【メーカーHP】Whirlpool

【概要】
猫忍えくすはーと2が発表される前にDMMで発売された作品になります
1と2の間をミッシングリンクのようで、サブヒロインの補完の意味しかないかと

一応、彩羽編で律のシルエットが登場するために時系列的には
猫忍えくすはーと→+PLUS ナチ編→+PLUS 彩羽編→猫忍えくすはーと2
となっているかと思います、感想の時系列は間違えました

あ、「なち編」と「彩羽編」二つ合わせての感想です


【システム・仕様】
画面比率16:9
キャラ別音声設定

ヒロインはどちらもタイトルにある一人で、一本道です
音声聞いても1時間程度の内容です、すぐ終わります


【ヒロイン】
■風馬なち(なち)
前作ヒロインゆらやたまの姉にあたり風魔全体の姉貴分的存在だった
空腹だったところを彩羽に助けられたことで恩義を感じており
本来の主である「北条春希」ではなく彩羽に従う形で行動をしている

完全に風魔を捨てたわけではなく、仕送りなどはしっかりとしており
ゆらやたまのことも見守る傍らで、春希の鍛錬に付き合うなど面倒を見てくれる
今回は最中に体が接触してしまい、抑えが利かなくなり……わかりやすい話です


■鈴木彩(彩羽)
最近春希の学園に編入してきたクラスメイト、忍者により構成させる組織の偉い人
気ままな亜人の忍者たちに頭を悩ませ、風魔の里の主となる春希を監視していた
学園でもクールな性格であり、春希にたいしてもドライな態度をとっている

所属不明の抜け忍が春希の周りに現れたため、護衛として暫く行動することになり
二人で一緒にいるうちにトラブルもあり互いに意識するようになっていき……
彩羽の切り替えが凄い早いので、余韻がないですが、サブルートっぽさはあります

【Hシーン】
・なち:2
・彩羽:2

前戯と本番で1シーンずつということで通してみれば1シーンですね
サブヒロインとHシーンがあるということに比重を置いている部分があるので
Hシーンの実用性などはあまり期待することはできないです


【まとめ】
どちらも200円ということで値段なり?値段としてはお得感のある短編です
一応本編の2につながる?話もあるので、シリーズで手を出す予定であるなら
DL販売によほど抵抗を感じないのであれば手を出してもよいかと思います
あえて言うなら、値段が上がってもよいのでもう少しボリューム増やして
各ヒロインのかわいい部分をピックアップしてほしいという感じですかね