伝統攻撃2

(管理人の文章レベルの)変わらないがココにある!

■最近感想を書いた10本
夏汁100%
委員界の異端者! IINCHO:Re.co
バタフライシーカー ~カオスナイトメア~
抜きゲーみたいな島に住んでいる貧乳はどうすりゃいいですか?
真・恋姫†夢想-革命-孫呉の血脈
シスパコ ~Hな甘辛4姉妹~
宿星のガールフレンド
Summer Pockets
闇染Revenger -墜ちた魔王と堕ちる戦姫-


■最近書いた同人作品の感想3本
体格差おねショタバトル2 女怪人 vs 女装戦士君
おねショタACT スマッシュボーイ[フル]
魔王城でつかまえて


(2018年9月18日更新)


それ以前の感想



続きを読む

アトリエかぐや内でも案内されてますが、

購入報告や夏汁100%でも語りましたがアトリエかぐやが作品100本を記録したようで
記念としてDL系サイトで70本の中から10本10000円のパックを発売しているようです
来週はじめに終わるキャンペーンですのでギリギリとなりますが語りたいので語ります

中古で価格が抑えられるとはいえ、このレベルだと流石にお得感がありますし
誰もが安くて品揃えの良い中古ショップに行けるわけでもないのが現実なわけで
かぐやに興味あるけど機会に恵まれなかったという方には良いタイミングかと

とはいえ、いきなり70本の中から10本選べというのもなかなか酷だと思うので
個人的におすすめできる作品をチームカラーを交えつつ紹介していけたらなと
また、コストパフォーマンスも踏まえ「KAGUYAコレクション」は注釈を入れます
(同じ期間中に半額セールもやっているので単品で買い足すのも選択肢かと思います)

あとその中で特におすすめなのは「○」で強調しておきます


ネタバレもあるので一応隠します

続きを読む

【ブランドHP】アトリエかぐや

【概要】
叔父の経営するリゾートホテルに手伝いでやってきた「見神航平(変更可能)」
夏休みにホテルに遊びに来ていたお姉さん三人組と出会い、すぐにHな関係に
叔父の娘「海森あやね」とも10年ぶりに再会し巨乳の年上の女性に囲まれることに

ホテルの近場には幽霊船と噂されるものがあり、童貞以外は入れないのだという
童貞ではないと意地を張った航平はあやねに誘われて幽霊船に向かうことになり
当然のように童貞だった為、幽霊船に入ることができその際に呪われてしまう
呪われた人間に触れたものも巻き込まれ、ホテルにいる全員が呪われることに

呪いを解くには体液を交換して呪いのアイテムである「壺」を汁で満たして
願いを叶えること、つまり、Hをいっぱいして体液を交換することが必要で……


【システム/仕様】
・画面比率16:9
・キャラ別音声設定
・名前変更あり
・Hシーン選択肢固定
・Hシーンアニメあり

ヒロインは4人、EDが3つずつ、これにハーレムを加えてエンディングは13
ヒロインごとのルート分岐は2つで、いつもの童貞を奪われた相手か否かで分岐

奪われていない相手のルートで特定のアイテムを持っていると最後に分岐します
シナリオの内容は変わらないですが、特殊な道具を使った特殊EDが見られます

Hシーンは殆ど何らかのパートアニメが入ります、このチームではおなじみですね


【評価ポイント】
○:殆のシーンにHシーン部分アニメーション
基本的に部分アニメがあります、パイズリ多めで、パイズリ好きには良いかなと
数はそこまで多くないですが複数プレイもカバーしているので嬉しいところです

△:ヒロインの貞操観念
このチームなので、非処女で経験豊富なH大好きなヒロインがデフォルトです
態々1回しかやってないことを隠すヒロインが出てきます価値観の逆転です
他の男の影は殆ど出さない仕様ですが、気になる人には厳しい部分でしょう

△:システムと結びつかない汁要素
汁を集めるのが全体の目的ですが、進捗状況が画面で見えたりしません
余計なゲーム性を避けたのかもしれませんが少し物足りない仕様ですね


続きを読む

【ブランドHP】Chien

【概要】
委員会の委員会による委員会の為の「界嶺学園」に転入してきた「隠野玖郎」
転入初日に学園で発生した爆破に巻き込まれ炎に包まれた学園から逃げ延びるために
その場にあった防具を着込み脱出した結果金髪のウィッグがついたガスマスクに
女性モノのボンテージと如何にも変態な姿を学園生に目撃されて周知されることに

そんな変装した玖郎の衝撃なデビューをチャンスと見たのは幼馴染の「高城麟瞳」
学園の理事長代理でもある麟瞳は爆破事件を始めとした最近の学園で起きている
騒動について何者かが裏で手を引いていると予想しており、その調査をするために
有名人となった変装した玖郎の立場を利用することを提案するのだった

かくして「仮面カンサー」と名乗り変態的な格好で夜な夜な学園を調査をすることに
そして、調査を続けるうちに各委員会の所属する女の子たちと仲良くなっていき……


【システム】
・画面比率16:9
・キャラ別音声設定
・用語集

ヒロインは6人、ルートも6つです、選択肢は最大でも2回あり
1回目の4択で誰も選ばないとしばらくして3択が登場する、基本的には一発分岐
どのヒロインに分岐するかは選択肢背景にヒロインのフェイスがある為判断が容易
基本的に攻略制限はないが、幼馴染の麟瞳が真相に近いことは念頭に置くと良い

このシリーズではおなじみらしい用語集があります、砕けた説明があるものの
図などはなくただの文字だけの説明のため、コレ系では少し寂しく感じますね

用語といえば本作では「ヴィラン」という存在が当たり前に受け入れらています
用語集でヴィランを調べても作品外の一般的なことしか書かれていません
この作品ならではの内容を書くのが用語集の役目ではないのでしょうか……


【評価ポイント】
△:展開の幅の狭さ
基本的に学園を混乱に陥れる黒幕を追うというのがメインのお話となっており
ヒロインによってどこまで事件が深掘りされるかという深さの差はあるものの
ヒロインによって思わぬ展開という幅は殆ど無い為、展開の幅が狭い部分があります


X:各ヒロインとの付き合う描写が薄い
ヒロインが6人という点で最近の作品と比して多い部類に入るのもありますが
先に書いた通りメインの展開がかぶることもあり、ヒロインとの関係はその傍らで
付き合ってイチャイチャするぐらいの部分しかなく、その尺も長くないです
個別分岐後には割とすぐ良い仲になる展開の急さもあり描写が全体的に薄いです



続きを読む

【ブランドHP】シルキーズプラス

【概要】
「白織市」は逸脱した心理に起因する犯罪に悩まされていた
警察だけでは手が足りず「学生捜査員」という制度を設けて、学生も借り出して
事件の解決にあたっており、「遠野圭介」が所属する市立白織学園の昆虫美食部こと
通称「ムシクイ」もその一つで、次々と起こる猟奇事件の解決にあたっていた

季節は春となり先輩である「氷室千歳」が卒業して3人となったムシクイの前に
新たな事件が舞い込んでくることになる、遺物から死の遠因を探ることができる
「バタフライシーカー」の能力を持つ圭介は、捜査で今までにない光景を見て……


同ブランドより3月に発売された「Butterfly Seeker」のファンディスクです
本編のとあるルートの後日談となっており、本編のプレイが前提となります
また、ファンディスクと名売っていますが、本編ヒロインとの後日談を描く
というよくある需要に答えたタイプでないということは先に明記しておきます


話題になっているので下品とは思いつつここで値段について語るのですが
本作はファンディスク本編とドラマCDとキャラソンCDがついて5800円です
「景の海のアペイリア」のFDにあたる「カサブランカの騎士」と同じ形式です
(あちらの場合はキャラソンではなく主題歌やEDという違いはあるのですけども)

パッケージにもドラマやキャラソンの同梱が記述され、それらを含めた料金体系
前作の本編のヒロイン要素もドラマCDに入れられているというスタイルになります

カサブランカの騎士の場合は2ヶ月後にダウンロード版が単体発売しました
本編のみとなっており、この場合の値段は2800円となっておりボリュームで言えば
ある程度納得できる感じの価格設定になっているのではないかと思います

本作も同様の流れと思われ、特に購入を急がず、ドラマCDなど不要であれば
2ヶ月程後にリリースされるダウンロード版に手を出すというのが良いでしょう


【システム/仕様】
・画面比率16:9
・キャラ別音声設定

ルート分岐なしの一本道です、Hシーンがある娘も一人分岐で取り逃しはないです
途中で事件の推理に関する選択肢、ミニゲームがありますが何度間違ってもよく
今回はそれをスキップする機能もついたようです、基本的に読んでいくだけですね


【評価ポイント】
△:Hシーンが少ない
本編からしてHシーンが薄い作品でしたが、本作は更に少なくなっています
しかも本編にいなかった新キャラのシーンのみという豪快な仕様となります
さらに言えば回想は2枠ですが、前戯(フェラ)と本番の分割仕様です実質1シーン

X:全体的に突貫工事な印象を受ける半端な演出
本編から5ヶ月後に発表された作品ということもあるのですが半端な部分があり
分かりやすいのがOPテーマが流れるシーンでキービジュアルを加工した止絵のみ
オマケ要素とも言えますが遠野圭介の立ち絵がいきなり出るのは違和感があり
終盤の推理シーンでは凝った画面もなく通常の選択肢を延々と選んでいくだけと
色々と半端に見えます、個人的に評価したBAD分岐もありませんし、物足りません


続きを読む

このページのトップヘ