1月13日14時過ぎ。
月は山羊座にあって太陽と重なり、
2021年最初の新月となります。 

この時、天底に沈む星はなく、
星占いを采配する10の星はすべて天上に。
しかも、10の星すべてが
何らかのアスペクトを結ぶという密な様相です。
主役の月と太陽には冥王星も重なり、
それぞれ海王星とセクスタイルに。
山羊座色が濃厚なのは言うまでもありませんが、
お隣の水瓶座にある木星と土星の存在感も大。
その2星に水星がコンジャンクション、
そして、火星と天王星がスクエア。 
一方で、火星・天王星は金星とトラインを形成し、
我関せず焉と言う星が一つもないのです。
36115_s
山羊座は秩序を重んじる大人の座。
社会や政治、義務や規律、マナーやルールを司り、
忍耐や責任を負わせると言われます。
陰陽の象徴である太陽と月に、
死と生、終焉と再生の星・冥王星が合致、
そこにクスリとの関わりも深い海王星が好意的に組むとなれば、
コロナ禍の社会には多少なりとも明るい兆し。
ワクチン関連の朗報が届くかもしれません。
昨年末、木星と土星が水瓶座に去ったとはいえ、
山羊座の色合いはまだまだ濃厚。
“風の時代”の流れに乗りたいのであれば、
まずは大人としてやるべきこと、
社会人として背負うべきものを遂行するよう
釘を刺している星配置に見えます。
1269270_s
子供の頃、宿題もテストもない大人の世界が
とても羨ましく思えたものでした。
が、実際に自分が大人になってみると
とんでもない幻想だった…と気づくことはままあるはず。
大人が、大人としての楽しみを享受するには
宿題やテスト以上の試練やノルマを
果たさなければならないことを
この時期の山羊座〜水瓶座の星々のデザインは
改めて教えているのかもしれません。
1632072_s
2021年をより良い年とするためにも
一人一人が自覚を持って
より良い社会人たるように、
より素敵な大人たるように。
気を引き締めて参りましょう!