エルミア剣闘物語-少年剣士VS戦う乙女たち-


【概要】
村で暮らす青年剣士「ラルフ」は村に立ち寄った女性剣士「シェリー」に完敗する
雪辱を果たすため、シェリーが出場するという王都での武道大会に出場することに
はたしてラルフは武道大会でシェリーにリベンジすることができるのか?それとも?


【仕様/ゲーム】
RPGツクールVX ACEで作られたRPGです
基本はオーソドックスなRPGと一緒で戦闘はこちらがHP0になるまでに相手を倒すもの
定番ですがTPという行動を起こしたりダメージを受けたときに貯まるゲージがあり
こちらを使用して強力な攻撃やバフなどを行うことが可能になっています

特殊なのはMPで、あまり使う機会は無いものの魔法などで消費されるポイントです
ただし、こちらは精神力としての意味合いが強く用いられており0になると敗北です
また、相手によってはこちらを興奮させるような攻撃をしてきてそれでも減ります

また、性感度というポイントもありこちらも相手の興奮させる行動で増加します
増えると行動が阻害されるようなデバフがかかります、最悪は射精してしまい
その場合にはMPに大きなダメージがいくというシステムになっています

がっつりHを意識させるバトルではないですが、随所に混ざっている感じすね

女性の敵キャラは敗北するとHタイプですが、雑魚敵には殆ど敵がいません
基本は雑魚を狩ってレベルを上げて大会の強敵に挑むというスタイルです
大会で敗北してしまうと女性に負けた屈辱だけでなくエッチな行為でも……
ということでHをシーンは完全に女性上位という感じになっていますね

【Hシーン】
(Ver.1.0.2時のものです)
・M度:1~2/5:相手にリードされてのH、相手に見下されながらのH
・頻度:29/29(100%)
・傾向:相手に見下されながらのプレイ、踏みつけるプレイが多め

■プレイ内容
セックス、手コキ、足コキ、パイズリ、尻コキ、69、太ももコキ、キス+手コキ、
顔面騎乗手コキ、顔面騎乗足コキ、おっぱいプレス、スティンクフェイス
逆輪姦、顔踏みつけ、顔踏みつけ+足コキ、おしりペンペン、人間椅子

クリア後に回想モードで、見られなかったシーン含め回想可能となります
戦闘敗北で見られるシーンは一度戦闘をしないといけないのは少し不便ですね

女性に負けて屈辱に合わされるというシチュエーションが重視されており
顔を踏みつけたり、押しつぶしたりというプレイが多いのが特徴的ですね
おしりペンペンはプレイ自体軽いですが、その性的行為から離れているがゆえ
という屈辱を味わされるプレイとしてはかなり高度だったりとかなり凝っています

69やセックスも基本的に主人公がリードできず負けるシーンが殆ですね
こちらが勝つことで見られるシーンすらこれで男が性的にリードすることはなし


【まとめ】
ということで、女性に負けた屈辱を楽しむというかなりマニアックなシチュの作品
完全にフェチ向けということもなく、M向けとして見てHなプレイもあります
流石に女性に負けて適当に遊ばれてバカにされて終わるだけだと流石に厳しい
という位の塩梅の人でもH部分で楽しめるようになっているかと思います

RPGとしてはオーソドックスで日数制限はありますがのんびり稼いでも問題なしです
わりとこの部分もしっかりしていて初めて行ったときは攻略できなかった場所も
後になると攻略可能になったりと、探索を楽しむ要素もしっかりあります

とはいえ、RPGは最低限でさっさと女の子と戦いたい(そして負けたい)
という方には少しばかり手間のかかるゲームパートになっているかなという印象
盗賊団のような雑魚でも負けるとHがあるというなら良いのですけども……
しかし、大会のライバルはかなり種類がいますし、Hシーン数などは不満なし
キャラクターを絞った分シチュエーションに拘れた部分もあるでしょうしね

M向けのRPGで、女性に負けてしまう屈辱にフォーカスを当てた作品でした
ディープになりすぎない感じですので、このシチュエーションに多少興味がある位
であっても手が出しやすい塩梅になっていたかなと思います、その方面のライト向け
負けシチュが好きな人は迷わずどうぞという感じの作品になっていかと思います