるという安心感!


カウンター席に着くと、
お店の方がメニューと一緒に
タオル地のおしぼりを出してくださいました。

ハンバーガー屋さんでおしぼりとは!
たぶん初めての経験。
感動です!!!


メニューをひと通り見て迷い、

メニュー1


変わりダネに興味を引くも、


メニュー2

初回はオーソドックスなものがいいかと思い直して
一番上に書かれたものにしました。

一緒にソフトドリンクを注文すると
プラス180円とのことなのですが、
黒ウーロン茶

1ウーロン茶2

思いがけず大きかった!

せっかくなのでしっかり喉を潤しつつ
バーガーを待ちます。

すると、しばらく経ってきました。

アップルウッドスモークベーコンチーズバーガー1250円(税別)

2バーガー

黒ウーロン茶が大きくて、
ハンバーガーがかわいく見えてしまいます。


こちらから近くで見ると、

2バーガー2

ベーコンの存在感がハンパないバーガーに。

自家製ソースとフレンチフライが添えられています。
ハンバーガー自体に味はついているので、
ソースは好みで足してくださいとのこと。

では、ペーパーバッグに入れて
いただきます。

2バーガー3

やはり見た目の印象通り、
ベーコンの存在感が強いです。強すぎます!

ベーコンのスモーキーな香りがたまりません。
厚切りのものが何枚も入っているので、
これだけでもしっかりした食べごたえ。

パティはお店で肉を挽いているとかで
牛肉の旨味がダイレクトに響きます。
とろりととけたチェダーチーズのコクが最高!

野菜はシャキシャキしているし
どこを取っても申し分ないのですが、
とにかくベーコンのインパクトが強すぎて
パティが食われてしまっているような・・・。

初回なので、シンプルに
ハンバーガーかチーズバーガーにしておけば
よかったかなあ。

でも、お店としてはかなり好みでした。
ここはまた行きます。


myturn1215 at 20:00|PermalinkComments(4) おいしいもの(ハンバーガー) 

2017年10月07日

夜のアフタヌーンティー ザ・ラウンジbyアマン東京

アマン東京内「ザ・ラウンジbyアマン」の
10月限定メニュー、
ハロウィーン ハニー アフタヌーンティー4,900円(サ別)。

2


ハロウィンらしく
オバケいっぱい、カボチャいっぱい!
それでいてシック。


4

メレンゲのオバケちゃんは
可愛すぎて最後まで手が付けられず。


一方のこの子は
ブルーチーズと南瓜のコーン インペリアルパレスハニー。

5

ブルーチーズのほのかな苦味と酸味が
おいしい!


この真っ黒なカボチャ最中さんは

3


中身がフォアグラとハチミツ!


3_2

さらにトリュフの香りもして
甘美な味わい。しあわせ〜。


しばらく会っていなかったお友達が食事に誘ってくれて、
どこにしようかと考えたときにふと見つけたのが、
こちらのハロウィン仕様のアフタヌーンティーでした。

1

一度ゆっくり伺ってみたかったアマン。
そして午後限定かと思いきや、夜遅くまで
アフタヌーンティーがいただけるのも魅力的。

飲み物のメニューも、紅茶を始めとした
お茶の種類が毎回迷ってしまうほどに豊富で
下戸の私には嬉しい限りです。

美味しいものももちろんだけど、
ゆっくり話をしたいときには
このロケーションと雰囲気、食事はぴったりでした。

今度はきちんとした食事にも行けるといいなあ。


myturn1215 at 19:00|PermalinkComments(4) おいしいもの(sweets) 

2017年10月05日

熟成肉専門店のハンバーグ 中勢以(日本橋室町)

お昼にハンバーグを食べようと思い立って、
コレド室町内の熟成肉専門店、
サカナの中勢以」へ。

中勢以

なぜ「サカナ」なんだろう。


中に入ると無機質なテイストのカウンターが。

店内

私が入ったときは13時を過ぎていたので
先客はありませんでした。


どれにしようかな。

メニュー

メニューをひと通り見た上、
真ん中あたりの金額という理由で
「熟成但馬牛ハンバーグ」に決定。


まず野菜たっぷりのコンソメスープと、

1スープ



続いてサラダが来ました。

2サラダ


あっさり食べ終わってしばらく待つと、

来ました来ました!

熟成但馬牛ハンバーグ150g1800円

3ハンバーグ

鉄皿の上にコロンとした俵型のハンバーグが。
添えられているのはくし切りにしたキャベツのみ。

超シンプルな盛り付け!
ソースもなく、別添えで山葵醤油がついてくるくらい。
ハンバーグへの揺るぎない自信が伝わってきます。

ナイフやフォークもありません。
そこにあるのはお箸のみ。

ナイフなど必要ない。
お箸さえあれば食べられる、というここにも自信の表れか。

とにかくいただきます!

お箸で割ってみると、見事なレア加減。

3ハンバーグ2

この肉の色、たまりません。

ごはんの上でいったん休ませて
(特に意味はありませんが)
いざ、いただきます。

3ハンバーグ3

粗めの挽き具合でゴツゴツした食感。
ワイルドなまでにニクニクしい味わいが
ダイレクトに響いてきます。

肉だ!
牛肉だ!
噛みしめる喜び。

ソース無しで全然問題なし。
わさび醤油がよく合います。

これ、ハンバーガーでも食べたいな。

気軽にいただけるお値段ではありませんが、
たまのごちそうにぴったり。

今度は中勢以特製合いびきも食べてみようと思います。


myturn1215 at 08:00|PermalinkComments(2) おいしいもの(肉!) 

2017年10月04日

イタリアンで仔羊とサンバル il tram(清澄白河)

月イチのお楽しみ、
清澄白河「il tram」。

イルトラム

この日は「夜トラム」。
9月に入り、ますます日が落ちるのが早くなってきました。


18時に入店するとこの感じ。

カウンター

昼間の明るさもいいけど、
お店の雰囲気にはこのくらいの明るさも好き。


自家製フォカッチャ
1フォカッチャ




様々な茸のブロード コラトゥーラ すだち
2スープ



紐をほどいてセロファンを開くと、

2スープ2

きのこの豊かな香り!

椎茸、しめじ、まいたけなど日本のきのこ5種と
さらにポルチーニ入りで、
それぞれの旨みの織り成す奥行きある味わい。

すだちをかけると和風なテイストにもなる不思議。


ブッラータ バターナッツ クルミ

3モッツァレラ

バターナッツのソースではやや味がぼやけるため、
今回は塩コショウを使っているそう。


3モッツァレラ2

塩気を加えることで、水牛のミルキーさがより引き立つよう。
クルミのサクサクがアクセント。

店内が少し暗くても色のニュアンスが伝わるこの器、
素敵です。


秋刀魚のインボルティーニ カリフラワー ボッタルガ
4グルグル

カリカリ、クルクルの秋刀魚。
香ばしく、香り高く、旨みがぎゅぎゅっと。
おいしくないわけがない!


チコリの1時間ロースト ゴルゴンゾーラ・ピカンテ
5チコリ

今回のチコリもベルギー産。
ほろ苦さのなかに野菜らしい甘みも感じられます。
何度も食べているので違いを楽しめるのもまた楽しい。


続いて

銀杏 柚子 ラビオリ

のはずでしたが、ちょっとメニューがあったようで、

6牡蠣

バッカラという鱈の塩漬けと酒粕を詰めたラビオリ。
玉ねぎのソースに青柚子の香りが素敵。


ほんのわずかに大人の香り(=酒粕)がして、

6牡蠣2

下戸の私は危うくふらふらするところでした(笑)。
そこまで反応することは滅多にないのですが。


牡蠣 トリュフ タリオリーニ
7パスタ

北海道仙鳳趾の牡蠣を裏ごししたものを
手打ちのタリオリーニに和えて。

手間暇かけた牡蠣ペーストは磯の香りがして
牡蠣そのものの味わいが濃厚。
サマートリュフの香りまでしてたまりません。


今回の肉料理はこちら。

8塊

おっきな仔羊の塊。


こちらをカットして、

仔羊のロースト 枝豆 サンバル
9仔羊

今回も見事な火入れ。
60℃弱の低温調理で熱が入った羊は
とにかく柔らか!

インドネシアのカピという辛味のきいた調味料を使った枝豆。
固めに茹で上がっていてピリッとした味わいは
枝豆とは違った豆の一種に感じます。
やさしい甘みの枝豆ペーストとも合わさると、
対照的な味わいが面白い!

これはイタリアンなのか何を食べているのか、
不思議な気持ちになります。


脂身部分もいただいて大満喫です。

9仔羊2


回を追うごとにどこの国籍の料理か分からなくなりつつある、
川邊シェフの独創的な料理。
どれだけ食べても驚かされる斬新さが
毎月飽きずに通い続ける理由なのです。

来月も楽しみ!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(0) おいしいもの(イタリアン) | おいしいもの(清澄白河)

2017年10月02日

8月はイワシ 日本橋蛎殻町すぎた(水天宮前)

前回訪問からさほど間を開けず、
8月にも伺うことが出来ました。

すぎた

今やすっかり予約困難店となった、
「日本橋蛎殻町すぎた」。

ありがたいことにお誘いをいただき、
つかの間の夢を見られることに。


最初の一品、茶豆

1枝豆

私でも分かるくらいに、ひと味違う。


ヒラメミル貝

2みる貝

愛知でとれたみる貝は味わいが強い。
朝締めした青森のヒラメは塩締めなどせずとも
旨みがじわじわ広がってきます。


イワシの海苔巻き
3イワシ

圧倒的な脂の甘み!
じんわりと、味わいとそして喜びに酔いしれ
自分がとけてしまいそうな感覚に。


対馬産穴子の白焼き
4穴子

脂乗り、皮の香ばしさ、
そして皮と身の間のこの上ない甘みに
昇天する勢いでした。


酒肴3種
5数の子

シマエビの頭、数の子の味噌漬け
そして鱒子。
香りにそそられ、ちびちびと。


太刀魚塩焼き
6太刀魚

ほわりと焼き上がった白身。
お箸を入れる瞬間から幸せです。


今回は少し早めにここから握りへ。

新子3枚付け
7新子

新子もそろそろ終盤の時期。
素直においしい!
脂がほどよく乗ってきて旨みが回って
味わいがしっかりしてきています。
新子のような新子でないような・・・。


縞鯵
8縞鯵

ほどよい歯ごたえ、そして
ふくよかな味わい。



燻製したサゴチ
9さごち

サワラよりさらに赤ちゃんらしい柔らかさ。
良い香りに包まれ、味わいもひとしおです。



春子鯛
10春子鯛

生魚とは思えないほどのやわらかさ。
今回は塩がやや強めに感じられましたが、
春子鯛本来の旨みを引き出すのに
大いに役立っています。


縞海老
11シマエビ

「ぷるんぷるん」と「ねっとり」という
ダブルの食感とこの上ない甘み。
その後にふっと残り香のような磯の香りがしました。


塩釜産鮪砂ずり
12マグロ

大好きな砂ずりの箇所。
脂は控えめながら、口当たりなめらかで
甘みのある味わい。
そして後味はさっぱり。


塩締め鰯
13イワシ

見た目の美しさはもちろん、
香り高さにうっとり。
口の中でとろけるような食感にまたうっとり。
悶絶級の印象深さでした。


車海老
14車海老

火入れといい甘みといい、完璧。
ミソの甘みも申し分なし!

いつも当たり前のようにいただいていますが、
これほどの味に出会えるのは奇跡の連続なのだと
言い聞かせなければ。


金目鯛炙り
15金目鯛

炙った皮の香ばしさ、そして
快感を覚えるほどの心地良い歯ごたえ。
脂は控えめなものの、白身の甘みが炙りで際立ち
安定感ある仕上がりに。


唐津の赤雲丹
16ウニ

甘みがとにかく強い赤雲丹。
口の中でさっと流れるように喉を通っていきました。
その後に残る余韻が寂しい。。


穴子
17穴子

ほわんほわんの柔らかな仕上がり。
飲み物のようでなかなか飲めず、
ゆっくりの口の中で楽しませてくれました。


ラストはあさり汁

18お椀



玉子で。

19玉子


いつ誰と来ても揺るぎない安定感。
最高のお寿司を食べてもらおう、という
杉田さんの気概が伝わってきます。


次、このプラチナシートにまたもぐり込めるのは
いつになるのか。
どなたかお待ちしています!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(4) おいしいもの(寿司)