2017年01月23日

食べ納めは空港で 何洪記粥麺専家(香港国際空港)

2016年夏の香港旅行記、おまけ。

4日目ランチが旅の締めくくりのはずだったのですが
空港でもまた食べることに(笑)。

空港内「何洪記粥麺専家」にて。

97何洪記



ゆで野菜48ドル
94ゆで野菜

麺類メニューに使うスープに浸っており、
あっさりと優しい味。
野菜不足を補おうと頼んだのですが、これ大正解。


豚団子とピータンのお粥58ドル
95粥

コクと出汁がしっかりした味。
「正斗粥麺専家」に似ているかも。
中華粥が大好物の私にとって、
空港でこの味にまた会えるなんて最高のプレゼントでした。


ローストグース158ドル
97ダック

滞在中一度は食べておきたかった鴨のロースト。
皮のパリパリ感がやや弱く感じたものの、
内側のプリっとした肉質、脂のとろける甘みは最高でした。

ぷりっ、あま〜!

97ダック2



新鮮エビ入り蒸し湯葉巻き42ドル
96海老巻き

エビの湯葉巻きを揚げたもの。
湯葉のカリッカリの食感といい
大きなエビなぷりっぷりの歯ごたえといい、
たまらん!たまらん!


海老と卵入りきしめん炒め135ドル
98麺


とろとろの卵あんとぷりっぷりの海老を纏う
フルフルのきしめん。
塩気が少し弱い味付けだったものの、
外食続きの胃にやさしい麺料理でした。


名残惜しいものの、これで本当に香港とお別れ!
ありがとう。また来ます。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行(2016香港) 

2017年01月21日

白無垢姿で迎賓

本日のご披露宴。

170121メイン装花

初々しさが微笑ましく感じられる、さわやかなお二人。

最近では珍しく、紋付き袴・白無垢で迎賓のあと
色打掛に掛け直ししてのご入場でした。
(ちなみにお色直しはタキシード・ウェディングドレス。)

現在のブライダルシーンでは
あまり見られなくなっている「迎賓」。

「迎賓」とは
披露宴開宴前、新郎新婦およびご両家さまが
披露宴会場入口でゲストをお迎えすること。

私が婚礼司会を始めた時点でほとんど行われていなかったので、
実際に見たことがあるという方は
今ではあまりいらっしゃらないかと思います。

(ひょっとしたら地域差もあるのでしょうか?
 同業の方、ご存知でしたら教えてください。)

今回、挙式は神前式で両家親族のみの参列だったため
白無垢姿で迎賓してから色打掛姿で入場することで
ゲストの方にどちらの姿もお披露目できます。

掛け直しならあまり時間がかからないので、
ゲストをお待たせする心配もありません。

和装での披露宴、白無垢か色打掛か迷ったら
白無垢での迎賓を取り入れてみるといいかも。


初々しいお二人の今一番欲しいものは、「マイホーム」。
近い将来素敵なお宅で温かいご家庭を築かれますように!


余談:
最近の私の読者の方で披露宴にご興味のある方、
あまりいらっしゃらないかもしれませんね。
と思いつつも書いてしまいました。


myturn1215 at 23:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 結婚式 

102階贅沢ランチ 天龍軒(ザ・リッツ・カールトン香港)

香港旅行記の続き。

朝食をとってからホテルに戻りチェックアウトしてからの、
4日目最終日ランチ。
最後のランチなので豪勢にいこうと
ザ・リッツ・カールトン香港内の

84リッツ


102階「天龍軒」へ。

85天龍軒



さすがは地上102階。

85天龍軒3

写真には残念ながらぼんやりとしか写っていないものの、
あまりに高すぎて景色が遠い(笑)。

さて、料理は648ドルのランチコースに。
最後なので豪華にいきます!


まずはナッツから。

86ナッツ

カラメルでコーティングされていて歯ごたえ抜群!
ゴマが香ばしくクセになる味。


野菜の蒸し餃子とイベリコ豚のチャーシュー

87餃子とイベリコ豚

ぷるんぷるんな皮のなかには数種類のキノコと根菜。
シャクシャクとした食感が楽しい。
キノコの香りが芳醇!


個性のあるイベリコ豚にチャーシューの甘めな味付け。

87餃子とイベリコ豚2

驚くほどに柔らかな肉質で、
控えめなハチミツの甘さが脂の旨みと合わさり
しばし口福を味わいました。

私の中でのチャーシューの概念、覆りました!


チキンスープ サナギ茸と桑の実添え

88スープ

チキンと野菜の甘みが凝縮した、
身体の喜ぶ優しいやさしいスープ。
サナギ茸のシャキシャキとした強い食感も印象的。


ホタテのネギ生姜炒めとカイラン菜と干し貝柱のソテー

89ホタテ

肉厚でむちむちなホタテの旨みが際立つ、シンプルな料理。
ネギと生姜がホタテの味わいを引き立てているよう。

前日もいただいたカイラン菜。
みずみずしい緑色と心地良い歯ごたえ。
干し貝柱のカリカリ食感と旨みが楽しいアクセントに。


鴨フィレ肉とピーマンの豆鼓炒めと海老と鮑のチャーハン

90炒飯

鴨美味しい!
ただ甘酢の味が強く食材が少し負けているような印象が・・・。
食材は美味しかったですが。

チャーハンは贅沢海鮮オンパレードな内容。
チャーハンのパラパラ食感はなく、ややちまきに近いような。
魚介の旨みが強いごはんでした。


91デザート

デザートは「香宮」同様、どうも口に合わず・・・。
好みの問題です。


お土産にリッツのかわいいボックスが。

92お茶

中身は中国茶でした!
いい香り♪


デザートだけは残念だったものの、
どれも印象深く舌がしっかりと味わいを覚えている
素敵なランチでした。

味だけでなく、空間といい景色といい
品格のあるサービスといい、さすがリッツ。
この旅行の思い出に彩りを添えてくれました。


お会計後の帰り道は異空間。

93帰り道

非日常の世界からいつもの日常に戻る道?
華々しい道を抜け、102階から地上に降りてきました。

バイバイ、香港。
またね。


myturn1215 at 08:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 旅行(2016香港) 

2017年01月19日

地元で愛される飲茶店 参去壹點心粉麺飯(香港/西環)

香港旅行記の続き。
4日目朝は、グルメな知人に教えてもらった
ローカルのお店へ。

76店前


「参去壹點心粉麺飯」。
ははは。絶対読めない(笑)。


店内は地元率100%。
おじさま率80%。

82店内


そしてメニューはもちろん
英語表記も日本語表記もなし。
想像がつくメニューもあるものの、だいたい分からない(笑)。


81メニュー


すると、たまたま相席させていただいたグループのお一人が
日本語で話しかけてくださり、
その方がおすすめメニューを注文してくださることに。

その方には後光が差しているようでした。
ありがたや。

何が出てくるかはお楽しみ、ということで。

まずは海老と蟹の餃子

77点心2

皮がもっちりしていて繊細さには欠けるけど
海老も蟹も旨みばっちり!


スペアリブ
77点心

見るからに柔らかくてジューシー。
味がしっかりめの味付けでした。


そして海老を米粉の皮で包んだものも。

78点心3種

干し海老の風味は強いのですが、
やっぱり私はこの皮がどうも苦手。。。


牛肉の肉団子

79肉団子

大きな肉団子!
ひと口では食べられないくらいです。


口当たりはしっとり。

79肉団子2

ジューシーでありつつ、オレンジの香りがして
爽やかな食感でした。


牛肉と玉子のせごはん

80ごはん

ご飯の上に肉団子のあんのような柔らかな肉、
そして生玉子をかき混ぜて食べるご飯。


80ごはん2

タレは見た目ほど味が強くなく、
とても穏やかな味付けでした。
(見た目は美しくないものの。)


あとは「絶品馬拉糕」という蒸しパンのようなデザートが
人気らしいのですが、ここまででお腹がいっぱいになり私はパス。

これで全部で85ドルでした。安いっ!

メニューが読めたらもっと楽しめそうだなあ。
今度はネットできちんと予習してから伺いたいです。

驚いたのは、サービスはランニング姿のおじさまだったのですが、
会計時にチップをお渡しすると固辞されたこと。
いやいや、とてもお世話になったのに。
今回の旅行で初めてでした。

83店頭

なおさらまた行きたいな。


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 旅行(2016香港) 

2017年01月18日

お粥と100万ドルの夜景(香港)

香港旅行記の続き。

アウトレットで買い物をした後は、
タクシーで中環あたりまで戻って来ました。

68夜景



そして向かったこの日の夕食のお店は、

69粥麺専家

駅から歩いて5,6分ほどの「羅富記粥麺専家」。

実はこちら、7年前にひとりで香港に来たとき
(正確にはトランジットしたとき)
伺ったお店。
懐かしいなあ。
変わらずお店を構えているなんて感慨深いものです。

店内は相変わらず賑やかな
(というかザワザワした)印象。

73店内

変わっていない、ということが一番です。


いただいたのは、

野菜炒め19ドル
70青菜



海老ワンタンスープ30ドル
71ワンタン




肉片と魚片のお粥38ドル
72粥
クリーミーでなめらかな口当たり。
やさしい味わいで、生姜が強くきいています。


ピータンと豚肉のお粥32ドル
72粥2

こちらも同じく。
まるで飲み物のようにするっとなめらかで
やさしい口当たりが最高です。


これが夕食!?
前日も同じくお粥とそばという
私らしからぬかなりヘルシーな内容だったのですが、
実はある目的があったからです。


というのは、


74夜景

リッツカールトン香港118階にある
Bar「Ozone(オゾン)」。
こんな高層階のBarに行ってみたかったのです。


地上490mからの100万ドルの夜景に乾杯!

74夜景2

なんて。
飲めないのに。。。

こちら、店内は意外にカジュアルだったり
その割にはドレスコードに厳しかったり
お値段もリッツ価格だったりで
色々思うところのあるBarではありますが、
この高さと景色、一度は行ってみる価値アリです。


さらにもう1店。
香港夜景の定番、インターコンチネンタル香港内ロビーラウンジ

75インターコンチ


こちらもやはり人気。
高さはないけれど、敢えて下側から香港島を見上げるのも好き。
そして見るならインターコンチから。


75インターコンチ2


この日のごちそうはダントツで夜景でした。
ごちそうさまでした!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 旅行(2016香港) 

2017年01月17日

PRADAのアウトレットへ(香港)

香港旅行記の続き。

3日目、朝昼兼用のような飲茶をいただいた後は
恐る恐るPRADAのアウトレットへ。

香港の中心地からは少し離れた場所にあるので、
わざわざ遠出しても何の収穫もなかったら、
と思うと、足を延ばすべきかどうか少し迷ったんですよね。

でも買い物はしたかったし、
他に行きたいところが思いつかなかったので・・・。

で、中環からバスに乗っていざアウトレットへ。
こちらにまとめサイトがありました。ご参考にどうぞ。)

65プラダ

ちょっと距離はありましたが、バス1本なら無問題。
劇的に安い!というほどではありませんでしたが、
気に入ったものに出会ええるかは運次第。
出会えたらラッキー!と思えるお値段でした。

靴には出会えなかったものの、
斜めがけバッグを購入。やった!


続いて、PRADAからタクシーで数分くらい(徒歩ではかなり)の距離にある
Horizon Plazaへ。

66アウトレット

こちらはPRADAよりもずっと規模が大きく
数えきれないほどのブランドが集結しているビル。

あまりの店舗数に、途中で力尽きました(笑)。

MARC JACOBSではスワロフスキーのキラキラした靴を見つけて
気に入ったものの、買おうと心に決めた直後に
お値段を一ケタ読み間違っていたことが発覚。
危なかった!!!


で、あるフロアに入っていたカフェでひと休み。

ほうれん草とマッシュルームのキッシュとペリエ80ドル
67カフェ

香港で初めての、中華ではない食事!
マッシュルームの香りが心地良い、なめらかなキッシュ。
素敵なインテリアに囲まれた、
静かで落ち着いた雰囲気のカフェでした。

結局アウトレットでの戦果はバッグのみ。
運命はどこにあるか分からないものです。

また行くかと言われたら、
PRADAに欲しいものがあるかどうか次第かな。
靴は品揃えがよかったですよ。


中心地に戻ってきたら夕食です。

68夜景

続きは次回!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行(2016香港) 

2017年01月16日

激安ミシュラン点心 添好運點心專門店(香港/深水埗)

香港旅行記の続き。

3日目朝は、
「世界一安いミシュラン一つ星」
として点心がおいしくいただけるという
「添好運點心專門店」深水埗店へ。

54点心

きちんと確認せずに午前9時過ぎに行ってみたら、
実は開店は午前10時だったようで、
手持無沙汰で近くをうろうろ。

54点心2

すると次第にお店の前に開店待ちのお客さんが集まりだし、
結果的に早めに着いてよかった、という
ことになっていました。


開店と同時に席に案内され、メニューを渡されると

55メニュー

日本語表記はないものの
写真でほぼ理解できる内容(笑)。

オーダーはこちらに書き込んで渡すという
会話が通じなくても困らないシステム。

55オーダーシート


では早速!

金銀蛋痩肉粥18ドル
56お粥

前日の正斗粥麺にはかなわないものの、
空っぽの胃袋には優しく響く味わい。


蜜味叉焼腸21ドル
57牛粉

お手頃なので今回の旅で初めて試してみましたが、
やっぱり個人的に牛腸は苦手みたいです。


晶榮鮮蝦餃27ドル
59点心



鮮蝦燒賣皇27ドル
60点心

た、たまりません!この2皿!
海老のぷりんぷりんな歯ごたえがあああ。
言葉を失いただただ夢中!


白灼青油菜15ドル
58レタス

シンプルな味が口直しにぴったり。


鼓汁蒸排蒸17ドル
61鶏

鶏の旨みが強い!
骨付きだからなおさらか。
いつまでもかじっていたい(笑)。


これだけ食べて、

62レシート

1人1200円程度。
このおいしさにして驚きのお値段です。
「世界一安いミシュラン」と言われるのも納得です。


お店を出ると、お店の前には入店待ちのお客さんで
賑わっていました。

63店頭

開店前に着いてしまって
よかったよかった!


9月の香港はとにかく暑いです。。

64街

この後ホテルに戻り、しばしプールで泳いで過ごしました。

続きはまた次回!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 旅行(2016香港) 

2017年01月15日

悔しいけど認めざるを得ない 正斗粥麺専家(香港)

香港旅行記の続き。

2日目夜は、街歩きと買い物で歩き回っていたので、
ふらっと入れる「正斗粥麺専家」へ。

47正斗粥麺

3年前に香港に行ったときに気に入り、
次回も必ず行こう、と心に決めていたお店。

今回は近くで買い物をしていたので、
九龍エレメンツ内のお店へ。

48店内

店内はちょっとゴージャス感漂うオオバコ系。
満席だったとしても比較的回転が早いので
さほど待たずに入店できそうです。


メニューは日本語表記もあり安心ですが、

49メニュー

ときどきツッコミどころが見つかります。
それもご愛嬌。


今回いただいたのは、

カイラソ菜?の生姜炒め85ドル
50青菜

シャキシャキした食感がたまりません!
青菜らしい苦味の混じった野菜らしい甘み。
生姜が良いアクセントになっています。


皮蛋と肉団子入りお粥58ドル
51粥

ひと口いただき、「!」の味。
コクのある鶏ガラのきいたスープに
お米が原型をとどめないほどにとろりととけて
まさしくスープ。

皮蛋も豚肉団子もたっぷり入って、
団子は肉肉しさこの上なし。

51粥2

食べ応えがありながらも、
即刻でお腹に収まってしまう、
ごちそうスープという感じ。


さらに海老ワンタンメン55ドル。

この麺の細さ!

52ワンタンメン

歯ごたえがいいし、
さっぱりマイルドな海老スープにもよく絡んで
こちらも最後までノンストップで一気にお腹に収まるタイプ。

ワンタンの中の海老は干し海老のように
じわじわと旨みが出てきます。


52ワンタンメン2

思い出すだけでお腹がすいてきちゃう!
また行きたい!
行くんだ〜!


チェーン展開しているお店と侮るなかれ。
このお店に来ると、悔しいけど認めざるを得ないんです。
とにかく何を食べても美味しいんだから。


この後もホテルに向かうまでウロウロして、
aqua」にも潜りこんでみました。

53アクア

普段はこんな素敵なロケーションのお店に行くことなど
滅多にないので、旅行先でこんな場所に来られたら
嫌でもテンションが上がります!



myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行(2016香港) 

2017年01月14日

ミシュラン2つ星でお手頃ランチ 香宮(香港/尖沙咀)

香港旅行記の続き。

2日目ランチはちょっといいお店を予約しました。
シャングリラホテル内「香宮(シャンパレス)」。

32香宮


さすがホテルのレストラン。
ゴージャスです、おじさん。
(どなたか存じませんが。)

33香宮


お店の中に階段ありシャンデリアあり、
さすがはホテルのレストラン。

33香宮2


店内はセレブな雰囲気のお客様が
多数いらっしゃいました。
旅行客とはいえ、カジュアルな服装で伺ってしまった私。
ちょっとお恥ずかしい。。。

34テーブル


コースは3種類のほどの中から
「料理長のおすすめランチコース」498ドルに。

最初に出てくるカシューナッツの
ロースト具合から高級感漂ってます。

35カシューナッツ


お茶は鉄観音茶をチョイス。

36お茶

こちらもいい香り〜。


仔豚焼きの広東風前菜の盛り合わせ
37前菜

仔豚の皮のこの上ないパリパリ感!
見てるだけで音まで聞こえてきそう!
うっとりしちゃう脂の甘みです。

逆から見ると、

37前菜2

テットドフロマージュのような豚の凝縮感。
こちらもおいしいけど、仔豚の皮への感動が強すぎて。


本日の健康スープ
38健康スープ

豚肉と何かの根菜のようなものがメイン。
最初目にしたときは、土っぽい色のスープに
食指が進まなかったものの、
豚のダシと野菜の奥深い甘みが効いた、
味わいも身体にやさしそうな健康スープでした。


海老となまこの内臓の黒トリュフペースト炒め
39ホタテ

なんて大きな海老!
弾くような歯ごたえ、ぷりぷり度もケタ違い!


なまこの内臓は貝のように風味が強く、
青菜の茎の強い歯ごたえとのコントラストが面白いです。

39ホタテ2

黒トリュフの香りがどこにあったかは
最後までよく分かりませんでした。
ここだけの話。


タラの切り身と豆腐のトウチソース蒸し
40魚

脂のよく乗った、タラというよりほぼ銀ダラと
しっかりめの固さのある豆腐。
トウチソースの存在感が強く、
各々それだけではぼやけた印象になってしまう
2つのメインをそれぞれに引き立てていました。
これ好き!


蟹肉と金華ハム入り黄金ビーフン
41ビーフン

とにかく香り!
蟹の香りを楽しむ麺。
炒り卵のふんわ〜り食感、金華ハムの強い旨み。
それらが合わさった絶妙なハーモニーは何よりの至福!

でもやっぱり蟹の香りと味わい深さが主役の、
贅沢すぎるパパッと麺料理です。


パパイヤとシーココナツのアーモンドクリーム蒸し
42デザート

パパイヤの強い甘みと
ココナッツアーモンド?の粉っぽいスープ。。。

ごめんなさい。
食べ慣れていないからか、私の口には合いませんでした。
今思い出しても不思議な食感だったなあ。


デザート以外は、どれも未だに記憶に残る
香りと歯ごたえ、味わい。
感動の連続、思い出に残るランチでした。


この後は、特にあてもなくふらっと街歩き。

44ロースト


こういうの、見ているだけで楽しいです。


46八百屋


魚はピチピチとまだ生きているものばかり。
流通はどんな風になっているんだろう?

45魚屋



そうそう、事前にどこかのサイトで
香港にはヨーロッパ産のヨーグルトが揃っていて
スーパーの品揃えが豊富!
と読んだのですが、

43ヨーグルト

確かに豊富。
でも香港に来たらとにかくお粥と飲茶三昧で
ヨーグルトを食べている余裕はなかった。。
もっとゆっくり過ごせたらなあ。


このまま街歩きや買い物などをしているとあっという間に夕方。
お腹がすいてきたので、夕食にしましょう。
それが楽しみで来ているような旅行ですから。

続きは次回!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 旅行(2016香港) 

2017年01月13日

冬の定番チャーシューエッグ&カキ 小田保(築地場内)

今年初の築地場内。
1ヶ月以上ぶりの「小田保」!

小田保170112


ただいま〜♪

という気分でした。
ちょっとご無沙汰しすぎて気恥ずかしいような。

席に着いたら、まずは
ホワイトボードのメニューをチェック。

黒板170112


心を強く揺さぶるようなレアメニューがあれば、
と思っていたのですが、
やはり今回は心に決めていたあの逸品を!


チャーシューエッグ&カキフライ1480円

チャーシューエッグ&カキフライ170112

おおおおおっっっっっ!!!!!

卵星人の心をがっちりつかんで離さない、
半熟目玉焼きと自家製とろとろチャーシューの
チャーシューエッグ

そして、この時期何をおいても欠かしてはならない
カキフライも添えて。

チャーシューエッグ&カキフライ170112_2

今シーズンのカキも大きいっ!
薄い衣がカリッと歯ごたえ良く香ばしく揚がり、
中のカキはとろっとろ。
お父さんの揚げるカキフライは最高です!


目玉焼きの火入れも絶妙。

チャーシューエッグ&カキフライ170112_3

こんなに最高すぎる朝はありません。


おいしくいただきました。
今年もお世話になります!


myturn1215 at 06:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) おいしいもの(築地)