【ブランドHP】feng

【概要】
故郷に十年ぶりに戻ってきた「桐谷陽弥」は学園に向かうバスの途中で
大人しい気の弱そうなクラスメイト「風間星名」に何度となく鉢合わせすることに
学園でも孤立しがちな星名を気にかけているうちに、星名がかつての幼馴染で
一緒にサッカーをしていた男友達だと思っていた相手だということに気づいて……

リリースされたのは少し前ですがDL発売に伴い手を出しました

【システム/仕様】
・画面比率16:9と4:3で切替可能
・キャラ別音声設定
・前の選択肢へもどる

ヒロインは1人、シナリオの終盤で分岐します、設定回収重視か、H重視です
H重視と言ってもそこからちょこっと大胆なプレイをして終わりという感じですので
扱い的には途中分岐エンド位の扱いに見えますね、分岐は1回の選択で決まります


【評価ポイント】
○わかりやすい低価格帯の抜きゲー
タイトルの回収含めて色々設定が有りましたが最低限というところです
細かいことは気にせずヒロインの可愛さとHさが全てというわかりやすい作風です
低価格帯の作品としてはコレぐらいの割り切りが良い塩梅であるかと思います


△出オチ程度の設定
同じ男だと思っていた幼馴染というのが開始時点での設定であるのですが
導入部以外に本編で活かされる部分はほとんどなかったと思います



【ヒロイン】
■風間星名
子供の頃一緒に遊んでいた幼馴染の1人、活発な男子と思う程に活動的だった
再会した際には、非常におとなしくクラスでも孤立をしている気の弱い女の子に
巨乳だがそれがコンプレックスで、目立たないよう地味な格好をしている

唯一心が許せる男子である陽弥との再会を気に距離が接近し付き合うことに
最初は何かと自分に自信がない態度だったが、段々と改善されていくことに
コンプレックスだった巨乳についても、陽弥のためにと誘惑に使うことも……

自信を持ち再び社交的な性格を取り戻していくことになるか
陽弥とのHな関係にハマっていくかはプレイヤーの選択次第となっている
(別にどちらの展開がBADということはないと思います)


■五辻あきら
子供の頃一緒に遊んでいた幼馴染の1人、子供の頃は大人しい引っ込み事案だった
星名が抵抗なく話せる相手として、お節介を焼こうと陽弥に接近してくることに
昔と逆にコミュニケーション能力が非常に高いが、地元の名士の娘ということで
親友である星名以外には一歩引いた態度をとり、高嶺の花という印象を与えている

今作ではヒロインでもないが、立場的には星名とは大きく変わらない立ち位置となる
むしろ過去話的に掘り下げれられているのはあきらの方な気がしなくもないです




【Hシーン】
全部で10シーン
2、3回戦が普通の仕様ですし価格帯を見れば十分なボリュームになっています
ウリはなんと言ってもコンプレックスとなっている巨乳ということで挟むのが多め
H重視のルートだとリモコンバイブを使ったいたずらプレイやコスプレHにはじまり
屋外プレイなど多少大胆なプレイになりますが、内容自体はノーマルな範疇ですね
たまに大胆になりHな表情を見えてくれるのが良かったです、受けという程ではなく
あくまでプレイ自体は主人公リードなのですけども、積極的な姿を見せます


【まとめ】
気が弱かったけど、好きな人に対してはかなりHにも大胆な行動を見せてくれる
可愛くてHな風間星名ちゃんとひたすらいちゃついてHをするゲームになります
キャラクターのパワーで押すまさにキャラゲーという感じのお手軽抜きゲー

幼馴染要素は導入部だけというのもアレですが、子供の頃遊んでいたということと
実は男と思っていたけどという陽弥の記憶が軽く語られるだけですので
幼馴染モノとしてみるとお話的にも設定的にも弱い部分が存在しています
そもそも、子供の頃男と見ていたことによる葛藤とかお話の上ではありませんしね

互いを認識してからは付き合うまでが非常に早くなっているのは良くも悪くも
再会型幼馴染関係から恋人の関係の変化という点でも急に感じてしまいました
あとは恋人関係のルートの終盤以外はデートをしてHしての繰り返しです
あくまで見た目や雰囲気のギャップからくる星名ちゃんのエロさが売りです

幼馴染という点では、逆にかつて控えめだった「五辻あきら」の方が化けそうです
スピンオフ?次回作?が決まっているようですが、登場はいつになるのやら

ということで、おとなしい性格の女の子が自分の前だけで見せてくれるHな姿重視
恋人関係はともかく恋愛や結ばれるまでの過程を望むと弱い作品でしょう
お手軽抜きげとしてヒロインの見た目と雰囲気に惹かれたら十分楽しめるかと