2016年09月30日

しばしお別れチキン南蛮 小田保(築地場内)

今日も築地で朝ごはん。

今日は寂しいけどお別れをしに来ましたの。
で、迷わず「小田保」へ。

小田保160929


席に着いたらまずは黒板メニューをチェック。

黒板160929

なるほど。

こちらももちろん惹かれるんだけど、
お別れをしに来たのは、こちら。

チキン南蛮0929

チキン南蛮1,130円。

牡蠣メニューがない時期限定のメニューとして
毎年4〜9月の間だけいただけるのです。
(4月は牡蠣メニューがまだ続いているので
両方食べられるというお得期間です。)

今年も9月30日がラスト。

チキン南蛮0929_2

何度見ても圧巻!

ボーっと見ていましたが、

「ごはんもお願いします!」

チキン南蛮0929_3

で、揃ったところでいただきます。

鶏もも肉1枚を1/2にカットしたくらいの
かなーり大きめなひと切れ。
それが4つ。

唐揚げよりもやや柔らかめに揚がっています。
なにしろこの大きさですからね。

チキン南蛮0929_4

酸味軽めの甘酢とタルタルの混ざった
やさしい甘酸っぱさが小田保流。


あっ、せっかくなのでサンマ刺身800円もいただきました。

サンマ刺身0929

今期のサンマ、未だ塩焼きは一度も食べられていないのに
刺身と握りはご縁があるんですよね。


ほど良い脂乗りが、お刺身でいただくのにぴったり!

サンマ刺身0929_2

美しい!!!
これをひとり占めできる喜びったら。


この日は、お会いできたらいいなと思っていた方と
お店で再会できる偶然があり、
彼女も同じくチキン南蛮を食べていることに
仲間意識のようなものを感じちゃいました。


満足しすぎて苦しいくらいの朝ごはんでした。

チキン南蛮0929_5

またねー、チキン南蛮!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おいしいもの(築地) 

2016年09月29日

老舗の豆乳ソフトクリーム 双葉(人形町)

もうすぐ9月も終わろうとしているのに
真夏のような蒸し暑さが続いていますね。
気温よりも湿度の高さに辟易するここ数日。

これから晩ごはん、というタイミングに、
うっかりあるものが思い浮かんでしまいました。

それは豆乳ソフトクリーム300円。

豆乳ソフト

迷わず購入。
お店の前のベンチに座っていただきます。

ひんやり〜!
汗が一気に引いてくれそうなほどの心地良い清涼感。

そして食べてびっくり。
ソフトクリーム特有のベタッとした感じがないのです。
とにかくさっぱり。
甘さもかなり控えめ。

現に溶けてきたクリームが指についてしまったものの、
指がベタベタしないんです。
豆乳のあっさり後味さっぱり感には脱帽!

いただいたのは

豆乳ソフト2

人形町、甘酒横丁にある老舗豆腐屋「双葉」。
創業明治40年という伝統あるお店です。


それにしても、ベンチで座って食べていた時に
通りを歩く人がこちらをどれだけ凝視したことか!
蒸し暑い夜にソフトクリームは羨ましく見えたのでしょうか。

いいでしょいいでしょ!
と心の中で呟いていました。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) おいしいもの(sweets) 

2016年09月28日

活穴子を心ゆくまで 牧野(新馬場)

美味しい穴子を旬のうちに食べておきたくて、
約1年ぶりに新馬場「牧野」に再訪。

牧野

1年前のほぼ同じくらいの時期
連れて来てもらったんです。
「活穴子の踊り焼き」目当てで!


お通しは穴子の酢の物

1お通し



京菜はりはりサラダ580円
2サラダ



茄子さっぱり煮480円
3茄子

これは逸品!
これだけ食べるために再訪してもいいくらい
味付けが上品で茄子の味わいが活きた料理。


牛すじ煮込み480円
4煮込み

すじも美味しいけど、
一緒に煮込んだ野菜がもりもり食べられる一品。


刺身盛り合わせ
5刺身盛り合わせ

鯵、秋刀魚、勘八、スルメイカ、鮪、鱸。
伺ったのは9月上旬ですが、
この時期から秋刀魚の脂が素晴らしかった!

あとは歯ごたえの良さがひと口で分かる、
新鮮な品揃えでした。


さあ、いよいよ真打ち登場。
焼きます。

活穴子踊り焼き2250円
6穴子

〆たばかりの穴子一匹!

動画で撮っておけばよかった、
と前回も軽く後悔したのですが、

6穴子2

皿の上で、身が、内臓が、
ピクピクしているんです。


これを網に乗せて

6穴子3


好きな加減まで火を入れて、

いただきます!

6穴子4

新鮮ゆえの歯ごたえ!
味わい深さ!
ほど良い脂乗り!

これ以上の穴子がどこかにあるのだろうか?
くらいの極上の味わい。

とにかく焼いては食べる。
食べたらまた焼く。

たまには醤油をかけてみたりして。

6穴子5



北海道ししゃも焼きめす3本600円なんてのも。

7ししゃも


穴子と一緒に焼いちゃいます。

7ししゃも2

ほわあ〜っ。
穴子もいいけどししゃももいい!
見てるだけでいい!

食べたらもっといい!

7ししゃも3

なんという風味豊かさ。
品のある味わい。


といってるうちに穴子がなくなり、
もう一匹追加します。

8穴子

またも新鮮。
活きの良さがお皿の上から伝わってきます!


どんどん好きに焼いていくのだ。

8穴子2

ししゃももいいけど穴子もいい。


いい色!

8穴子3



パリッとはじけそう!

8穴子4


という間に穴子2匹完食。
まだまだ飽きる気がしませんが、
思い残すことなく食べきれた満足感でいっぱい。

穴子の旬の時期に行けたら、
この上なく幸せな気持ちになれること間違いなし。
この日はラストオーダー直前に駆け込みましたが
行ってみてよかった!
心からよかった!

で、また次の訪問を画策するのです。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0) おいしいもの(和食) 

2016年09月26日

5年ぶりのガッツリ ビストロ石川亭COREDO室町店(日本橋)

お腹すいた!

という気持ちを午後2時まで温めて
ビストロ石川亭COREDO室町店」へ。

石川亭

石川亭に伺うのは神田で営業していた頃以来なので
約5年ぶり!

ランチは前菜・主菜がプリフィクスで
食後の飲み物もついて1,150円です。

メニュー

このご時世、しかも日本橋のテナントで
考えられないくらいの破格です。

午後2時まで入店のタイミングを待っていたのは、
店内が混んでいたら・・・
という懸念から。
ご覧の通り、この時間は全く待つことなく入れました。

店内



今回はお腹がとにかく空いていたので、

ベーコンとチーズのキッシュ サラダ添え
1キッシュ

やっぱり大きい!
少食な方ならこれだけでランチとして十分成立。

ベーコンの塩気とチーズのまろやかさが光る、
とろりと柔らかな口当たりのキッシュ。
パイ生地のサクサクとの対照的な食感も好みです。


鶏もも肉のロースト 
プロヴァンサルソース(トマト、玉葱、にんにく、アンチョビ)

2チキン

鶏もも肉丸ごと1枚!
その下にはマッシュポテト!

攻めるなあ。このボリューム。

プロヴァンサルソースの軽い酸味が爽やかで、
鶏肉のボリュームの重さを感じさせることなくあっという間に完食。


食後の紅茶をいただき、満腹ランチに上機嫌。

3紅茶


ボリュームは料理によりさまざまで、
近くで召し上がっていた【ミネストローネ&メカジキのポワレ】は
量的にはやや控えめ。

その日の気分で調整できるのは助かります。
とはいえ、私は性格的にがっつり系を求めてしまうのだと思いますが。

また機会を見つけて行ってみます!



myturn1215 at 22:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) おいしいもの(フレンチ) 

2016年09月24日

結婚式を挙げてよかったことは?

久々のブライダルフェアでの仕事。

160924試食会


式場探しをしているカップルの方々へのデモンストレーションのようなもの。
会場のレイアウトやコーディネートの展示、
模擬挙式、婚礼料理の試食などを行いました。

その中で特徴的だったのが、
先輩花嫁さんによるウェディングドレスのショー。

この会場で挙式・披露宴をされた先輩花嫁さんが
新作のドレスを着てファッションショー。
さらに結婚式当日の感想をお客さんの前で話していただく、
という内容でした。

この場所で実際に式を挙げた方の生の感想は、とってもリアル。
数名に伺ったところ、どなたにも共通していたのが

「列席されたゲストの方が楽しんでくれた。」

「『こんな結婚式初めて!』と言ってくれた。」


ということ。

自分たちが、ではなく、ゲストの方に楽しんでもらえることが
自分たちにとっての一番の満足につながる。

私も常々思っていることですが、生の声を聴かせてもらえたことで
司会者としてサポートする上での"軸"を改めて確認できました。

フェアでの司会は毎回緊張感がケタ違いですが、
初心に返らせてもらえる仕事は大切にしなくては。


myturn1215 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 仕事 

2016年09月23日

さくっと肉を焼いて帰ろう 焼肉バルやまと(人形町)

歩いていたら突然お腹が空いていることに気が付き、
たまたま目についてふらっと吸い込まれるように
入ってしまいました。

それが人形町「焼肉バルやまと」。

焼肉バルやまと

肉1枚〇〇円。
という、好きな部位を好きな枚数だけ注文できる
おひとり様にぴったり焼肉店が
最近増えてきましたね。

カウンター2

治郎丸」にはいつか行ってみようと思っていたものの、
こんな形で訪問することになるとは。
ちなみにこちらのお店は立ち食いではないので、
比較的くつろげます。

メニューはこんな感じ。

メニュー

ほとんどの部位が1枚単位の金額です。
肉質は単価の高いものの多くが国産A5黒毛和牛。


タレやレモンはこんな風に置いてありました。

たれ

岩塩が置いてあるのはいいなあ。


ひとまず単価の低いものから適当に頼んでみることに。

まずはトントロ80円とシマチョー90円。

1豚トロとシマチョー

いずれも1枚毎のお値段ではありませんでした。

こちらはまずまず。

1豚トロとシマチョー2

お値段なりの肉質です。
と思えば安いもの。


続いて3種。
左からカメサンカク240円、トウガラシ280円、友三角290円。

2カメサンカクなど

肉質の違いは一目瞭然!
味わっても見た目通りなのかな。

左の赤身の強いものから順に焼いて行きます。

2カメサンカクなど2

カメサンカクはとにかく赤々と赤身!
わずかにパサッとした感触は否めず。
続いていただいたトウガラシはやや脂のジューシーさが感じられ、
友三角は脂の甘みが強くとってもジュワジュワ。


冷やしトマト380円とわかめスープ290円も注文したものの、
写真を撮るのを忘れていました。
良くも悪くも想像通りの味。


続いて和牛レバー120円とイチボ290円。

3レバーなど


まさかこんなペアみたいにして出てくるとは。


3レバーなど2

レバーはお値段なり。
印象に残るほどではないけど、味わいは濃厚。
一方のイチボは、こみ上げる肉汁。
噛むごとにジュワジュワやって来る、甘みと旨み。

3レバーなど3

「最近脂は身体に堪えて・・・」
なんて口では言っているものの、
やっぱり脂が好きなのは否めません。

多少の脂があってこその、赤身。


左からミスジ300円、サガリ260円、カイノミ260円。

4ミスジなど

お値段と満足度が面白いくらいに比例します。

カイノミはやや噛みごたえ強く、1枚で十分。
サガリは思いのほか赤身と脂のバランス良く、
且つ肉らしい噛みごたえにも満足。
私の理想とするハラミがまさしくこれ!

ミスジは赤身の繊細さ、そして脂のコクが最強。

4ミスジなど2

ミスジだけ何枚も食べ続けるのはアリだな。


これでラストにしておこうかな。

左からシャトーブリアン380円、シン芯280円。

5松阪牛など

大きさ、そして厚みが対照的な2枚。

今さらですが、肉を焼くのは得意ではないんです。

5松阪牛など2

見ているとつい、しっかり焼いてしまいたくなる性格。
じーっと表面を見ているとひっくり返すのを忘れてしまうようで。

そのためなのかこういう肉質なのか、
シャトーブリアンは期待よりややパサッとした口当たりで
普通の赤身?かと思うほど。

しっかり焼いてしまった私の責任です。

一方のシン芯は赤身が強く柔らか。
わずかな脂の甘みとコクが赤身の美味しさを引き立てています。
これぞ赤身!という理想形。
一定の厚みがあってこその食べ応えなのかも。

ここまで食べて4,000円ちょっと。
激安とはいきませんが、
ミスジやイチボ、シン芯といったあらゆる部位を
1枚単位で注文して食べ比べが出来るのはありがたいこと。

突然無性に焼肉が食べたくなったとき、
こんな業態の焼肉屋さんがうってつけです。

急に焼肉が食べたくなった時はまた行ってみます!


余談:
ひとり焼肉、ようやくデビューできました。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(8)TrackBack(1) おいしいもの(肉!) 

2016年09月21日

ふうんわ〜り鰻充 うな富(水天宮前)

たまには珍しく鰻など。
水天宮前すぐそばの「うな富」に行ってみました。

うな富

ここはちょっと分かりづらいです。
通りすがりで見つける、ということはなさそうな場所。

店内はカウンター5席とテーブル2卓。
こじんまりとしたお店です。

メニューはシンプル。

お品書き


さらにの違いはこの通り。

但し書き

分かりやすいっていいことだ。

私はお値段と相談の上、鰻重 松4,300円に。


少しだけ待って、

来ました。

松


蓋オープン!


松2

おおっ!
ごはんがほとんど見えないという幸せ。

いただいてみましょ。

松3

鰻を食べ慣れていないので、
写真を撮るのも今ひとつ。。。

ということは置いといて、
大きな鰻!
大きいのはもちろん、厚みがありふわっとした身。
脂はさほど強くはなくやや控えめだけど
身そのものがふんわりしているので
バランスはちょうど良いです。

松4


タレが濃くなくて、鰻の味わいを引き立てる程度の
控えめな味わいなのも個人的に◎。

兜煮はあっという間に崩れてしまうほど柔らかく、

兜煮付け



薄味のう巻きもいい味わい。

鰻巻き


いつでも気軽に食べに行けるお値段ではないけど、
たまのご馳走にはいいですね。
ハレ感もあるし。

また機会を作って食べに行くんだ〜。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) おいしいもの(和食) 

2016年09月19日

スカイツリーを背景にゆったりランチ R Restaurant & Bar(浅草)

友人と再会ランチ。

お互いの住まいの中間あたりのところで、ということで
浅草のゲートホテル雷門にあっさり決定しました。

ホテル入口


ホテルとはいえ、こんな手書きメニューから
下町らしい親しみやすさが伝わってきます。

メニュー


13階フロントに隣接する「R Restaurant & Bar」。
朝食はエッグベネディクトとエシレのバター目当てに
何度か伺いましたが、
夜遅くまで通し営業なので使い勝手が良いのです。
前回訪問もランチでしたが。)


何よりこの眺め。

店内奥

そして休日でも比較的空いているんですよね。
観光客でごった返す浅草とは思えないほど、
静かにのんびり過ごせます。

ランチは3種類から選択するメインに
サラダとパン、食後の飲み物付きで1,850円。
その他グランドメニューからもチョイスできます。

サラダはクリーミーなドレッシングがたっぷりかかった
グリーンメインのもの。

サラダ2



パンはソフトな食感の細めなフランスパン。

パン

クセもなくあらゆる料理に合いそうなものでした。


メインに選んだのは鮮魚のポワレ。
この日は鮭のポワレ サフランリゾット添え "梅林堂"梅のソース

鮭

ごろっと鮭!厚みがいい!

脂は控えめながらちゃんと乗っていて、
何より鮭自体の味わいも強いので
食べ応えありつつ満足!

添えられたサフランリゾットが、
香りも味わいもしっかりしていて美味しい。
梅のソースは別の器で来ました(写っていないけど)が、
鮭と梅が想像以上に合っていて、必要以上にかけてしまいました。


紅茶2

デザートは+500円で付きます。

食べ終わるまで満席になることはなく、
のんびり過ごすことが出来ました。
今回はベビーカーも一緒だったのですが、
とても親切に対応してくださったのが好印象。


ロビーからの眺めも素敵。

眺望


既に何度かblogで紹介しているので隠してはいないものの、
できればこのまま穴場的なお店であってほしいような、
でもみんなに知ってほしいような複雑な気持ち。

浅草観光の際にカフェでひと息、という使い方もアリ。
月末の夜はJazzのライブもしているそうです。

ほんとここ、いいお店なんだけどなあ。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おいしいもの(フレンチ) 

2016年09月18日

白甘鯛に出合える喜び 鮨はしもと(新富町)

先月のこと、新富町「鮨はしもと」へ。

鮨はしもと


すっかり予約の取りづらくなってしまったお店ですが、
修業されていた親方のお店よりはまだ手の届く存在です。

今回の最初の一品は枝豆

1枝豆

届いた瞬間からほわっと香り高い。
胃袋に先制パンチ。


青森産小さな平目、ソゲ

2ヒラメ


後の1枚は塩で〆たもの。

2ソゲ

旨みの凝縮度はやや弱めから。
さっぱり繊細な味わいでした。


藁で燻した気仙沼の

3カツオ

控えめながらも奥深い燻製の香りが最高です。

脂乗りとのバランスも良し。

3カツオ2




大原産の蒸し鮑

4鮑

前回と同じく肝ソースで。
むちっむちの歯ごたえ。
噛むごとにじわじわ広がる旨み。

続いてのお楽しみは、

4鮑2


肝ソースにシャリとイカを加えてリゾット風に。

4鮑3

肝と合わせることで、シャリの酢の存在感に驚かされるのです。


雲丹、とうもろこしと湯葉の茶碗蒸し
5茶碗蒸し

こちらも前回に引き続きの一品。
上に乗せられているのは、唐津の赤雲丹。

前回も感じましたが、

5茶碗蒸し2

湯葉ととうもろこしという組み合わせは
舌に心地良い夏の感触。
贅沢を言うと、雲丹は火を入れるより
生のままの方が好みかなあ。


鰯の海苔巻き
6イワシ

大葉、胡麻、ガリ、芽ネギ、沢庵と一緒に巻いちゃう、
最旬の鰯。
切り口のなんという美しさ。

口にしてみます。

6イワシ2

〆てもなお強い脂の甘み。
とにかく圧倒的!
薬味のアクセント、そして沢庵のシャキシャキ食感がいい。


新イカ鮎ペースト
7イカ

イカの優しい甘みに、ほろにが〜な鮎ペースト。
イカが主役かと思ったら、
鮎の旨みを輝かせるための引き立て役だったのかも。


北海度鵡川産本ししゃも
8シシャモ

生のまま入荷し、お店で塩で〆て干したそう。
気安く触れるのすら気が引けてしまうほど、
ほわっとした白身らしい味わいがこの上なく上品でした。


ここから握りへ。

熊本産新子3枚付け
9新子

小ぶりながら肉厚になってきました。
今期はそろそろ食べ納めかな。


鹿児島産新イカ
10イカ

これで一杯分だとか。
パツンと歯ごたえの良い食感、
そして噛むごとに、甘い!甘い!
味わいがとても繊細なゆえ
シャリの酸味にやや押さえられている印象でした。


小肌
11小肌

いい脂乗り!
しっかりめの〆、それ以上の熟したボディでした。


大間産鮪赤身
12赤身

110kgほどの大きさの鮪だそうですが、
さすがは大間。
さっぱりはしていても、旨みが何層にも重なっているかのような
味わいを感じました。 


鹿児島産縞鯵
13シマアジ

歯ごたえは期待ほど強くはなかったものの、
旨みが凝縮されていて脂乗りは良く、
これぞシマアジ!という強い印象でした。


網走産北起貝
14北寄貝

うねうねとしたワタの香りと甘み、
柔らかさにうっとりしちゃいます。
貝は全般的にさほど興味がないのですが、
これは例外と言える美味しさです。


大間産鮪中トロ
15中トロ

ふくよかな甘み。
脂が口の中でさっと溶けてまろやかさが加わり、
芳醇な味わいが広がります。
品があるなあ。


浜田産鯵
16鯵

前回同様さほど脂は乗っていないとはいえ、
香りの良さ、旨みの強さは相変わらず。
こんな鯵がもっと身近なところにあればいいのに。
(無茶を言っています。)


車海老
17車海老

香り高さ、歯ごたえの心地良さ、そして甘みが
順に攻めてきます。
存在感といい、らしくなってきました。


紫雲丹
18雲丹

ゆっくり、ゆっくり、クリーミィにとろけていく
という悦び。
強く底深い甘みに自然と頬の筋肉が緩んでしまうんです。


煮穴子はツメで。

19穴子

身の柔らかさがシャリのほどけ具合と
見事にマッチ。
口の中で奏でられるハーモニーがもう・・・。


あとは追加で。

サゴシ
20サゴシ

燻した藁の香りにうっとり。
柔らかく口当たりなめらかな身は鰆と何ら変わらず。
濃厚な味わいにまたうっとり。


山口産白甘鯛
21シラカワ

こちらのお店ではズバ抜けて素晴らしい白甘鯛と
素晴らしいめぐり会いが出来る機会、しばしば。

今回は10日間寝かせたものだそうで、
聞いた途端飛びつきました。

醤油をはじくほどの脂乗り!
ねっとりとした口当たりで旨みに奥行きがあり、
いつまでも噛み締めていたいほど。

名残惜しかった。。。


〆にはいつものしじみ汁

22味噌汁


玉子で。

23玉子

普段よりややしっかりめに火が入っていましたが、
やや甘みが控えめに感じられ卵感の強い味に。
個人的には好みの仕上がりでした。

満足感と寂しさでいっぱいのごちそう様。
またの訪問を心待ちにしています!


myturn1215 at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おいしいもの(寿司) 

2016年09月17日

そこにサンマがいたので 小田保(築地場内)

2日連続、築地で朝ごはん。
今回は「小田保」に行ってみます。

小田保160916

少しだけ並んでから入店。

まずは黒板メニューをチェック。
珍しいメニューはないかな。

黒板160916

目新しいものは特にないけど、
食べたいのはサンマ

前にも食べたけど、次はいつ食べられるか分からないし
サンマにしよう。そうしよう。


ということで、サンマフライ800円。

サンマフライ160916



と、


サンマ刺身800円も。

サンマ刺身160916


サンマダブルです!
贅沢〜!


さらに、初めていただくサバフライ750円も。

サバフライ



それぞれを2人でシェアしました。


サンマフライ160916_2

まるで朝から飲んでいるかのような組み合わせ。
(と、写真を見た同僚に言われました。)

サンマフライは前回同様、脂乗り乗りなのが
ひと口食べて即分かってしまうほど。
衣が比較的さっぱり薄めなので、こってり感はさほど気になりません。

サンマ刺身は前回から色褪せない感動。
香りよし、味わいよし、見た目もよし。

サバフライはサンマと対照的に脂乗りが弱めなので
さっぱりといただけ、おかげで
腹身部分の柔らかな甘みが印象に残りました。

あっという間に平らげ、満足満足。

眠かったのでごはんを自粛したのですが、
後から振り返れば食べておいてよかったかも。。

旬のサンマはとにかく食べておくべき!
今回のチョイスに満足してお店を出たのでした。


myturn1215 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おいしいもの(築地)