2007年02月12日

イヒ・フレー

久々に新規開拓の成功。
日本橋、日本銀行のすぐそばの『IKH HUREE NIHONBASHI』(イヒ・フレー)に行った。

イヒ・フレー 玄関
























この辺りは時々通ることがあるが、
まさがこんな奥まったところにこんな名店があるとは!
まさに“隠れ家”的ロケーションだ。

店内はすっきりとしてシンプルなインテリア。
確か16席程度だったかな。
あとこじんまりとした個室もあり。

ランチは2種類。
■デジュネA 2,500円
 (前菜4種から1つ・主菜(魚・肉各2種から1つ)・デザート・お茶・お菓子)
■デジュネB 4,000円
 (前菜4種から1つ・魚・肉・デザート3種盛り合わせ・お茶・お菓子)

今回はデジュネAをお肉でチョイス。


前菜:ホタテ、海老、白身魚のムースのムニエル 海苔風味のヴィネグレット
    海老のチュイル添え

イヒ・フレー 魚介のムニエル


















ふわ〜っとした白身魚ムースの中にゴロンとしたホタテと海老が入っている。
添えられた岩のりのソースはあっさり爽やかで、
フレンチと言うより磯の香りのする焼き物、というイメージ。

添えられた野菜たちが新鮮な葉の甘みを感じさせてくれる。
サラダにも丁寧な仕事が施されている。

自家製パン
イヒ・フレー パン


















酵母から手作りというパンは毎朝焼いているそう。
小麦粉と同量の全粒粉で出来たシャンピニオン。
小ぶりなのでついつい進んでしまう。

主菜:仔牛ロース肉のグリエ レモンコンフィと生姜風味 
    カリフラワーとジャガイモのグラタン添え

イヒ・フレー 仔牛


















柔らかくジューシーな仔牛は
レモンの皮とほんのり生姜の風味で味が締まっている。

お肉もだけど、それ以上に嬉しいのが野菜。
添えられたブロッコリ、人参、芽キャベツ、インゲン、カリフラワーは
どれも素材の味が活きていて、食べていて幸せな気分になる。
契約農家から有機野菜を直接仕入れているそう。

肉の下に敷かれたポテトとカリフラワーのグラタンは柔らかく
ほどよく溶けたチーズが冷めても風味がしっかり残ってておいしかった。
何のチーズだったんだろう?

本日のデザート:リンゴのタルト、いちごをソテーしたもの、バニラのアイス
イヒ・フレー デザート


















あっさりめのアイス、温かいイチゴとタルトが対照的。
イチゴをこうしてソテーしただけで立派なデザートになるのには驚き。
タルトもカリッとした生地とリンゴの柔らかい果肉が一緒になって楽しい。

お茶とお菓子
イヒ・フレー ハーブティ


















お茶はコーヒー・紅茶・ハーブティーから選べる。
今回はハーブティー2種のうち、中国の緑茶をベースに
マンゴーの粉末とバラの花びらをブレンドしたもの。
マンゴーというよりも桜の香りがするのが不思議。

お菓子はシナモンの香りのパイ、チョコでコーティングされたアーモンド、
生チョコ、キャラメル味のガレット。

これだけいただいて2,500円はお手頃!
ランチはサービス料もつかないようだし。
欲を言えば、主菜のメニューにもう少し選択の余地があるといいのだけど。
肉・魚それぞれ2種類のみ、というのはちょっと寂しい。

夜は8,000円コース1本勝負。
うう、会社からも近いし行ってみたいけど
誰かを誘って気軽に、とはいかないなぁ。

myturn1215 at 22:20│Comments(0)TrackBack(1) おいしいもの(フレンチ) 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. くちこみブログ集(タウン): イヒ フレー(フレンチ) by Good↑or Bad↓  [ くちこみブログ集(タウン)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ ]   2008年04月19日 10:24
「イヒ フレー:IKH HUREE(フレンチ)」」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔