南無南無

1月に滋賀、2月は福島を旅してきた。

滋賀は、県の中心にある琵琶湖のまわりをぐるりと移動しながら楽しむ旅だった。
お隣の京都のようなTHE☆観光地というようなイメージの場所ではなかったので
どういうプランになるか最初は全然見えなかったけど、それ故に自分で開拓していく
楽しみがある有意義な旅になった。同じ滋賀でも湖のあっちとこっちでは雰囲気が
違う、というような発見があるのも、1都道府県を泊りでじっくり巡る良さだなーと。

憧れであり恐れの対象でもあった「鮒寿司」を体験したのも良い思い出。


福島は、会津・南会津の旅。東北で唯一未踏だった県で、長く訪れたかったけど
震災があってスケジュールが先延ばしになった場所だった。多少、放射線量の
懸念もあったけど会津が安全であることは事前に確認できていたので、
特に心配はしてなかった。風向きや天気で多少数値の上下はあるよう
だったので出発直前にも確認したけど、自分が普段暮らしているエリアと
変わらなかった。期待通り風光明媚な場所で、大満足の旅だった。
連休だったのもあるけど、観光客は多く感じたのでこの調子で賑わうと
いいなーと思った次第。しっかし寒かった!!!!人生史上最低体感気温!!!


詳細はいつも通りFlickrに写真をつっこんでます。

【滋賀編】



青とピンクの線が個性的な糸切餅が美味しかった




フィギュアで有名な海洋堂のミュージアムで絵付け体験。
旅の記念に糸切餅カラーにした。




鯖そうめん、とても気にいった!




滋賀に住むTwitterのフォロワーさんがわざわざ連絡をくださり、
滋賀銘菓とカイロのプレゼントをいただくことに。感激!!!
こういうのを女子力って言うんだと勉強になった。




琵琶湖に浮かぶ、浮御堂




お寺に泊まる「宿坊」に長く憧れていて、記念すべき宿坊デビューは由緒正しい
比叡山延暦寺になった。予想以上に良い部屋で"修行感"はゼロ!甘やかされたw




比叡山延暦寺の豪華な精進料理でさらに甘やかされる。




前日は晴れていた延暦寺が一夜明けると雪景色に。



【福島編】



駅の中に囲炉裏のある湯野上温泉駅。




にっぽん昔ばなしのような景色の大内宿




大内宿名物、高遠そば。箸じゃなくて葱で食べる蕎麦!(難しい!)




『八重の桜』がタイムリーでイベントも多かった鶴ヶ城




夜は会津特産の絵蝋燭を使った雪祭へ。この夜歩きで凍えた。半泣き。




NHKの番組で見て以来、訪れたかった二重螺旋構造を持つ「さざえ堂」。




赤べこ絵付け体験では、草間彌生トリビュート。




エッジーな渋さが素敵だった(そしてお湯も好みだった)東山温泉




続きを読む、の後は [観た映画リスト2013] 1・2月編。
続きを読む

あけましておめでとうございました

かつてblogに書いていたことをほとんどTwitterの方にダラダラ綴るようになって
こっちに書くことがなくなってしまい、映画と旅についてのみ記録するようになって
久しいのだけど、消したり辞めたりするのは寂しい気もするので超きまぐれに
更新して行こうと思う。今年もよろしくお願いいたします。

映画のログは、直近の投稿で7月まで書いてたみたい。ひでえw 昔すぎる…
でも、残りもつらつら記録はしてたので今日は12月分まで一気に載せる!

2012年は海外ドラマの消化量がいっきに増えたので、観る映画の本数が著しく減った。
その2年前から半分、また半分、って感じで減ってるみたい。ま、たくさん観ればいい
ってわけじゃないと思ってるので、見たいドラマに出会えたことはラッキーということで
結果的に、観る映画の本数が減ってもいいんじゃないかなーと思ってる。

とはいえ、観れば観るほど新たな知識が増えて刺激を受けることが出来るのも事実なので
今年は映画への比重を去年よりも気持ち大きくしてもいいかなーと思ってるとこ。
ずっと追っかけてきたドラマが何本か最終回を迎えたし。


旅については、今年もぼちぼち、いろんなところに行けたらなーと思う。
昨年末、いろんな事情で11月・12月と遠出しないことにしたんだけど、
それまで毎月どっかしら行ってたからリズムが崩れて予想以上に辛かったw
決して豪勢な旅でなくてもいいので良い意味でのアウェーを毎月楽しめたら、と思う。


1月は、早速だけど滋賀県に行ってきた。
なんで滋賀?と言われることも少なくなかったんだけど、答えとしては「滋賀に行く
必要があったから」。予ねてより書いてきたように、自分の中の目標として
「日本全国すべての都道府県、泊りがけの旅をしたい」っていうのがあるもんで、
引き続き今年もそれを進めるにあたり、滋賀に行く必要があったわけ。

滋賀には4年前?、出会って間もない会社の同期のまきちゃんの実家にいきなり
訪問するというオケージョンがあったので、実は宿泊は初ではなかったのだけど、
内容としては、綺麗なおうちで美味しいごはんをご馳走になって可愛い犬と戯れた後で
すぐに滋賀を後にして名古屋出張に行ったので滋賀の旅としてはノーカウント。
今回は「るるぶ」も買ってネットで予習してgoogle mapにピンを刺しまくり出発。

滋賀は、真ん中にドーンと琵琶湖を持ってるのでその周りをぐるっと周るような旅に
なりました。彦根→長浜→大津(比叡山)→近江八幡といった具合。とても楽しかった!

ここまで書いておいてアレなんだけど、写真をまだまとめられてないので
詳しくは次回紹介します。


続きを読む、からは 【観た映画リスト2012】8〜12月編。
続きを読む

ディーフェンスディーフェンス

ご無沙汰しております。

2012年残り2ヶ月弱とのことで元気にドン引きしてます。


最近の旅について。青森の後、山形と高知に行ってきた。
どちらものんびり良い旅だった。




山形から行ったので山形の観光地だと思いきや、宮城側だった蔵王のお釜w





玉こん、いっぱい食べた。見くびってた。超うまい。





このタイミングで行ったのは、芋煮会があったからだった。
昔から、テレビで報じられる芋煮会に憧れてた。





醤油イン





山寺にも行きました。いい眺め!




先月は、高知に行ってきた。大好きな四国も残るは徳島だけになってしもた…





龍馬プッシュすごかった!





龍河洞





カツオのたたき





ホエールウォッチング初体験



次の遠出はたぶん、12月。 スケジュール的に実現するかグレー。
先の楽しみがコンスタントにないと仕事がんばれない体質だから死にそう。



続きを読むを押すと、観た映画リスト2012 7月編。続きを読む

kidding

幸せになりたいけど 頑張りたくない ―忌野清志郎

こちらは変わらずやっています。



【最近のこと】

7月、本州最南端の山口県を旅した。
ほどよく遠かったので、大好きな飛行機に乗れたのが嬉しかった。
山口宇部空港ってあんまり使われないんだね。航空券のことを考えている時、
父に「山口宇部…!?みんな地下鉄で福岡に出て、北九州空港を使うよ!!!」と
力説されたんだけど、九州ってすごく感覚的に遠くて、結局出なかったw
特に帰路、私は早く東の方向に帰りたいのになんで西に行かなきゃなんないの
っていう思いが強くて、頑なに東へ東へ。

山口宇部空港は小さい空港特有のまったり感が魅力的で良かった。


8月は念願の青森ねぶた祭へ。なんやかんやで2〜3年流れてた計画だったので
「やっと」って感じ。青森もほどよく遠かったので飛行機に乗りたかったんだけど、
もともとJALしか飛んでないこともあってねぶた期間中の席は予約が光の速さで
埋まってしまい、新幹線を利用。でも、新幹線も切符も争奪戦でかなりピリピリした。

ねぶた祭は、想像していたよりもまったりしていて意外だった!
もっとガーッと、ワーッと、すごい勢いでねぶたの山車が動いて、
大変な喧騒の中で跳人がラッセラーラッセラーしてるのかと思いこんでて。
どうやら頭の中でだんじり祭とか、博多祇園山笠の印象と勝手に混ぜていたみたいw
風情があって穏やかな夏の夜祭だった。



博多祇園山笠 (これやばいね、あぶねー)




ねぶた祭




祭以外には、大好きなホタテを食べまくったり、白神山地を歩いたり、
人生初の混浴温泉に入ったり。酸ヶ湯温泉の千人風呂のことだけども、
それはそれは珍しい体験だった。温泉が販売している、湯船の中で着ててもOKの
ワンピースみたいなのを着て入ったんだけど、男女比が9.5:0.5みたいな状態で、
男性はこっちをガン見。男湯に誤って侵入してしまったとしか思えないアウェー感w

なんつーか、全裸男性をあんなに大量に見ることは今後ないだろうな、と。
若い男性は比較的気を遣って視線を向けてない感じがした。こっちもほとんど
男性を直視してないから雰囲気だけど、ガン見してくるのは中年以上の印象。

ま、何事も経験かなw 面白い思い出ができました。

詳細はいつも通りFlickrFlickrに写真をつっこんでます。


以下ダイジェスト

【山口篇】



そば寿司





錦帯橋





ふぐ





うに





瑠璃光寺



【青森篇】



ほたて




ねぶた




白神山地




アップルパイ





今週末は山形に行ってきます!



「続きを読む」からは [観た映画リスト2012]6月編続きを読む

しょりしょり

最近のこと

●映画館

ここ数ヶ月どうも足が遠のきがちだったけど、映画館に行く動機ができた。
→IMAX 3Dのクオリティーがやばい。まるで回し者のごとく、「娯楽大作はすべて
IMAX 3Dで是非観るべき」と断言できるくらい感心した。3D上映嫌いだったのに!
家で映画観るのは大好きだけど、IMAX 3Dのインフラはどうにもこうにもこっちから
足を運ばないといかんもんね。

アメイジング スパイダーマンで惚れこんだので、ダークナイト・ライジング、
プロメテウスは元々「劇場で観るかな〜」って程度だったんだけど、予定になかった
アベンジャーズまでわざわざ木場に行って観ようと思ってます。


●旅行

5月、草津温泉・伊香保温泉に行ってきた。長湯が苦手でシャワー派なので
温泉っ子じゃないのだけど、いろんな個性を持った、清潔な共同浴場が無料で入れる
っていうのがスタンプラリーみたいで楽しいなと思って草津へ。伊香保はおまけ。

温泉の中でも熱めのお湯で有名な草津では、のぼせるどころか熱すぎて膝までしか
浸かれないお風呂があったり、湯の花で滑ってお風呂で湯船にひっくり返ったり
いろいろあったけど、とても楽しかった。基本、カラスの行水で次から次に
伊香保と合わせて11回入浴した。

6月は埼玉に行ってきた。埼玉とか超近いし、別に家に帰っていい距離なんだけど
わざわざ川越で1泊してきた。なぜかというと、ブログのサイドバーにも
ウィジェットを貼ってるけど、日本全国例外なく住むか泊りがけの旅行をしようと
思っているから。近くて盲点だったけど、なかなか味のある場所だったよ。
盆栽美術館がかなり良かったし、コアラとナマケモノがいるし。

結構うまってきたけど西日本がやっぱ距離的な遠さもあって手がまわってないね。
7月は山口県に行ってくる。気分的には四国のムードが恋しかったんだけど、
残り2つしかないからお楽しみに取っておく。


旅の写真はいつも通りFlickrに置いてあるので、お暇でしたらどうぞ。


以下ダイジェスト




草津温泉の湯畑




白根火山 湯釜





温泉落語





でっかい露天風呂いちばん乗り





埼玉県立こども動物園は楽しかった











埼玉に行った目的のひとつは、珍しいローカルうどんがあること。





続きを読む、からは『観た映画リスト2012』 5月編。続きを読む

おお。

最近のこと。うはあ、もうすぐ6月だあ。


●富山に行ってきた(後述)

●huluの会員登録しようか迷ってる。したら最後、廃人になるかもしれない!

●グンマーにも行ってきた、が、戻ったばかりで写真もバラバラなので話は改めて。

●ヒカリエと東急プラザは行ったけどスカイツリーに行けてない。行きたい!

●ダイビングの免許とってみたいな、って10分前に初めて思いついた。ほんとに。

●冬に九州方面に行きたい。

●断食道場か宿坊にも行きたい。



4月に行った富山の写真はいつも通りFlickrに置いてあるので、お暇でしたらどうぞ。





日本の三大大仏のうちの1つにカウントされるらしい高岡大仏。凛々しいお顔!






早朝、氷見漁港で食べた超新鮮な魚介。美味しすぎて悶絶。





国宝 瑞龍寺。周囲の建物が景観を邪魔しないおかげで素晴らしい雰囲気。





夜に食べたホタルイカのお寿司。透き通ってた〜!





雪の立山ウォーク。壁すごかった。





白海老天丼 まじうま





世界一のロケーションではないかと言われているスタバ





富山と言えば鱒の寿司。



「続きを読む」からは "観た映画リスト2012 4月版"。続きを読む

C'est le printemps!

食べ物から感じとる春の訪れがいちばん好き!ただの食いしん坊!

再来週、春の訪れを告げる特別な食材、ホタルイカが有名な富山に行ってくるよ。
この時期しか楽しめない旬物なので非常に楽しみ。漁船にも乗っちゃうよ!

富山に行く目的はホタルイカだけじゃなくて、雪の壁が両脇にそそり立つ道、
立山黒部のアルペンルートを歩くのがクライマックス。
あとは日本三大大仏のうち唯一見ていない高岡大仏(とてもイケメンとの噂)が
とても楽しみかな〜。


3月の終わりには愛媛に行ってきた。四国、2県目。私、四国好きだと思う!
旅は、どこであろうと「行ってよかった〜」って思うんだけど、今回は特に気に入った。
普段はわりと旅の行程を詰め込みがちなんだけど、今回はのんびり気味の旅で
ふわぁ〜っと愛媛の空気を楽しむことができた。暇に感じるかな?と思ったけど
居心地がよかったのでリラックスできた。たぶん、今回長い時間を使った
道後温泉がほんとに素敵だったからだと思う。

写真はいつも通りFlickrに置いてあるので、お暇でしたらどうぞ。




愛媛といえば柑橘類!いたるところに色々な柑橘類のスイーツがあって
フルーツ好きにはたまらなかった。これは松山城で食べた伊予柑ソフト。




坊っちゃん列車に乗った





愛媛の郷土料理はどれもすんばらしく美味しかった





『千と千尋の神隠し』の湯屋のモデルと言われている道後温泉本館。





温泉の桶をモチーフにしている桶料理がかわいい♪





とべ動物園にも行った。このオランウータンを見るために!



四国の未経験地、徳島&高知も楽しみだなぁ〜
どの季節に行くか非常に悩んでるところであります。


「続きを読む」の後は、観た映画2012の3月編。
続きを読む

はままつ

先日、静岡を旅行してきた。
静岡と言っても結構広く、今回は1泊2日の旅だったので、浜松の方だけ
うろうろして鰻を食べたり鍾乳洞で滑って転んだりした。



ohhhh yes...



浜松からJRで東に少し移動して掛川でフラミンゴをストーキングしてみたり
袋井で「たまごふわふわ」というなんともダイレクトな名前がついた
ご当地料理を食べたりもした。いやー、でもやっぱ実際に食べてみて
「私だったらなんて命名するかな」って考えたら「たまごふわふわ」だったよね。



水かきがまじかわいい。 ぺち。




ほわわ




最近、遠くに出かけると近くの水族館か動物園を必ず確認するようになって
自分のことながら「わたし動物好きキャラだったけ」って不思議なんだけど、
たぶん結果的には動物が好きってことなんだろうなあ。
というか厳密には「珍しいものはなんでも好き」って感じで、非日常に区分
できる事象は何であろうとウェルカムだわ。
要は、会社にないものは何でも気分転換になるってこと。



オフィスにはいません



些細なことだけど「うなぎパイってこんなにナッツナッツしてたのか」的な
気づきもあったりした。(←この「気づきがある」っていう言葉が本当に嫌い)
なんか頭の中で源氏パイと混ざってたみたい。工場見学で食べてびっくり。


写真はいつも通りFlickrに置いてあるので、暇つぶしになるようでしたらどうぞ。
鰻まーじ美味しかったよ。ちょっとイラッとするくらい美味しかった。


さて、3月はどこに行くかと言うと愛媛県。完全に新規開拓!
西日本有数の大きくて内容の濃い動物園、とべ動物園にも行く予定。
カバに餌付けできるし、オランウータンは空中散歩するの。

カバに、餌付けができて、オランウータンが、空中散歩。

大事なことだから2度書きました。

や ば い で しょ!?


以降、「続きを読む」からは映画の話。

■観た映画リスト2012 (2月)続きを読む

ばーん!

なんかいろいろ潮時かなーと考えている、今日この頃。

いろいろ考えるところがあるんだけど妙に覇気がなくて自分からいろいろ
動かすとこまで行けてない。なんか誰か一石を投じてくれないだろうかw


●宝塚を生まれて初めて見た

中高の同級生が高1の時に宝塚音楽学校に転校して、その後花組に入団して
活躍していたんだけど、退団が決まったということで友人にチケットを
手配してもらって見てきた。

演劇はとても好きでよく観るんだけど、宝塚は一種独特の雰囲気があって
なかなか手が出なかった私。いろいろお作法があってファンの人たちの
パワーが強いと聞いていたのでドキドキしてたんだけど、なんかもっと
リラックスして観てもよいものだったみたい。思ったよりすんなりいけた。

その旧友とは11年くらい会ってなかったので、がっつりメイクを施された
大勢の中から探し出せるかめちゃくちゃ不安だったんだけど、案外わかる
もんで感慨深かった。顔も声も、昔のままだった。相変わらずお綺麗。

トップスター、とされる存在とその他の人は格が違うっていうことは
なんとなく知ってたんだけど、私の旧友はただの"その他大勢"ではなくて
扱いはかなり大きく、ファンも大勢ついている存在だったと知って感動。
足を踏み入れるだけでも大変な世界において、一定の結果を残せるなんて
すっごいなぁーと感心。珍しいものを見せてもらった!


●静岡に行ってくるんだよ

日本地図塗り潰しプロジェクト(泊りがけの旅行したことがない都道府県を
なくす)の一環。厳密には熱海とか何度も行ってるんだけど、親主導の旅行
なのでなんとなく自分の意思をもって旅をしたという手ごたえがないため
ノーカウントとした。ストイックで偉いでしょw

静岡は横に長いので短い日数で主要観光地を網羅することは難しく、
今回は浜松をメインにした旅。「たまごふわふわ」を食べるためだけに
袋井も訪れる予定。他には、うなぎパイ工場見学、鍾乳洞、楽器博物館、
砂丘、うなぎ、餃子、ブラジル料理なんかをキーワードとして遊ぶ予定。


以下、「続きを読む」からは観た映画リスト2012年版。
続きを読む

あけて、香港と京都。

年末の更新が最後だったのを忘れてました。
今年もぼちぼち、出かける報告と、帰ってきた報告、観た映画の話がメインの
blogになってしまいそうだけど宜しくお願いします。


さて1月ももう終わりそうですが、今月は香港と京都に行ってきましたよ、と。
香港は旅行っぽい旅行だったんだけど、京都は大学で和弓をやってる妹が
三十三間堂で「通し矢」という行事に参加したので「珍しい機会だから見せてよ」と
いうことで、両親・叔母と勝手に押しかけただけのことです。

共に写真はいつものFlickrに置いてあるので、暇つぶしになるようでしたらどうぞ。

以下、ダイジェスト。


【香港編】

香港は、とりあえずずっと何かを食べてました。
なるべく電車に乗らずに腹ごなしに歩きまくり、歩いては食べ、歩いては食べ。



映画のセットみたいな街並みで、最初はちょっと感動しちゃった。



香港ごはんは海老ワンタン麺からスタート。



すごいビル(と呼んでいた)



小鳩のロースト



モダンなデザインのビルもたくさん



深夜、貝をつまみにビールと紹興酒エンジョイ



戸数の桁が違った



最高の朝粥



文鳥占い。くちばしでおみくじみたいなの引いてくれるw



今回、マカオにまでは行かなかったので、香港で食べられる
美味しいエッグタルトを綿密に調査して行った



今回の旅で一番美味しい食事をしたお店



そこで食べた、最高に美味しい料理


今回胃袋のキャパが足りなくて断念した食べ物がまだまだたくさんあるし、
世界中のディズニーランドを制覇したいという夢もあるので、また再訪したい!


【京都編】

京都は1泊2日でほとんど通し矢に時間を割いたのと、ガイド役として責任があって
キョロキョロしながら写真を撮りまくる心の余裕がなかったのか、枚数少なめ。



南禅寺で食べた湯豆腐



猫ちゃんによく会った



通し矢 男子の部



通し矢 女子の部



亀屋良長のお饅頭



瓢亭別館で松花堂弁当




全国の弓道人口がどの程度か知らないけど、妹が大学で数あるサークルの中から
和弓を選んでくれたおかげでとても珍しい行事を見学する機会に恵まれた。
親と遠出するのもかなり久々だったのでとても良い思い出。

しめます

今年最後の更新です。1年間お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

年始は3日まで休みで、4〜6日は仕事してるフリを頑張って、
7〜10日で香港に行ってきます。11〜13日は再び仕事してるフリを頑張って、
14〜15日で京都に行ってきます。

今年観た映画、締めますね。去年の半分以下になったよ。

■観た映画リスト2011[11・12月の記録]
続きを読む

パワー!

1年早かったー。ていうか下半期が一瞬だったー。

今年は意識的に国内あちこちに出かけた1年だったんだけど、
年内最後の遠出はつい先日終了しまして。草津温泉で湯めぐりが締め行事の
予定だったんだけど、当日の予報が氷雨だったので、湯冷めリスク回避のため
天気がいいエリアを選びなおして山梨の石和温泉に行ってきた。
その1週間前には広島に行ってきた。共に1泊だったけどタイトに楽しめて良かった!

来年のプランもチラチラ決まってるけど、回数減らしてもいいから海外行きたいな〜。
日本で泊まったことのない都道府県をゼロにするっていう密かなトライアルも
続けていきたい。結構まだ残っているのだ。

以下の写真たちは広島・山梨のダイジェスト。すべての写真はいつも通りFlickrにあるじょ。


[広島篇]



厳島神社




もみじまんじゅう作った。




冬の広島を選んだ理由




原爆ドーム




oh yeah




就航して間もないANA ボーイング787機に乗った!トイレに窓!



[山梨篇]



信玄餅アウトレット




oh yeah その2。右はレギュラー。左はプレミアム。私はレギュラーが好きよ。



結果的に貸切りになった石和温泉




ハイキングに行ってロープウェイに乗ったら富士山きれいすぎワロタ
(見えると知らなかったからひどく動揺した)




しばらくうどんの波が続いてたけど、蕎麦、きちゃったかも
(腹もちが悪いのが唯一の難点)




話は変わるけど、今年は例年に比べて観た映画の本数が少なくなりそう。
去年、ちょっと意識的に本数攻めたってのもあるんだけど795本観てた。
でも今年は330本行かないかもしれない。ドラマが充実してたぶん
映画に手がまわらなかったみたい。願わくば、仕事から帰ってもうちょっと
元気にあれこれやる時間があったらなーと思うね。本とかも読めてないし。
夜3〜4時間睡眠で問題なく活動できるのは得した気分だったけど、
やっぱ長い目で見て体によくないだろうし、もうちょいゆとりがほしい。

「続きを読む」から映画ログの続き。


■観た映画2011 [10月の記録]続きを読む

観た映画9月

だーいぶ更新さぼっちゃって特にネタもないので映画のログだけ更新する。
今年は追っかけてる海外ドラマが多いせいか去年の半分くらいの本数になりそ。


213. スプライス
予備知識なしに観たんだけど、勝手な想像よりも金のかかったSFホラー
って感じだった。科学者が軽い気持ちで暴走して実験的なことをして
最初は良かったけどあとで酷いしっぺ返しをくらうくらう系。
恋人同士の科学者を演じたエイドリアン・ブロディとサラ・ポーリーが
動物と人間の交配種に翻弄されるんだけど、とりあえず妙なエロさが
あって独特の雰囲気だった。不快ではなくて、不気味な感じ。妙に
クリーンな感じはあって悪趣味ではないんだけど薄ら寒い。

214. ニュームーン/トワイライト・サーガ
前に観たんだけど記録してなかったようなので、シリーズ3作目を観るに
あたって復習した2作目。この映画を観ると、自分が若くないことを
意識するw もはやついていけないノリ。何も起きなすぎる。ただただ
恋人が好きなだけで2時間もつって感じ。年とるとそうも行かない。
好きなだけじゃ一緒にいれないしねw ヴァンパイアとか狼男とか
いろいろあるけど、それは要素ではなくて雰囲気作りのアクセサリー。
恋のライバルみたいな新キャラの狼男がまったくタイプじゃないのも
きつかった。田舎の老けた中学生みたい。(私、刺されるのかなww

215. エクリプス/トワイライト・サーガ
上記ニュームーンに続くシリーズ3作目。前作よりはテンポよく進んだ
気がするけど、まあ、そこそこ。三角関係のじりじりした感じが加速した
のでさぞかし全米のティーンは没頭できたのだろうなと思いつつ鑑賞。
基本つまんなかったけど(←結論)、一箇所、バンパイアに体温がない
設定を生かした展開に妙に感心しちゃって、「うまいww!」と拍手した
ことは記録しておこうと思います。

216. ずっとあなたを愛してる
息子を殺した罪で服役後、出所して妹の家に身を寄せることになった
元女医のクリスティン・スコットトーマスが、最初は心を閉ざしていて
ドヨーンとしていたんだけど徐々に周りの人に心を開いていって、
息子殺しについての"驚くべき真相"について明かすという話。かなり
重苦しい時間が長かった上、息子殺しの真相が何ともお粗末で、結構
「ええええ」って感じだった。向こうは「どうよこの"驚くべき真相!"」と
得意げだったんだろうけど、詰めが甘すぎ。

217. ディープ・エンド
悩める母の映画が続いた。ティルダ・スウィントン演じる普通の主婦が
悪事を働いた息子をかばうため証拠隠滅を図っていろいろやるうちに
深刻な事態に陥る話。エグい展開になるかな?と構えてたけど、予想
よりは恙無く終わった。あと、T・スウィントン、ぶっ飛んだ役多いし
本人がぶっ飛んでるからなんとなく「等身大の主婦」に違和感があったw

218. クリスティーン
S・キング原作小説の実写化。いじめられっ子の少年が貯金をはたいて
手に入れた赤いボロボロの車が、自らの意思を持っていじめっ子に
復讐する殺人マシーンになる話。キング作品好きなんだけど、たまに
なんでこれを映像化しようと思ったんだろうっていうの、あるねw

219. 生きてこそ
ラグビーチームを乗せた乗員乗客45名のウルグアイ空軍チャーター機が
アンデス山脈に衝突、墜落して厳寒の山脈で72日間の生存を果たして
生還した16人についての実話ベースの映画。途中、先に亡くなった人の
遺体から肉を取って食べて飢えをしのがざるを得なかったことがかなり
センセーショナルに報じられた事件なんだけど、実際そこはポイントじゃ
なくて、むしろ他のシーンの方がいくつも印象に残った。てか72日間、
長いよ!!!!ほんと奇跡としか言いようがない。

220. インシディアス
『ソウ』シリーズ1作目でコンビを組んだJ・ワンとリー・ワネルが再び
タッグを組んで、さらに『パラノーマル・アクティビティ』のO・ペリが
製作を担当!というホラー作品。幼い息子と若い夫婦の3人家族が
新居で怪現象に悩まされて大変なことになる、という話なので、あえて
言えばパラノーマル〜寄りの話。ところどころゾッとするところが
あったけど、まあ、教科書的なお化け屋敷系ホラーって感じ。音響が
やたらデカいっていうw ドン!!ギャーン!!ジャジャジャ!!

221. すべて彼女のために
ラッセル・クロウの『スリー・デイズ』のリメイク元ネタ仏映画。
冤罪で投獄された妻を救うために東奔西走する夫を描いた話。
ほぼほぼオリジナル通りにリメイクしたんだなーとわかった。
でもなんかやっぱフランスの方が閉塞感は強めで、埒が明かないことに
対するストレス指数も高かった。ラッセル・クロウはさ、なんか最後に
力わざでグイッとどうにでも出来ちゃいそうな迫力があるけどもw、
オリジナルの旦那さんってすごく、フツーのパパなの。だから余計に
悲壮感が漂ってていろんなトラブルにハラハラ。

222. デンジャラスな妻たち
ダイアン・キートン、ケイティ・ホームズ、クィーン・ラティファ共演の
クライムコメディ。それぞれ違う事情があってお金がほしい3人が
協力して、銀行で裁断・廃棄される古いお金を盗んじゃう話。
D・キートンって、なんか妙にチープなタッチの映画にばかり出てるけど
いいのかなぁって思う。もともとシリアス系ではないけど、もうちょっと
出し惜しみしていいくらい大物だと思うのだけど。

223. チェイシング・エイミー
長く名前は聞いていてそれとなく「おもしろそうだなー」と思って
たんだけど、そうでもなかった。エイミーっていう女性にゾッコンの
ベン・アフレックの話なんだけど、私にはエイミーの魅力がわからず。

224. ニュージーズ
ディズニー製作のミュージカル。子役時代のクリスチャン・ベールが
歌って踊ってるという理由だけで観た。間違いなく、歌って踊ってた。
特別輝いてなくて可もなく不可もないレベルだったけど、今のイメージ
とはかなり違うものだったので貴重なものが見られたかも。

225. 見えない恐怖
盲目の女性、ミア・ファローが叔父の家を訪ねて数日滞在することに
なるんだけど、叔父一家が殺害されて、M・ファローは盲目という
状況で犯人に追われることになる話。M・ファローが上手いのと、
恐ろしい状況が巧みに作られてるのがすごい。要は、家の中は
明らかに惨い情景なんだけど、M・ファローはそれに気づくのに時間が
かかる。その見えないことの残酷さと、気づくきっかけが怖い。

226. 女神が家にやってきた
仕事一筋で妻と離婚調停中の堅物弁護士のスティーブ・マーチンが
出会い系サイトで自分と似たような性格で洗練された雰囲気の弁護士
の女性に出会って、実際に会うことにするんだけど、会ってみたら
実物は超ファンキーな女脱獄囚のクイーン・ラティファだったって話。
まあ、想定の範囲内な展開で。

227.スリーメン&リトルレディ
スリーメン&ベビーの続編で、赤ちゃんが少し育って可愛い女の子に
なってて、その母親がいけ好かない男と結婚しようとするのがどうも
気に食わない、前作から同じ男3人衆って感じ。まあ、想定の範囲内(再)。

228.アンソニーのハッピー・モーテル
ウェス・アンダーソン監督デビュー作。ルーク&オーウェン・ウィルソン
兄弟のゆるーい話。ロイヤル・テネンバウムスやライフ・アクアティック
に至る前段階なのでまだ荒削りというかちょっとダラダラしてる。
あんまり面白くはなかったかな。

229.本を作る男
「世界一美しい本を作る男」と称されるゲルハルト・シュタイデル氏と
彼の出版/印刷会社、Steidl社についてのドキュメンタリー。本の紙質や
インクの色・香りから何から何までこだわってこだわって作られる本。
Steidl社の本だけを集めるコレクターもいるそうで、まさに「職人技」と
いった美しさの本は見ているだけでクラクラしそうだった。ただ綺麗な
だけではなく本が持つメッセージを意識したデザインなので、ソフトと
ハードがひとつにかみ合う仕組みになってる。超かっこいい。

230.ハーモニーベイの夜明け
ルワンダの密林で2年間失踪してた人類学者のアンソニー・ホプキンスが
殺人犯としてハーモニーベイ刑務所に収容されて、頑なに口を閉ざす彼に
精神鑑定士のキューバ・グッディング・Jrが辛抱強くアプローチして
いったいルワンダで何があったのかを聞いていく話。A・ホプキンスは
いつものあの感じでまあいいとして、C・グッディング・Jrってなんか
悪い人じゃないんだろうけどどこか織田裕二的っていうか、いつも
判を押したようにグッディング・Jr色だなと思う。若干、暑苦しいw

231.チャットルーム
仮想空間での人と人の繋がりを実写化するっていうアイデアは悪くない
レベルだったんだろうけど、そっから広がらなかった映画。若者が自分の
辛い境遇を吐露し合うチャットルームでの出来事なんだけど、映像では
若者が1つの部屋で輪になって座って話をしてるような演出になってる。
イジメを告白した子をサポートしてると見せかけて自殺に追い込んで
自殺の瞬間を実況中継させるのが趣味っていうとんでもない青年が
物語のキーではあるんだけど、あんまり設定が生かされてなくて
なんだか盛り上がりに欠けた。意図的にポップに仕上げた雰囲気も
安っぽさの方を強く感じたし。

232.ジャッカルの日
R・ギアとB・ウィリスで作られたリメイク『ジャッカル』の元ネタ。
とはいっても結構違う話だったけど。シャルル・ド・ゴール大統領暗殺を
請け負った殺し屋"ジャッカル"と、それを阻止するようフランス警察に
全権を委任された警視の戦い。あんまり派手さのない戦いで渋め。
おじさま向きの小説みたいな男臭さ。

233.ヤギと男と男と壁と
邦題を千原Jr.が考えたっていう件を聞いたから余計にそう思うのかも
しれないけど、この邦題はあんまりしっくりこないと思う。こんな、
スカした映画じゃないんだよ。「俺、センスえ〜やろ〜」っていうのが
聞こえてきそうな邦題でがっくし。映画自体は、名の知れたいい大人が
大真面目に、でも真剣に馬鹿なことしててウケた。ジャックアス的な
馬鹿ではないんだけど、ある意味、よりヤバい。ケビン・スペイシーが
馬鹿になるとこうなる、っていう。

234.shot/ショット
ウルグアイ発の"前編がワンショット映像"が売りのホラー。父娘が
リフォームのために山奥の古い家屋に前泊で一晩泊まることにしたら
怖いことになったって話なんだけど、やっぱワンショットだと展開が
超間延びするのと、ずっと夜なのもあってひたすら暗くて単調だった。
企画は面白いし雰囲気も出来上がってるんだけど、盛り上がりに欠けた。
でもこういう出オチ映画は、たとえ出オチでもどんどん出すべきだと
思う。一瞬でもハッとするのは楽しいし、試行錯誤してるうちに
すごいのが撮れるかもしれないから。(謎に上から目線

235.猿の惑星 創世記
賛否両論あったけど、私はわりと好きかな。旧作との繋がりの強さを
どの程度とするかによると思った。私は旧作に強烈な思い入れはない
からこれでもOKだと思うけど、人によっては抵抗あるかもしれない。
ただ、オマージュというか、猿の惑星っていう過去のモチーフを使って
大胆に新しいものを作るコンテストがあったとしたらこの映画は結構
評価されていいんじゃないかと思う。

236.バラ色の選択
一流ホテルで優秀な接客係をしてるマイケル・J・フォックスに「自分の
ホテルを建てる」っていう夢があって、あとは支援者を見つけるとこまで
来たんだけど、興味を示してくれた実業家の愛人と恋に落ちちゃって、
夢か愛する女性か悩むことになるラブコメ。G・アンウォーが超美人。
だいぶ前に観たんだけど記録忘れ。

237.セットアップ
50cent、ブルース・ウィリス、ライアン・フィリップ共演のアクション。
邦題変わるかも。親友だったR・フィリップに裏切られて宝石強盗犯
として刑務所に入ることになった50セントが、出所後B・ウィリス演じる
マフィアのボスと渡り合いながら復讐を開始する話。50セントって
結構繊細な演技するからニヤニヤしちゃう。役者に絞ったらいいw

238.小さな泥棒たち
父親の失業によって新居から追い出されることになった5歳と7歳の
幼い姉弟が、銀行に仕返しをするために銀行強盗をする話。ラトビアと
オーストリアの合作。こどもかわいい系おしゃれ映画。

239.青いパパイヤの香り
とても有名だけど、アジア映画は西洋映画より手が出にくくて後回しに
なってたトラン・アン・ユン作品。フランス・ベトナム合作で舞台は
ホーチミン。瑞々しい映像が綺麗だし、ご飯がめっちゃ旨そう!
重苦し過ぎる展開もなくて、気に入った!

240.ポリーmy love
日本ではビデオスルーされたラブコメで邦題もナメてるんだけど、結構
掘り出し物だった!フィリップ・シーモア・ホフマンとハンク・アザリア
っていう芸達者すぎる脇役2人がやばい。床で滑って肩から転ぶ
フィリップ・シーモア・ホフマンを観た瞬間、私は笑うより先に感動で
悲鳴と共に拍手してた。 主演はベン・スティラーとジェニファー・
アニストンなんだけど、脇役が最高に光ってる映画。

241.ザッツマジックアワー ダメ男ハワードのステキな人生
なんで観たかな、って思ったらエミリー・ブラントが出てるからだった。
トム・ハンクス製作総指揮で、コリン・ハンクスが主演。法律学校を卒業
したばかりの主人公が、法律家を諦めて落ち目のマジシャン(マルコビッチ)
のアシスタントとして働き始める話。ちょっと展開が地味かな。

242.Mr.ウッドコック−史上最悪の体育教師
過去の辛い経験から自分を解放する自己啓発本でベストセラー作家に
なった主人公(ウィリアム・スコット)が久々に里帰りしたら、未亡人の母
親(スーザン・サランドン)が、少年時代に自分を苦しめた張本人である
体育教師(ビリー・ボブ・ソーントン)と婚約してたことから再対決が
始まるという話。B・B・ソーントンってなんかじっとりしてて苦手なのと
笑いのツボが違って楽しく見られる映画じゃなかったかなって感じw

三重県上陸

台風じゃなくて。私が。


三重を旅行してきた。伊勢、二見浦、鳥羽をぶらぶら。
外宮・内宮を2日に分けたお伊勢参りが軸で、あとは水族館と食べ歩き。
1泊だったけど比較的のんびりした旅で良い気分転換になった!

写真はいつも通りFlickrにつっこんでありますのでお暇でしたらどうぞ。

以下ダイジェスト。



外宮の正宮。離れた内宮の方にお尻を向けても無礼じゃないように、衝立がある。




太くてふわふわの伊勢うどん。好き嫌い分かれると聞いてたんだけど、クリーンヒット。




まぜまぜしていただきます。ほんとに気にいった。




伊勢と言えば赤福。夏季限定の赤福氷をいただいた。




二見シーパラダイスでツメナシカワウソに魅了された。かわいすぎる。




ツメがなくてやわらかーい手で握手してくれるw




セイウチがよく調教されていて、触れた。




夜はぷりぷり伊勢海老。




2日目の朝は、赤福本店で出来たて赤福を。




内宮の正宮。階段の下からしか撮影してはいけない、神聖な場所。




海がきれいな鳥羽に移動して、鳥羽湾めぐりのクルージング。




あわびとか食べたり。




2日目も別の水族館へ。結構みんな寝てた。




三重県はセイウチを上手に調教するカルチャーなようです




最後の食事は松坂牛の予定だったんだけど、暑さにバテたので再び伊勢うどん。
とても気にいったので後悔はなかった。良い出会いでした。




10月は、群馬県を始めて旅行する予定。草津温泉と伊香保温泉に行く。
裏目的としては、日本三大うどんのひとつ、「水沢うどん」を食べるってのがあります。

うどん、よほど好きなんだね、私。(ひとごと)




-----自分用旅行メモ------


完全ノータッチ:
山形、福島、(群馬)、富山、静岡、鳥取、島根、
(広島)、愛媛、高知、徳島、山口、佐賀、宮崎、鹿児島、沖縄

再訪が必要:
青森(修学旅行の記憶がほぼない)
新潟(スキーとフジロックに行っただけ)
山梨(山中湖と八ヶ岳に行っただけ)
滋賀(会社の同期の実家に行っただけ)
和歌山(会社の同期の実家に行っただけ)
福岡(修学旅行の記憶がほぼない)
大分(法事の時に親戚の家に行くだけ)
長崎(修学旅行の記憶がほぼない)

ホエイパウダー

今年も残り4ヶ月ってねえ。すごいわねえ。
日々、楽しいことが1つでも多くありますように。

三重旅行まで10日きってる!お伊勢参りメインで、あとはいろいろ食べる予定w

ステレオタイプな旅行が好きなので、赤福、伊勢海老、松坂牛を楽しみにしてるw
コシがまったくない(←あえて)のが特徴で好き嫌いが大きく分かれるという噂の
伊勢うどんもひじょーに楽しみ。好きだといいなー。

11月は広島に行くことが決定。前から行ってみたかったのでとても嬉しい。
宮島→広島シティの流れ。広島自体もさることながら、今回は帰りの飛行機が
11月1日に就航するANAボーイング787便になることがめちゃくちゃ楽しみ。
まだ羽田・岡山間、羽田・広島間の往復1便ずつしか導入されないので
うまいことタイミングが合わせられてドキドキしてる。広くて快適とのこと。


2011年は自分の中で「国内旅行強化年」なので、積極的に行ったことのない
都道府県を訪れてきた。1月にアメリカに行って以降はずっと国内。
大震災があったので、長く行きたかった福島にしばらく行けなくなったのは悲しい。
その後もどうしても東京以西に偏りがちなんだけど、それぞれ互いに近いようで
かなり異なる雰囲気があって、国内旅行も大変奥深いなぁと思った。
なんか早くも1年のまとめブログみたいになってて自分でウケてるけどww

秋田、岡山、熊本、香川、京都、三重、広島。あと1箇所くらい、冬を楽しむ旅がしたいな!


ところで。


こないだ、日本の都道府県全制覇はどれくらい遠いんだろうと考えた。
旅行したことない場所をリストアップしたんだけど、超たくさんあった上、
行ったはずなのにそれを忘れてた場所まであった。もったいない。

完全ノータッチ:
山形、福島、群馬、富山、静岡、三重、鳥取、島根、
広島、愛媛、高知、徳島、山口、佐賀、宮崎、鹿児島、沖縄

再訪が必要:
青森(修学旅行の記憶がほぼない)
新潟(スキーとフジロックに行っただけ)
山梨(山中湖と八ヶ岳に行っただけ)
滋賀(会社の同期の実家に行っただけ)
和歌山(会社の同期の実家に行っただけ)
福岡(修学旅行の記憶がほぼない)
大分(法事の時に親戚の家に行くだけ)
長崎(修学旅行の記憶がほぼない)


可視化するとプランしやすいな!わくわくしてきた!



続きを読む、の後は『観た映画リスト2011』の7・8月版。

続きを読む

俺とお前と大五郎

月末業務でした。移動後初の月末だったけど前の部門の残務が残務と呼べない
ボリュームで軽く白目になってました。

楽しいことを考えればトベる、とピーターパンも言っていたので頑張って考えてるけど
あいにく8月はNO旅行だし、前回も書いたけどほんとどうやってやってこうか不安です。
いやー、ぶっとびたい。ぶっとんだまま消えたいわ。

今年は年始にアメリカにこそ行ったものの、直後から国内観光強化年を意識してるので
9〜12月も後先考えずにやってしまおうと思ってます。「独身のうちだけよ、
こんなこと」と言い訳しつつ、「ずっとやろうと思えばやれる感じだったらこわっ!」
とも思ったりw


秋田、岡山(&ちょい香川)、熊本(親の田舎でもあるけど)、香川、京都、ときて
次は三重です。お伊勢参りがメインだけど、京都で夢に出てもおかしくないほど
集中的に寺社仏閣を見たので伊勢神宮以外の要素も積極的に取り入れたいと
思ってます。真珠とか興味ないもんで (ハッ!豚に…もごもご) 志摩には行かなそう。
志摩だったよね?真珠プッシュは。(→訂正:鳥羽だった)

来年の正月、妹が京都の三十三間堂で通し矢を射るのでまた京都だし、
ちょっと寺から離れて自然系のアクティビティーもいいな。
島でごろごろして何もしないとか。


冬はどうしようかね。広島で牡蠣とかもいいねー 香港も行きたいんだけどなー

日本じゃないなー

ていうか疲れたなー


以降 「続きを読む」から『観た映画2011』6月分。
こっからガクンと減ったの。なんか映画よりドラマモードにシフトしてて
明日以降書く7月分に至ってはなんと1桁。

続きを読む

ガーデナー in 京都

●ガーデナーと化す



うちのベランダ



twitterのログを遡ってみたところ始まりは6月12日だったようなんだけど
ベランダ菜園に力を入れてる。私は元来、植物の栽培にあまり興味が無くて
部屋にも観葉植物とか置いたことなかったんだけど、6月12日に買った
伊藤園の玄米茶にバジルの種がおまけでついてたことを発端にガーデナー化。
というか、野菜とか育ててるので庭造りというよりは気持ち的にはファーマー。

バジルが思いのほか綺麗に育っていったものだから調子に乗って、
あれこれチャレンジしてベランダはどんどん緑が増えていってる。
私は洗濯物をベランダで一切干さないので、スペースを気にすることなく
ガンガン楽しんでる。

我ながら自分らしいなと思うのは、育ててるのが全部食用のものだという点w
ハーブと野菜専門。見て愛でるお花も素敵だけど、食卓に並べられるという
わかりやすい成果物があるとやる気がでると思ってw あと、今のところ
頑なに種作専門。野菜によっては苗から行かないと結実→収穫までいくのは
きついんだけど、ちびっちゃい種を芽吹かせてそれを収穫にまで持ってく
っていう爆発的な質量増加が快感なので種作できるものにこだわってる。

今のラインナップは、バジル、パクチー、紫蘇、ミニニンジン、白カブ、
ラディッシュ、芽キャベツ、ブロッコリー、ミニトマト。
始めて間もないのでまだ収穫に至ったのはバジルだけ。三つ葉は2度失敗。
バジルも穂先を摘んでパスタに散らしただけで、まだジェノベーゼソースを
ブレンダーでギュイーンできるほどには葉ができてない。



ちらっと、自給自足。



これから9月頃を目安に秋植えも始める。クレソン、ディル、ルッコラ、
ほうれん草、イチゴあたり。楽しみだなぁ。



●京都に行ってきた

7月の3連休で京都に行ってきた。ちょうど祇園祭の時期だったので、
そちらもちらっとエンジョイしたけど基本は寺社仏閣めぐり&ごはん堪能w
とりあえずめちゃくちゃ暑かった。夏の盆地なめてた。でももみじが
青々として本当にいい季節だった。ハモの季節でもあるしねw!!

京都滞在中、家の野菜たちはちょっと元気なくなったけどどうにか生きてたw

写真はいつも通り Flickrにあるのでお暇でしたらどうぞ。
以下ダイジェスト。



もみじ&苔が美しい常寂光寺





嵐山 竹林の道





天龍寺のお庭





龍安寺の石庭





祇園祭 宵山





平等院





高桐院





伏見稲荷 千本鳥居





蓮の季節





抹茶!





瓢亭別館 松花堂弁当 (のおかず)





8月はNO旅行なのでどうやって精神衛生を保てばいいのかわからず途方に暮れてます。
9月は、1泊してお伊勢参りの予定でっす。


おわり。


以降、「続きを読む」で『観た映画2011』5月版(古い!)続きを読む

京都脳

おばんです。(←ステレオタイプ

ていうかもう明け方なんだけど、昨日お酒飲んでフワッて帰宅して薬飲んで寝たら
さっき気持ちよく目覚めてしまったので京都のこと書くよ。
書いてるうちにたぶんまた眠くなるでしょう。


香川から帰ってきたばっかなんだけど、来月の3連休を利用して京都に行ってくるよ。
3連休であることに加えて、日本三大祭のひとつ、祇園祭のクライマックスの数日なので
凄まじい人出とのことなんだけど、気まぐれに思いついたわりにはスピード感をもって
行き帰りの足や泊まる場所を探すことができた。

もともとは祇園祭が動機ではなくて、そろそろ京都に行って神社仏閣めぐりしつつ
おいしい和食が食べたいなーなんて考えてたんだけど、ちょうどいいタイミングで
連休と祇園祭があったから「思い立ったが吉日」ということで予定を組んだ。

私の優先順位としては、祭よりも寺めぐりがより重要。過去数回京都を訪問した際に
立地×時間的な制約、改修工事などなどの都合でちゃんと拝観できなかったお寺が
いくつか残ってるんだけど、今回はそれらを中心に見られたらって思ってる。
西本願寺とか、10年がかりの修復がやっと終わったからねー。
前回行った時にグレーのトタンとカバーですっぽり覆われていた様子はさながら、
チェルノブイリの石棺のようで少々怖かった。あまり良い喩えではないけど。


あー、すっごい楽しみ。ていうか今そのことしか考えてないわ。仕事、無理。


■拝観予定の神社仏閣

●常寂光寺
●天龍寺
●仁和寺
●龍安寺
●高桐院
●下鴨神社(行けたら)
●平等院
●宇治上神社
●三室戸寺
●建仁寺
●西本願寺
●三十三間堂
●永観堂


■食べたいと思ってるもの(一部予約済)

●老松 の夏みかんゼリー
●ル・プチメック の美味しいパン
●出町ふたば で豆餅買う
●瓢亭 の松花堂弁当を是非もう一度…!
●第一旭たかばし本店 の朝ラーメン
●入船 の朝定食
●中村藤吉本店 の和甘味
●半兵衛麩 の生麩・湯葉づくしランチ(←いま飼ってる魚2匹の名前と同じw)
●懐石近又 の朝定食
●甘春堂本店 で和菓子を買う
●かね正 のきんし丼
●一保堂茶舗 の和甘味

ちょっと背伸びかもしれないけど和久傳にも行けたら幸せだな〜と思ってる。

とりあえず、盆地の夏の暑さが初体験なことが気がかりかな。がんばるけどね!!



京都まであと20日。

香川でうどんを食べてきた

香川に行ってた。うどんの食べ歩きのために。
いっぱいうどん食べて、自転車借りて走って雨に打たれたり、
お寺2つ行ったり、お城を見に行ったり、完全燃焼!!!

事前に行きたかったうどん屋さんもほとんど行けて、大満足。
一応多めにリストアップして「こんなに立て続けにうどん食べられないだろ
常識的に考えて・・・」と現地での取捨選択も想定の上で香川入り。

実際、どれだけ早朝から夜までまわっても小4杯/1日が自分のリミットだと知った。
それ以上は基本的に受け付けないし、無理やり入れられるかもしれないけど
まったく美味しいと思えないと思うww 途中1度、タダで1杯サービスされて
連れとシェアしたけどマジで限界突破だったw
男性だと1日8杯いけるとか聞いてたからどんなもんかなと思ってたけど全然だねー。


写真はいつも通りFlickrにあるのでお暇でしたらどーぞ。


以下、ざっくりダイジェスト。


■うどんたちの勇姿 (連れの分も一部含む









すてきな出会い




これからどうやって生きていくか

*7月に京都行く
*秋は三重に行こうかな (出雲大社を考えてたけど大改修中だと知った)
*もうちょい積極的に実家に帰りたい
*誰か冬に広島か福岡行こうぜ
*ハムスター(キンクマ)を飼いたいけど寿命が短くて悲しい
*自転車の鍵の番号をどうにか思い出して遠出したい
*もしくは、鍵のチェーンの切り方を教えてください


にげろにげろ

●香川まで2週間くらい。

6/2がちょうど2週間前なので、そこから、うどん断ちを開始。
問題は、そこまで うどん無しで厳しい毎日を乗り切ることができるのかという点…。


●Twenty Four S7はあっという間に観終わった。

久々に見たのも関係ありそうだけど、結構面白いシーズンだったのでは!?
シェリー・パーマーに次ぐストレッサーキャラ(♀)の誕生、誰が悪いこと考えてるのか
二転三転するストーリー、相変わらず自分の体も相手の体もいたわらないジャック、
懐かしい顔ぶれ… 図らずもホロリとさせられるシーンもあったりして。
うー。。。終わっちゃうの悲しいからS8のことはしばらく忘れよう。。。

っていうか、24やLOSTぐらい中毒性のあるドラマが新しく作られてないよなあ。
最近は1話完結モノばっか見ててこの手のドラマの面白さを忘れてたわー。


●忘れた頃に完結する行きたい国リスト:ら行(わ行がなかった)

ラオス
レバノン

どちらも遺跡とごはんが私好みです。


●ふらっと行きたいのは

香港、ニューヨーク、青森、京都。



■映画2011(4月分) は量があるので 「続きを読む」からよければどうぞ。


コメントへのおへんじ
>やっさん
ひさしぶりー。っていきなりネタバレかよっww ま、いいけどね!!
それとも別にS8について言ったわけじゃないのかな?これまでの一般的な話かな?
わかんないな、でも知りたくないから返信しなくていいよーw

続きを読む
archives
recent comments
経県値map
twitter
instagram
Instagram
flickr
www.flickr.com
tyltyl_mytyl_p's items Go to tyltyl_mytyl_p's photostream
  • ライブドアブログ