伝統攻撃2

(管理人の文章レベルの)変わらないがココにある!

2020年の総括

■最近感想を書いた10本
ツンDraCsuicide~吸精主はミニマム美少女吸血鬼!?~
竜姫ぐーたらいふ2
年下彼女
アイカギ3
PARQUET(非18禁)
おね→ショタ←おね
ガチンコ!ビッチクラブ センセーション
SLEEPLESS - A Midsummer Nights Dream-
ROLEPLAYER:小粥姉妹の粘膜ポトレ ぐりぐちゃLIVE!



■最近書いた同人作品の感想3本
インキュバスクエスト
魔女と猫の隠れ里
NIGHT PARTY!



(2021年9月3日更新)


それ以前の感想


続きを読む

【ブランドHP】Grand cru

【概要】
大学卒業を間近に控えた「来生ゆきや」は就職先も決まらずに保険代わりにしばらく
お世話になろうとしていたバイト先もクビにされてお先真っ暗で途方に暮れていた

帰り道にゴミコンテナで音がなったのを聞くといつもゴミを漁り散らかしていた
迷惑ないつものおっさんかと思いつつも、最終日だからとふと気まぐれが働き
いつものように邪険に扱わずまかないの弁当でもあげようかと考えて出向くと
そこには、汚いおっさんではない美しい少女が倒れて意識朦朧とした状態だった

倒れた少女を介抱し、空腹を訴えるのでまかないの弁当をあげようとすると
一部始終を見ていたらしいおっさんに、自分と態度が違いすぎると逆上されて
ナイフで腹部を刺されて血を失いそのまま意識を失ってしまいそうになる

朦朧とする意識の中で「生きたいか?」と語りかける少女の声が聞こえる
先程まで空腹倒れていた少女に導かれるまま、指先から流れる血を甜めた瞬間
ゆきやは再び息を吹き返すことになるが、腹部からはまだ血が垂れ流されていた

少女「ヴァリド・ミアクル(ミア)」は吸血鬼で、現在全く力が足りない状態にあり
その力を取り戻すためには、生き血を飲む儀式が必要であるのだという
ゆきやも完全に人間に戻るために、儀式の協力を余儀なくされてしまうことに

しかし、ミアは血の味が苦手で飲むことを拒否してしまう
一方でゆきやはミアに対して激しい興奮を覚えてオナニーをしてしまう
盛大に出した精液にミアは反応して、抵抗なく甜めてしまいその味を気に入る

ミアが「聖液」と呼ぶそれは、血には叶わないが吸血鬼の栄養となるらしい
血の味が受け入れられないミアは血の代わりに精液を差し出すことを要求してくる

かくして、ゆきやは人間に戻るために、儀式と称してミアに精液を捧げることに……



【システム/仕様】
・画面比率16:9
・音声切り替え

システムは最低限、ヒロインは一人なのでキャラ別音声などはなし
シナリオは終盤に一度だけ選択肢による分岐があるので、特に困りません


【本作のポイント】
尊大な態度だけど抜けているところがいっぱいあるへっぽこツンデレ吸血鬼と
儀式という名のHな行為をするコメディというのが基本的な部分になります
また、コメディとエロ一辺倒ではなく、終盤割と設定を改修部分もあります

ゆきやはただヤラれっぱなしで振り回されてしまう受け身な性格ではなく
生意気な態度や不条理な言い分には割と後先考えずに反撃したりするので
その掛け合いの塩梅が合うかどうかは割と本作のポイントになるでしょうか

後細かい部分ですが、主な舞台となる主人公の部屋が全く描写とあいません
仕送りとバイトでやりくりしている学生が住むワンルームだと説明しているのに
背景の部屋は3人がけのソファがあるなぜか絵画が複数枚飾っているような部屋
ここが一番使われるメインの場所なのですからそれ位描写合わせましょうよ

続きを読む

今月は合間合間にあげそこなっていた古い作品の感想を上げつつ
新作の感想も書く予定でしたが、合間しかなかったので
結果的に古い感想ばかり書いていたという悲しい月でした

さて、日付変わる前にいつものアレです

20210827


未成年向けではないので肌色を隠す意図はないですが
相変わらず桃色を隠す意図はあるよくわからない配慮をしています
じゃあ少し濡れた太ももはいいのかってなると…どうなんでしょうね

8月といえば例年ラインナップが寂しくなる月でした
というのは一昨年までは恒例だったアレのイベントがあったからですが
去年からは有名無実化、とはい休みも終わりの月であるために
ここの層が厚くなることはないということで、割と隙間なラインナップ

世間的には家庭用含めて出た某有名同人ゲームの移植版がようやく発売
ということでそっちの方が話題性を大きく集めそうかなって感じです
良くも悪くも一般向けということが話題をとってしまう今日この頃ですね

ちなみに、同人版はFD含めてプレイ済みですが、今回はいいかなということで
遅れるということもなく、感想が載ることはきっとないかと思います
PCパッケージで出してくれたらまだ買うかなーってのはあったんですけどね

【ブランドHP】Whirlpool

【概要】
地球に竜が現れて人類は現代兵器で抵抗しようとするも全くの無力だった
そんな愚かな人間を支配しようと、竜が動き出そうとした時、奇跡が起きた

武道場を営む実際はニートの「宮本武」がたまたま拾った非常食のトカゲが
竜の王の娘であり、刷り込みなのか武を慕っていた為、説得するのであった

説得の甲斐あって竜による支配をとりあえず逃れたることができた人類であったが
武が拾った「天」派閥の竜の王の娘である「ハル」を始めとしていくつかの竜が
地球に居着き、ついでに幼馴染が竜と混ざったりするトラブルはあったが
基本的には武のニート生活は変わらず相変わらず自堕落に生きているのだった

しかし、そんな裏では、水金地火木土天海冥の9つの派閥からなる竜族による
地球人の扱いについての意見が対立しており、膠着状態に陥っていた

そんな中、地球人を見守る「天」の派閥と支配しようとする「冥」の派閥の
どちらにも属さない「海」の派閥の王「イリス」が抜け駆けして海上に現れて
海の占有権を主張してきて、地球人を大いに困らせるのであった

海の派閥の王に従う「水」の派閥の下っ端である「ドラ美」は政府に恩を売ろうと
ハルや武を海に誘い出して、この問題を解決させようとするのであった



【システム/仕様】
・画面比率16:9
・ヒロイン別音声設定
・バックログジャンプ

シナリオは一本道だが、今作のヒロインのどちらのHシーンを見るかで途中分岐する
結末は変わらないものの、回想を回収するためには、どちらも通る仕様となっている


【本作のポイント】
竜姫ぐーたらいふの第二弾、プラスを挟んでの2という流れは猫忍を彷彿とさせ
実際に、ゲームの構成なども猫忍と同じといえば知っている人には通りが良いレベル

今回も二人の新ヒロインをメインにしつつ、最初の二人のヒロインもシーンあり
と言う感じで、ロープライスながらヒロインが多いのが特徴かと思います

猫忍との違いは、主人公の性格で、猫忍は誰にでも優しい受け身タイプでしたが
竜姫は自分の欲望重視で、女性相手にも遠慮のない態度を取るのが特徴ですね


続きを読む

【ブランドHP】あざらしそふと


【概要】
新米の教師「柳本祐亮」は親戚の女の子「逢坂絢音」が通う学園へ赴任することに
絢音とは8歳も離れているが昔は「お嫁さんになる」と約束されるほど好かれていた

再会しても部屋にやってきたり、抱きついてきたりと変わらぬの距離感で接してくる
祐亮も女性としての魅力が成長した姿に祐亮はどうも意識してしまうのであった

そんな感情に戸惑っている祐亮に対して、絢音はついに告白をしてくることになる
しかし、これからは教師と学生の関係、簡単に答えを出せずに回答は保留となる
それでも祐亮は絢音を意識しながら、恋人ではない微妙な関係を過ごすことになる


【システム/仕様】
・画面比率16:9
・バックログジャンプ

ヒロインは一人で、細かい選択肢はあるものの分岐はなし、システムは最低限です
一応音声のあるキャラクターは一人ではないのですが音声レベルの調整です
ヒロイン以外はモブの女性なので、特に引っかかる部分はないと思います


【本作のポイント】
同ブランドで何故か連続で出た、年下の女の子に合鍵渡してイチャイチャする話
実際かなりのテイストが違うので、これはこれで差別化になってると思いますが

本作は主人公とヒロインの年齢差が8つあり、教師と生徒の関係でもあるため
ヒロインがグイグイときて、主人公もある程度思いを受け止めているものの
態度は慎重であり、絢音にからかわれながらもなんとか己を律しようとします
絢音もある程度その立場を組みつつも、少しわがままな態度で困らせます
そんな駆け引きや関係性を楽しむ要素が多めになっている作品です

ロープライスのオンリーヒロインゲーとしてみると割とじれったい構成です
わかりやすくイチャイチャしてHしろという感じではありませんね
ライターの他の作品とか見ればそうでないというのはイメージできるでしょうが

続きを読む

このページのトップヘ