伝統攻撃2

(管理人の文章レベルの)変わらないがココにある!

■最近感想を書いた10本
恋愛教室
催眠とろとろオペレーション
真・恋姫†夢想-革命-蒼天の覇王
初情スプリンクル
お家に帰るまでがましまろです
新妻こよみ
めざせ! もんむすアイドル♪
美少女万華鏡 -罪と罰の少女-
Re;Lord 第三章 ~クローゼンの魔王と最後の魔女~
不運と幸運と恋占いのタロット


■最近書いた同人作品の感想3本
SUCCUBUS DREAMER -夢を守りし小さな守護者-
淫魔ふれーばーダンジョン
BFサーガ 昇段試験編

同人作品の感想インデックスへ


(2017年9月17日更新)


それ以前の感想


続きを読む

7月の熱い戦いから一ヶ月置いて再び、大きな波がやってきました
とはいえ、最近出費が激しいので抑えた結果、中途半端控えめな感じに


■あるいは恋という名の魔法[おもちそふと]
新規ブランド買い、ミドルプライス帯なので、火がついても損害は少ないはず
設定によって2パターンに分かれるHシーンが特色という感じになっています
私的に望むのは当然妄愛モードですが、当然紳士モードも楽しみますよ?
そんなことを語れるぐらいには楽しめる作品だと良いのですけども


■キミに迫るオトメのレッスン[MONAKO]
お手軽H枠……9月勢は他もそんな枠ばかりな気がしますね、いつも通りです
受けぐらいのシチュはあるかもと思わせる人が1人2人いますのでそこに期待
これは全体の2,3割位に該当シチュがあればいいかなぐらいの期待です


■あかときっ2! -紡ぐマホウと零れるヒカリ-[エスクード]
本命であり不安の大きい枠ですが、これ今月出るんですかね?
コレがなくなると9月のガッツリ枠がなくなりエロだけの月になります
いつものことですが、できれば9月に出てほしいと思うのは1ユーザーとしては
アタリマエの感情だと思います、でもあまり期待していません


■彼女が異種族(ミュー)だった場合 ~教え子ヴァンパイアの甘トロ隷属調教~[Casket]
シチュエーション買い、半ば勢いですね、安いし爆発しても大丈夫だろうと
実はライターさんとの相性が良くないのでそのあたりは非常に心配です
とはいえ、ロープライス路線なのでそこまで響くことはないでしょう、多分


■しごカレ ~エッチな女子大生とドキ×2ラブレッスン!![アトリエかぐや]
かぐや枠、BBはChocoChip先生がメインというだけなので毎回路線が不安定
お姉さん枠はHTPほどはっちゃけれないのですが、今回も年上路線ということで
ガンガン攻めるのがHTPで、多少話の通じそうなのがBBという使い分けですかね
個人的にはシリアス展開が毎回引っかかるチームですが今回は果たして……


【まとめ】
9月はいっぱいあり、選択肢も多かったのですが気づいたら抜きゲーばかりですね
今年のコレは良かったシナリオ部門とかやりたいのですけど、抜きゲーばかりですね
人生に疲れるとシナリオをガッツリ楽しむという気持ちがどんどん萎えていくのです
結果抜きゲーばかりしてそっちの方が疲れるのではないかという説もあります、多分事実です

【サークルHP】スゥイートラズベリー

【概要】
日本で寝ている間に人が急死するという事件が相次いでいた
少年「リク」は夢の中で夢守の精「ソル」に事件の正体がサキュバスによる仕業で
そのサキュバスに対抗するには高い適性を持っリクの力が必要であると知らされる
リクはソルの協力で人の夢に巣食うサキュバスとセックスバトルで戦っていくことになる


【ゲーム内容】
RPGツクールMVで作成された作品
現実と夢の世界を行き来しますが、現実世界は現状の所、シナリオを進めるための
フラグ消化ポイントに過ぎず、街を探索して電波な情報以外特に得るものもないです

夢の世界はランダムエンカウントのフロントビューのシンプルな戦闘になっています
所謂セックスバトルです、大まかにメインで使用する「わざ」と「ねがいごと」があり

「ねがいごと」は強力なバフやデバフを備えるのですが、アイテムの数が限られるために
ここぞという時に使うものとなっています、基本的な戦闘は「わざ」を使うのみですね

「わざ」の攻撃手段は「こしをふる」「おっぱい吸い」「あそこ舐め」と上位互換のみ
あとは「きゅうけい」による回復とその上位互換で他は自爆系のコマンドになります
相手に話しかけ攻撃方法を誘導する「おはなしする」もありますが、自爆の一種です

戦闘は「きゅうけい」による回復が相手の攻撃を上回るかが全てというバランスです
たまに3回攻撃や2回攻撃を気軽に撃ってくるので、場合によっては回復し続けることも
そのあたり、戦闘バランスが意外とギリギリな部分があるので好みが分かれそうですね

負けると相手に逆レイプされるようなおなじみの展開が待っています
拠点では再戦とCGをそれぞれ見ることが出来ますので、その場で負ける必要は無いです


【評価ポイント】
○逆転なしのおねショタ路線
セックスバトルで相手をイカせることはあるのですが、その時のレスポンスは薄く
基本的には一方的に相手に絞られることにフォーカスが当てられています
中には割りとハードに絞られるシーンも有り、かなり女性上位に偏っています

△登場キャラが全員豊満な女性
おねショタ路線ということもあるのかかなり体格差を意識させる女性ばかりになります
胸の大きさが特にですが、体格差もおおきく、完全に包み込まれるようなプレイがあり
反面女性は全体的に大きいので、その路線が好きではないと引っかかる可能性もあります


△未完
本作だけでは完結しません、話としては漸く動き始めた所?というところで終わります



続きを読む

【サークルHP】ばおばぶ

【概要】
冒険の道中、淫魔に襲われた主人公はフェアリーの「リエット」に助けられることになる
最寄りの村で目が醒めた主人公は、村の北にある洞窟に淫魔がはびこるようになっており
洞窟内が淫気で満たされている為、手が出せない状況になっていることを聞かされる

しかし、リエットの加護により、淫気に耐性ができた主人公は洞窟を探索することが可能
洞窟に満ちた淫気の正体を探るため、主人公とリエットはタンジョンに挑むことになる


【ゲーム内容】
WOLFエディタで作成されたRPGになります
村を拠点にして一つのダンジョンを攻略するシンプルな内容になっています

ランダムエンカウントのフロントビューバトル、攻撃も通常攻撃と連続攻撃と回復ぐらい
敵が偶に誘惑をしてきてそれに誘われると負けぐらいで基本は単純なバトルになります
一部の特別な戦闘を除けば1対1の戦闘がメインとなっており、難易度は低めになります

戦闘に負けるあるいは誘惑に乗るとコレ系ではおなじみの敗北シーンになります
本作の特徴としては敗北シーンに2回目があり、セリフに差ができることでしょうか
再戦での敗北を楽しめることが本作の特徴でしょうか、敵も多くバリエーション豊富です

道中の敵やイベント戦をこなしているだけでお金や経験値には困ることもなく
好みの淫魔に負けつつ気軽にダンジョン攻略をしましょうというお手軽仕様です
ボリューム自体はダンジョン5階分なので短編ぐらいのボリュームとなってますが
全Hイベントを見ようとすると結構なボリュームになったりしますので侮れません


【評価ポイント】
○お手軽にHが楽しめるRPG
敵に負けたらH、イベントをクリアしたらHという感じの内容になっています
女の子に襲われるシチュは多いですが、基本的に軽めの受けという感じで全体的にソフト
変に暗い気分にもならずゲームとしてもHとしてもお手軽に楽しめるのが特徴です


△微妙に面倒なシーン回収
本作のシーン回収は負けることで回収されます、一部イベントでは回収のために
ダンジョンの奥に行ってわざと負けるを繰り返す必要があり、多少面倒な部分がります
最終的に全部のシーンを開放する救済要素がありますが、道中の回収を考えると面倒です


続きを読む

【サークルHP】他力本願

【概要】
性技と性技のぶつかり合いバトルファックことBFがテーマとなる本作品
設定は人の精を奪う淫魔がいて、対抗する為、性の技術を身に着けたハンターがおり
そのハンターになるための昇段試験に主人公が挑む……当然その試験方法はBFである
という解る人にはすぐ解る、解らない人には何を言ってるんだという世界設定ですね

裏設定はともかく本作は5人いる試験管を順番に倒していく単純な流れとなります
勿論、敗北してしまうと……例によって、敗北こそが本番という構成になっています


【ゲーム内容】
RPGツクールVX ACE製のRPGでマップは各試験管がいる5フロアが存在するのみの単純構成
戦闘は1対1で攻撃方法はキスしたり舐めたりもんだり突いたりという性行為となります
5人にはそれぞれ特性があり、その特性に合わせて戦い方を替えないとあっさり負けます
情報収集要素などはなく、死んで覚える男らしいスタイルです、小細工など不要です

5戦勝てばいいので、10~15分もあればクリアできる内容になっています
ただ戦闘に勝って試験合格!とクリアしても本作は殆ど楽しめとはいえません
例によって負けて責められる方面に力の入った作品となっているからです

キャラクターは3Dカスタム少女で描かれたものです、この辺りもお馴染みですね
相手はフルボイスになっています、戦闘で責められたり、敗北したり軽い音声ドラマです
実際に製作者もそこをウリにしているらしく、9/6にアップデートされた部分を合わせ
数時間のボイスとなります、その音声で責められるという付加要素に価値を見いだせるか
というのが全てかなと思います、ゲームとしては非常に短いものになってますし……

【評価ポイント】
○フルボイスのバトルファック
同人作品だと割りと見るようになったジャンルですが、声がついているのは稀です
最低限のパターンだけでなく、色々なシチュが押さえられておりボリュームがあります
とはいえ、負けているシチュ前提ですので、しっかりとバトルしたい人には向きません

✕:ボリュームが控えめ
RPGとして見ると非常にコンパクトで、そちら方面で期待すると短く感じます


続きを読む

このページのトップヘ