aout(ウトゥ)は8月を意味するフランス語。
ユリウス・カエサルが語源となった
juillet(ジュイエ)=7月に続き、
彼の正式な後継者として
ローマ皇帝の座についたオクタビアヌスの称号
“Augustus(アウグストゥス)”=尊厳者に由来します。
391276_s
8月といえば旧暦の七夕。
天頂付近を通って北から南へと流れる天の川を挟んで
織女(こと座のベガ)と牽牛(わし座のアルタイル)、
はくちょう座のデネブも結んで
夏の大三角が見頃となります。
さらに日の入り直後から木星と土星も姿を見せて、
南の空は何かと賑やか。
もちろん、夏の星座の代表格、
さそり座も赤く輝くアンタレスを抱いて
存在感を増しています。
今年は月明かりの影響が少なく、
ペルセウス座流星群の観察にはもってこい!
極大は13日4時頃ですが、
前後数日も流れる星は観測できそう。
日頃の行いが良ければ(!?)
1時間に50個くらいは見られるかもしれません。
11日の日の入り直後には
西の空で宵の明星と細い月がランデブー。
金星はこの時期マイナス4等級なので
ひときわ目立つでしょう。
IMG_8322
IMG_8326
これは7月の三日月&宵の明星ですが、
月の影の部分もうっすらと見えて
それは美しい光景でした。

3446398_s

さて、占星術のお話を。。。
7月22日から獅子座に入っていた太陽は
8月23日から乙女座へ。
水星は獅子座にあって12日には乙女座、
30日には早くも天秤座へ。
金星は乙女座にあって16日には天秤座へ。
火星は乙女座で順行中。
7月28日に水瓶座に戻った木星は逆行中。
土星は水瓶座で逆行中。
天王星は牡牛座にあって20日から逆行。
海王星は魚座で逆行中。
冥王星は山羊座で逆行中。
月は8日、獅子座で新月に。
22日には先月に続き水瓶座で満月に。
こうしてみると、内惑星+火星の順行と
外惑星たちが揃って逆行する図式がくっきりと。
人々の心は先へ先へとポジティブでも
取り巻く社会や時代がそれについて行かない、
というか、何か足かせをはめているような。
大きなものへの鬱憤や不満が
ますます募っていくかもしれません。

牡羊座はホットで、ハッピーで、ラッキーな夏。
小さなことに気を取られて大局を見失わないように。

牡牛座は何をするにも時間と手間がかかりそう。
夏休みは家族とのんびり、もしくは一人でまったり。

双子座はスイスイいい感じで進める期間。
反面、プライベートな問題を抱えやすいので気をつけて。

蟹座はスローペースでも焦らないで。
むやみに人と比べたりせず自分が納得できるまで。

獅子座は夢を実現するチャンスあり。
積極的に自分を売り込み、欲しい物は絶対手に入れて。

乙女座はまわりの思惑に流されがち。
時には堂々と主張する、もしくはきっぱり断る勇気を。

天秤座は友達に助けられる場面が多々。
ギブ&テイクの精神をモットーに出来るだけのことを。

蠍座はルールや義務に縛られてウンザリ。
体調は悪くないので鬱々したら楽しくストレス発散を。

射手座は様々なジャンルで達成感を得られそう。
自分一人の力の限界を感じたら、すぐに応援を頼んで。

山羊座は一人静かに癒されたいよう。
気乗りしない予定は早々にキャンセルし、心を穏やかに。

水瓶座は土用波さながらの大うねり。
押してもダメなら引いてみる、臨機応変さが必要かも。

魚座は先々まで心配しすぎる傾向に。
計画通りに進行しなくても何とかなる〜と開き直って。