10月24日は二十四節気のひとつ「霜降」。
“露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也” 
樹々の葉が色づき、
山々の表情も日に日に変わっていく頃です。
この霜降から次の節気「立冬」までに吹く
冷たい北風こそ“木枯らし”。
天気予報などでは「木枯らし1号〜」という言葉が
いよいよ登場します。

             

10月12日〜13日に東日本を中心に
甚大な被害をもたらした台風19号。
あれから2週間が経とうとしていますが、
復興の道はまだまだ遠く。。。
故郷の長野でも苦しい生活を強いられている知人が
たくさんいます。
避難生活を続けながらの家の補修、仕事の再開、、、
その苦労を思うと自分の無力さが歯痒く、
虚しく、いたたまれません。

どうかどうか負けないで!
遠く離れていても、
ひたすらに思い、祈っています。
IMG_6731
 これは北陸新幹線の車窓から眺めた
10月初旬の浅間山。
信州を代表する景色のひとつです。