Harvest Moon(ハーベスト・ムーン)=収穫月。
たくさんの作物が収穫される時期に当たることから、
9月に巡り来る満月を
アメリカの先住民たちはこう呼びました。
ハーベスト・ムーンという言葉は
日本でもおなじみ。
3584906_s
9月の満月は他にCorn Moon(とうもろこし月)、
Braley Moon(大麦月)などとも呼ばれます。

日中はまだまだ暑いものの、
朝夕には涼しい風が吹き渡り
日に日に過ごしやすくなっていく頃。
一般に、秋の夜空には目立つ星が少ないと言われますが、
今年は宵の南の空に木星と土星が連れ立って輝き、
10月上旬の地球最接近に向けて
火星も存在感を増しています。
9月6日〜7日には南西の空で月が火星に近づき、
鮮やかな共演を見せてくれるはず。
また、25日〜26日には月の上に木星・土星、
その上空にはわし座のアルタイル、
西の下空にはさそり座のアンタレス、
東の下空にはみのみのうお座のフォーマルハウト、
これまた美しい光景を織り成すことでしょう。
例年9月に巡ることの多い中秋の名月ですが、
2020年は10月1日。
お月見の用意は来月に回し、
今は惑星たちを眺めながら秋を待ちましょう。
1099926_s

さて、1ヶ月間のホロスコープを見てみると…
8月下旬から乙女座を運行中の太陽は
9月22日に天秤座へ。
水星は9月6日に乙女座から天秤座へ、
さらに27日には蠍座へ。
金星は9月6日に蟹座から獅子座へ。
火星は引き続き牡羊座にあって10日から逆行。
木星は山羊座にあって13日に逆行から順行へ。
土星は山羊座にあって29日に逆行から順行へ。
天王星は牡牛座にあって逆行中。
海王星は山羊座にあって逆行中。
冥王星は山羊座にあって逆行中。
月は2日、魚座において満月、
17日、乙女座において新月となります。

今月ひとつ目のポイントは6日、
水星と金星が揃って座を変えること。
人と人のやりとり・・知的な情報交換も情の交換も
スマートかつストレートになりそう。
繊細で優しい、から大胆で楽しい雰囲気に。
逆行していた木星と土星が順行に戻るのも
ある意味、プラス材料。
13日から17日、22日、そして29日と
段階を踏むように滞っていたことが
進み出す気配です。


牡羊座はちょこちょこと動き回ることが快感かも。
心身とも疲弊しない程度にセーブしつつ。

牡牛座はようやく楽しいことを掴み取れてご満悦。
コソコソしないで堂々とアピールを。

双子座は足に何かが絡みついて進むに進めない。
でも、立ち止まったおかげでケガをせずに済む場合も。

蟹座はどんどん賑やかになっていく。
自分一人では心細くても大勢いれば怖いもの無し!?

獅子座は頑張ってきた自分にご褒美を。
美味しいものを食べ、美しいものを身につけて。

乙女座は人生マップを見直して未来への舵取りを。
ここでスタートしたことは必ず身になる。

天秤座は自分よりまわりの人のことが気になりそう。
応援することで自分も頑張れる。

蠍座はほんの少しだけリフレッシュ。
…のつもりが、かなり大掛かりな心機一転プランに。

射手座はハードなほどやり甲斐あり。
最初は馴染めなくても徐々に良い色に染まっていく。

山羊座はこれまでの空回りが嘘のよう。
知恵と力がしっかり噛み合って最上級の結果に。

水瓶座はしばらく暗闇の中。
やがて一筋の光が差して進むべき道が見えてくる。

 魚座は「押してもダメなら引いてみる」効果を実感。
人に下駄を預けて結果を待つのもアリ。