2009年06月23日

エディション・コウジシモムラで初ランチ

ミシュランで2つ星を取ってから予約が取りづらくなっている
六本木『エディション・コウジシモムラ』へ。

夕方から仕事が入っていたので、
早いうちに計画立てて予約したのが良かったのかも。
私には非常に珍しいことです。

席につくと、早速アミューズが運ばれた。

アミューズ2種
シモムラ アミューズ




















バジルと生ハムのミニバーガーとパルミジャーノを軽く焦がしたもの。
おいしいけど、強く印象に残る、というほどでもなかった。

さて、メニュー。
時間の制約があるので、余裕をもって
【前菜・魚・肉・デザート】のコースに。

野菜の前菜
シモムラ 前菜(野菜)




















何て色鮮やかな野菜たち!
目にするだけで気持ちが一気に明るくなる。

素材そのものの味わいがしっかりしていて、
ソースがなくとも十分においしくいただけた。

添えられているのはサクラマス。
これだけでも料理全体が華やいだ感じに見える。

パンは全粒粉のこんな感じ。

シモムラ パン




















個人的にはとても好みなんだけど、
これからどの程度の量が出てくるかわからないので、
あまり手を付けないようしばらく自制。

お相手は、フォアグラとイチジク。

シモムラ 前菜(フォアグラ)




















これもまた、躍動感のある盛り付け。
見るからに手を出したくなっちゃいます。
(出しませんでした。)

飲み物は、二人とも飲めないため、最近日本に入ってきたばかりという
フランス産の微炭酸水『Saint-Geron』。

シモムラ 水




















あまり飲み慣れていないのでコメントしづらいけど、
飲みやすかったのは確か。

続いては


魚:的鯛のフリット
シモムラ 的鯛




















カダイフという極細の麺状の生地をまとって揚げられた白身。
驚くほどにサックリと軽い食感。
それで中身はしっとり。

そして、フリットの下にはレモンのコンフィチュール。
この酸味と香りが、油っぽさを洗い流し
食欲を掻き立ててくれる。
緑のブロッコリーのソースも色鮮やか。

うまいなぁ。こういう組み合わせ。

肉:生後45日ほどの琉華豚のロースト
シモムラ 琉華豚




















さすが生後45日!
肉質が柔らかくてミルキー。
火入れも抜群で、これを【豚】と分類してよいものかと悩むほど。

細長いのは、皮の部分を脂でじっくり揚げてパリパリにしたもの。

いずれも一口一口を惜しむようにいただいた。

この仔豚さん、あと2切れほどあってもいいのになぁ。
食いしん坊な私には、この控えめな量に物足りなさを感じた。

デザート:生クリームを使わないガナッシュ
シモムラ ガナッシュ




















ガナッシュにオリーブオイルがかけられ、
さらに粉末状のカカオのソルベがテーブル上でふりかけられる。

このソルベ、まるで雪です!
口の中で柔らかな冷たさとほんのりとした甘みが心地よく、
さらっとしたパウダーは溶けるように消えていく。
こんな食感は雪以外、人生初です。

ガナッシュと一緒に、カカオウォーターも供された。

シモムラ カカオ




















言われてみれば、うっすらとカカオの味。
私にはちょっと大人すぎる味でした。

そしてデザートの後には、お茶菓子が。

シモムラ お茶菓子




















こんな色して、豆乳ともう1つ何だったか。
チョコではなかったのだが、意外な食材だったことは確か。

それから飲み物が。

予約時から楽しみにしていた、フレッシュハーブティ。

シモムラ フレッシュハーブティ




















これほどふんだんに生のハーブを使ったハーブティは
なかなかお目にかかれません。
3杯分ほど、ゆっくりゆっくり楽しんだ。

さすが評判どおりのお店です。
どの料理を取っても“ハレの日”の華やかさ、
サプライズと言えそうなほどの完成度の高さ、
組み合わせの意外性など、
一皿ごとにワクワクを満足を余すことなく与えてくれます。

ただ残念だったのは、
大食い食いしん坊にはちょっと物足りない量だったこと。
ビストロでもないので、量を求めてはいけないかもしれないけど
パンをもっと食べて調整すべきでした。

そして、サービスの方の応対が、
私からするとちょっとクールに感じられた。
これまでフレンドリーな雰囲気のお店にばかりお世話になってきたので、
やや距離感を感じる応対には少し寂しい気がします。

でも、ランチでこれだけの満足度であれば、
ディナーはもっと強烈な印象を受けるのだろうなぁ。
次の“ハレの日”はいつだろうか。


余談:
私の交友関係は決して広くはないのですが、
この日のお相手は少し珍しいつながりの方。
普段聞けない色々なお話はとても興味深く、
いつの間にか元気をもらえていた気がします。

私もまだまだ微力ではありますが、
人の気持ちを少しでも上向きに出来る人になりたいものです。

myturn1215 at 00:00│Comments(2)TrackBack(1) おいしいもの(フレンチ) 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. くちこみブログ集(タウン): エディション・コウジ シモムラ(フレンチ) by Good↑or Bad↓  [ くちこみブログ集(タウン)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ ]   2009年09月16日 23:16
「エディション・コウジ シモムラ(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

この記事へのコメント

1. Posted by ryuji_s1   2009年06月29日 13:10
エディション・コウジシモムラ
素晴らしいお店

嬉しいですね
お料理 美味しそうです
2. Posted by まいたーん   2009年06月30日 00:40
ryuji_s1さん
コメントありがとうございます。
ここで過ごせた時間は至福でした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔