2009年07月06日

冷たい贅沢 マーベラスクリーム

ある爽やかな午後、日比谷シャンテ目の前の『マーベラスクリーム』へ。


マーベラスクリーム 店内

確かここ、以前は美容院だったような。

ピンクと黒を基調とした、若い女の子が喜びそうな雰囲気。
このシートだって、確実に女子受けしそう。

マーベラスクリーム テーブル

男子は若干引く気がするが・・・。

でも、アイスクリーム屋さんって、
どんな人も子供に帰ったようなワクワクした気分になりませんか?

マーベラスクリーム 厨房

明るく楽しげでポップな雰囲気が、テンションを上げてくれる。

さて『マーベラスクリーム』の特徴は、
 ・北海道の生乳を使用した品質の高いアイスクリーム
 ・スポンジケーキ、マカロン、ブラウニー、フルーツなどを使用
 ・お客さんの目の前で完成させるエンターテイメント性

ハーゲンダッツ以来何年もアイスクリーム屋を訪れていなかった私には、
ほぼ浦島太郎状態でした。

メニューも豊富。
1つ選ぶのに時間がかかりすぎてしまった。
注文すると、-16℃の大理石の上で調理?してくれる。

マーベラスクリーム 作業中

ここでアイスとフルーツがミックスされ、
だんだんデザートらしくなってきた。

そして完成!
マーベラスクリーム 2種

これは完全にアイスの領域を超え、立派な“デザート”として完成。

早く食べたい!
この華やかな外見が大いに期待させてくれる。

私が注文したのは“ミックスベリーマリアージュ”。
マーベラスクリーム ミックスベリーマリアージュ

ホワイトミルククリームのアイスを基調に、
ストロベリー・ラズベリー・ブルーベリー・生クリームをミックスしたもの。

アイスが濃厚!
ミルキーさがたまらない。

−16℃の大理石の上で踊ったベリーたちがアイスと一体となって
口の中でシャリシャリと音を立てる。
なめらかなアイスとのコントラストが面白い。

思いがけず嬉しかったのが、甘すぎないこと!
種類によるのかもしれないけど、甘さひかえめな上
さまざまなベリーが飽きさせないので、
甘いものが苦手な私でも思いがけず完食。
量もちょうどいい感じ。

実はlivedoorの『店舗レポーター』に当選したから、
という理由で訪れてみたのだが、
まさかこんなにおいしいと思えるとは!

レポーターとはいえ厳しく率直に書くつもりだったのだが、
まんまとやられてしまいました。
これからの季節、買い物がてら行っちゃいそう。

ちなみにお値段、ワッフルボウル含め540円。
これは妥当なのでしょうか?
浦島太郎には見当がつかなかった。


そういえば、余談。

学生時代、アイスクリーム屋さんでアルバイトをしていました。
1時間おきにアイスの品質チェックをしていて、
ソフトクリームとアイスクリームを味見する、という特権つき。
それなのに今よりやせていたのは、“若さ”ゆえでしょうか。




myturn1215 at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) おいしいもの(sweets) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔