伝統攻撃2

Windows10に対応しました(PCが)

■最近感想を書いた10本
星恋*ティンクル
ばくあね2 弟いっぱいしぼっちゃうぞ!
リアルエロゲーシチュエーション!
魔物娘の育て方~ラミア&ハーピー~
アイカギ
銀色、遥か
アリスティア・リメイン
初恋サンカイメ
真剣で私に恋しなさい!A
アマカノ+


■最近書いた同人作品の感想3本
転生したら逆レイプされまくりだった件
もんむす・くえすと #2「魅凪・バビロンの大淫婦」
サキュバスの誘惑


同人作品の感想インデックスへ


(2017年2月20日更新)


それ以前の感想


続きを読む

別にプレミアム某というわけではないのですが……

とりあえず今月分

20170224

全体的にコンパクト(1本除く)な月となりました
ボリューム的にもコンパクトになりそうかなーと思うのですが
私の予想は大抵外れるのできっといつも通りだと思います

2月になります延期組は一番危険な時期ですが、延期勢が更に延期したので問題ないです

個人で言えば1月はミスマッチが多く、幸先の悪いスタートとなりました
やはり体験版をほぼ未プレイで手を出すのはいけないなと思う次第です
よって、今後は体験版プレイをして自分の感性を信じようと思います、3月から

いえ、2月はフィーリングでもう決めたので、多分3月からできるから……


■ESEX シコルスキーINTERNEETセキュリティクラウド2017[CLOCK UP]
バカゲー兼抜きゲー需要、月に1本位手を出しておきたい枠ですね
CLOCK UP自体作品のテンションの振れ幅が大きいので読めないところなのですが
今回の博打はどう出るか……体験版の感触は悪くないのですが
期待度B

■お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか? エッチの準備もまだですか?
はじめてお兄ちゃんパック[Tinkle Position]
2in1枠です、おにキスは体験版の感触が微妙だったのですが、評判はいいのでこの機会に
今月タイトル長いの多いですね、はじめてのって感じではないですがお兄ちゃんになります
キッスの準備は少なくとも大外しはしないでしょうから、安全牌と言えるかなと思います
期待度B

■猫忍えくすはーと[Whirlpool]
お久しぶりのWhirlpoolですが、2000円以下のシリーズなので、当たりも外れも無いかなと
てんまそ氏がブランドを離れたことは知っていますが、久しぶりの作品が此れとなると
原画一人でどうこうという感じでもないのかなと思いつつ、見極めるためにも手を出します
期待度C+

■時計仕掛けのレイライン Special Memorial Edition[ユニゾンシフト]
2013年ぐらいにやっていたシリーズ、評判は良いっぽいので
自分の意志はどこに行ったのかという感じですが、いい機会かなーと思いまして
一本道でそこまで長くないっぽいので、消化はそこまで苦戦しないかなと
実は2ヶ月後ぐらいにVITA版が出て追加もあるらしいのですが、Hシーンほしいじゃん?
期待度B


こう並べてみて、自分は何がしたいんだろうと思う今日このごろです
そろそろガツンとした作品をプレイしてモチベーションを戻したいところですが
2月のラインナップだとそれを担えそうなのがなく、3月あたり冒険したいところですね

【ブランドHP】きゃべつそふと

【概要】
両親のいない「群雲景」は叔母の家を頼り妹の「群雲そらは」と共に渚沙町にやってくる
渚沙町は空にこの町でしか見えない星「ナギ」が存在し、守り星として讃えられており
12月にはそれを盛大に祝う「星夜祭」が行われるという独自の風習を持っている町だった

その反面ナギの存在を外に知らせてはならないとする保守的な面も存在していた
しかし景が出会った少女「鳴瀬川凪」はナギの存在を知ってもらいたいと意気込んでおり
その一環として星夜祭を盛り上げる為の部活として星夜部を立ち上げようと目論んでいた

景は知り合った縁で巻き込まれそうになるが、病弱な妹の為に最初は乗り気でなかった
しかし、次第に町の人々や仲間と触れ合っていくうちに引き込まれていくことになる
また、その中で、この町では様々な不思議な出来事が起きていることを知ることになり


【システム】
・画面比率16:9(1280:720)
・キャラ別音声設定
・選択肢へのジャンプ(前と次)機能あり
・シナリオロック有り

ヒロインは4人、ルート制限があり3人攻略まで「鳴瀬川凪」を攻略することは出来ません
凪ルートをクリア後最初から始めると「グランドシナリオ」を選択することが可能です
クリアしたヒロインのアフターシナリオ有り、Hシーンの5つのうち2つはここで回収します



【評価ポイント】
△:妙に露出度の高い服装
体験版ではヒロインの普通の立ち絵で乳首が透けて見えるほどでしたが、流石に抑えた様子
ただ、そらはの寝間着や珠希の巫女服のように、妙にエロを意識させる服装が多いです
エロゲーとはいえ、抜きゲーでもないならTPOはわきまえてほしいところです

△:超展開な設定の回収
多少ネタバレになりますが、特殊な設定についての回収が有ります
これが、かなりぶっ飛んでいる要素を含む為好みが分かれるところかと思います

?:雑なシリアス
シナリオのやまばとしてシリアスが発生することはよくあることです
しかし、この作品のシリアスは無理や利用したような雑な展開が多く感じます
悪者を作りたくない部分もあるのか、最後にくだらないオチが付くことが多いです




続きを読む

【サークルHP】ディーゼルマイン

【概要】
車に轢かれそうな人を助けるつもりで、自分が車に轢かれた平凡な青年「アズマ」は
女神「ソフィ」によって異世界の魔王を倒すように命じられることになる

しかし、ソフィのミスによ能力は与えられず、平凡な男のまま異世界に召喚されてしまう
しかも、この世界は女が男より強く、女尊男卑が根付いた、アズマには厳しい世界だった

最弱の魔物すら倒すことが出来ないアズマの旅に対してソフィは面白半分で同行してくる
旅にはは小さいが強力な魔法を使いこなす魔術師「ユナ」が自分の魔術の力を示すために
魔王退治を命じられたミツルギ国と呼ばれる国の騎士である「ナイン」も同行してくる

どの女性も一人で魔王を倒せそうな力を持つメンバーばかりでアズマは針のむしろ
肝心の魔物退治には非協力的な仲間達を連れて、なんとか魔王打倒を目指そうとするが……


おなじみディーゼルマインの逆レイプ路線の作品です
多分元ネタは某このすばだと思われますが、特に元ネタを知らなくても問題ないです
いつものRPGっぽいゲームから今回は完全にRPGというかRPGツクール製の作品になります



【ゲーム】
一応はオーソドックスなRPGの体をしています
ダンジョンや拠点の間の移動は、マップから選択する方式(ロマサガのよう)になっていますが
ダンジョン内は普通に歩いて移動、シンボルエンカウントでフロントビューの戦闘です
出て来る敵は基本的に一体、アズマのSP(他のゲームのHP相当)が0になるまでに
相手を倒せば良いだけです、倒されても、タイトル画面には戻らず、全快して復帰します

最大4人パーティですが、仲間は全く戦ってくれません、攻撃もしませんし攻撃もされません
アズマがサポートを使用することで仲間が技を使ってくれます、何故かアズマのMPを消費
つまるところ、後ろに並んでいるのは飾りでただの1対1のバトルになります

アズマは非常に弱く装備を揃えてレベルを上げることで型落ちのダンジョンで戦える程度です
基本的にはサポートで敵を攻撃し、こちらは倒れないようにするのが基本の戦闘方法です
弱い主人公を守りつつ、仲間が倒すのはこのサークルのおなじみのスタイルですけども……

仲間のMPは技や魔法を使っても全く減りませんが、興奮ゲージが増えていくことになります
100%になると発散しない限りは戦闘中にサポートをお願いすることはできなくなります
発散する方法は宿屋に泊まり犯されることのみ、回復アイテムなどの救済措置はないです

宿屋で犯されたり魔物娘に襲われているとマゾ度が増えていくことになります
マゾ度が高くなるとヒロインのプレイがより過激になり、ヒロインがレベルアップします
これによりサポートで使用してくれる技がより強力なものが増えていくことになります
よって、ある程度は技をつかって仲間の興奮ゲージを稼いで、マゾ度を上げる必要があります
(尻開発度というパラメータもありますが、上げられる手段が限られ影響もなさそうです)

ちなみに、戦ってくれない仲間ですが、こちらが攻撃する、される毎に罵倒をしてきます
毎回ウェイトがかかるため、非常にテンポが悪くなります、倍速が可能ですが常時使用推奨
長引くほど面倒さが増すために、基本的には戦闘を長引かせないためサポート前提です

私のプレイでは3時間半ほど脇目振らずだと2時間、3時間ぐらいのボリュームかと


【評価ポイント】
△:短編RPGとしてある程度の完成度はある
プレイした所バランスが悪いということもなく、音声つきHありのRPGとして悪くはないです
ただ特筆してRPGとして面白いというわけでもないので、苦手な人は注意が必要です

✕:ゲームとしてテンポが悪い
戦闘で逐一合いの手が入り無駄に戦闘が長引いてしまうのは先に書いたとおり
サポートを使うと興奮ゲージが貯まるという仕様から宿屋に戻らざるをえないことや
ボス戦前で興奮ゲージが高いとわざわざ宿屋で発散できるまでためて一度宿屋に行ってから
という面倒な作業を発生することもあります、サクサクと進みにくい仕様となります

✕:シーンの回収が面倒、取り逃しが起こり得る
キャラのシーンは良いのですが、魔物娘のシーンの回収が面倒になります
魔物娘のシーンはアズマの興奮ゲージを70%以上にし服を脱いだ状態で相手の攻撃を受ける
服を脱ぐすべはあっても興奮ゲージを貯めるすべは相手が攻撃するのを待つ必要があります
このことも戦闘のテンポが悪くする要因になっていると思います……
また、マゾ度との兼ね合いで普通に見逃してしまうシーンが存在します(差分レベルですが)

?:音の再生が不安定
私の環境では常に反響がかかったような音がなっておりまともに聞けませんでした
Windows10+デジタルヘッドホンアンプという組み合わせ故に、環境が悪い気もします


続きを読む

このページのトップヘ