3月20日、春分の日。
日本では国民の祝日であり、
ご先祖を供養するお彼岸の中日でもあります。
暦の上では春季の真ん中、
昼と夜が同じ長さになるとされますが、
実際は昼間の方が少し長いのだとか。
今年は晴れる所もあるものの、
全国的に風が強く“春の嵐”を呼びそうです。
28623474_s
春分は占星術において特別な1日。
正確には太陽が黄経0度に入る瞬間=春分点が重要で、
この時のホロスコープが年運の基盤となります。
春分点は12星座のトップ・牡羊座の始まりであり、 
1年の真のスタートラインでもあるのです。
28640563_s
2024年の春分点は3月20日12時6分で、
東の地平にある星座・アセンダントは蟹座。
太陽が入ったばかりの牡羊座は9ハウスで
1ハウスの獅子座にある月とトライン、
7ハウスの水瓶座にある冥王星とセクスタイル。
月と対峙する冥王星を調停する形です。
この冥王星は山羊座に幾度か戻りつつも、
今年は本格的に水瓶座へ移って腰を据えることに。
これまでにない発想や改革思想が注目を集め、
権威側と庶民の対立が激化するかもしれません。
また、7ハウスにあることから
人と人、チームとチーム、国と国、様々な関係に
革新的な変化が起こる兆しも。
改善に向かうケースが期待できる反面、
トラブルも少なからず起こりそう。

太陽をはじめ金星、土星、海王星と
4星が集中しているのは9ハウス。
遠い国、遠い地域で起こったことの影響力が増し、
人々の心を揺さぶることになるかも。
じっくり構え、耐え忍ぶ力も必要でしょう。

恋愛傾向を占う上で重要なのは5ハウス。
カスプは蠍座でルーラーの冥王星は太陽とセクスタイル、 
月とコンジャンクション。
ソウルメイトと呼びたい人との出会い、もしくは再会、
さらには復活愛の可能性も高まります。
パートナーを司る7ハウスに冥王星があることから
 結婚においても何やら運命を感じる出来事が。
劇的な復縁や再婚が注目を集めるかもしれません。 

月以外の9星が天界の南側に位置しているため
内に篭るというより全般的には外向き。
暗いニュースが横行しても
明るさを求めようという気持ちは保てるでしょう。
28704240_s