【ブランドHP】BaseSon

【概要】
気づけば見知らぬ場所にいた「北郷一刀」はいきなり争いに巻き込まれることに
それを助けたのは「劉備」「関羽」「張飛」と三国志の英雄を名乗る少女達だった
一刀のことを「天の遣い」と称して、戦乱の世を収めるために共に戦うことに

魏から始まった「革命」シリーズも最後となり舞台は「蜀」になります
「真・恋姫†夢想」をベースにヒロインが追加されて作り直された本作
果たして、革命の迎える結末は……というほど何かあるわけでもないです


【システム】
・画面比率16:9
・キャラ別音声設定
・シーンスキップ
・シナリオ回想
・アペンドによる拡張

シナリオは一本道です、クリア後におまけとなる外史シナリオが解放されます
今回の外史シナリオは二つあり、攻略順は特に存在しません

本編、節目に個別ヒロインのエピソードが見られる拠点パートがあり
戦闘時には、カードゲームのような戦闘を行える戦闘パートがあります
戦闘パートは前作同様で1周目から飛ばすことが出来るので読むだけで終われます

拠点パートは呉まで1周目が「必須」を除いて5回までという制限がありましたが
本作ではついにその制限も取り払われて、1周目から全員のエピソードが見られます


【雑感】
元からヒロインが非常に多いシリーズですが、蜀編は漢勢力も殆ど取り込みますので
革命のくくりでみるとヒロイン数は最大となっており、非常にボリュームがあります
その分、セットにされるヒロインも多く、扱いは個人の好みが分かれそうな部分です

魏、呉ときてついに蜀となる革命ですが、今回も大筋の展開や結末は変わりません
真・恋姫†夢想の蜀の本編の流れに不満はそのまま本作にも掛かってくると思います
魏や呉とはまた雰囲気が違う作風となっているので、注意が必要な部分でしょう

様々な追加はあり補足される部分はありますが、基本は蜀シナリオで変わりません
真・恋姫を知っている人はそこで判断するとよいのではないかと思います



【ヒロイン】
■桃香(劉備)
真・恋姫から追加されたヒロイン(無印は一刀のポジションだった)
扱い的にもポジション的にも一刀とのW主人公といえる存在であり
その特殊な扱いが良くも悪くもいびつになっており、様々な問題を抱えています

基本は争いごとを好まない平和主義者であり、それが肯定される存在の為
自国の為に苦闘する他の2勢力とは大きく空気が違うのが良くも悪くもです

拠点エピソードでは愛紗とセットになっており、話はとにかく恋愛中心となる
一刀をご主人様と慕い、最初から非常に好感度が高いのが特徴でHも早い部類
愛紗はもちろん、ペアでもない焔耶とも絡んでエロに加わるぐらいエロ担当


■愛紗(関羽)
無印からのヒロインで扱いはメインだった……本作では桃香とセット
蜀の最高戦力の一人でありある程度の士気もできる頼れる将となる

メインルートでは割と厳しい面を見せるが、拠点イベントにおいては
桃香と並びご主人様大好きな人になっています、一応桃香を立てようとしますが
年下組のようにほめてほしい態度を見せたりとメインとのギャップが凄いです


■鈴々(張飛)
見た目も性格も子供っぽいけど、武は愛紗や星に劣らず蜀トップクラスの少女
とはいえ、気分によって割と振れ幅が大きく、後半は割と地味な位置にいる
無印時代からのヒロインだがまとめられることなく単独ヒロインとなっている

謎の選択できない区間がある唯一の存在、さすがに最初からいて単独エピソード
というのはボリューム的にも長さ的にもきつかった感じなのでしょうか
因縁などはなく誰かと大きくかかわることはないですが、割とどこでも出てきます


■星(趙雲)
飄々とした性格ながら実力は愛紗や鈴々らに並ぶ実力を持つ傭兵
各地を転々としていたが最終的には蜀に収まり戦ってくれることになる

戦場もさることながら酒とメンマと蝶仮面と持ちネタが多い便利な娘
全体を通して蝶仮面の比率が増えた気がする、種類もやたら増えました
どちからというとコメディ担当だが、きっちりとHでも頑張ってくれます


■翠(馬超)
馬3姉妹の長女、素直で不器用な性格、良くも悪くもまっすぐである
戦闘力にたけるが、戦略面では全くダメでありそれを自覚し完全に戦う専門の人
蒲公英のサポートの元自覚はないが乙女チックな部分も発揮していくことに

拠点は従妹の蒲公英とセット、真直ぐすぎる翠に対し、柔軟に対処できる蒲公英
紆余曲折ありつつも最後には素直になるというヒロインらしいムーブを見せる
割と立体感が凄いポニーテールが特徴ですが、Hシーンで背後からいじるときに
一刀がポニーテールをくぐった状態になっているのは面白かったです、尿担当


■蒲公英(馬岱)
馬三姉妹とは従姉妹にあたるポジション、ここにいるぞーする為にいる
ひょうひょうとした性格で正直すぎる翠とは対照的な性格をしている
真直ぐすぎる点では耶焔とも相性が悪く、衝突しては手玉に取っている

最初の相手は翠ですが、その後はさらっと関係を持つ手際の良さですね
翠をうまくサポートして一緒に愛してもらうように接近していきます
拠点イベントイガでも他との絡みが多く活躍の場も多い印象ですね


■紫苑(黄忠)
母性と大人の色気を漂わせる武将、璃々という娘をつれている唯一の子持ち
桔梗とセットで大人の女性枠である、璃々(Hなし)もつけてバランスもいい
弓を使うため、活躍の場が限られてしまい、ヒロインが増えた中で地味な位置に

桔梗と並んで大人の色気というかエロ担当、最初のエピソードからそちらの話
璃々がいることもあり、母性押しのエピソードも一応あります、あります


■桔梗(厳顔)
紫苑と同じ大人枠であるがこちらはお酒大好きの豪快な武将
呉にはわりといましたが、蜀にはこのタイプは珍しいですね
加入前は焔耶とのセットで見かけたが加入後は大所帯故に目立たない印象

エロと酒と豪快さがウリです、紫苑とセットで最初からロックオンされる一刀
直球すぎる大人勢もあったものだなと今更の話ではあるのですが


■朱里(諸葛亮)
日本での知名度からすればトップクラスの軍師、軍師の腕前はそれほど説もある
無印時代からのヒロイン、メインのロリ比率高くないと無印時代誰もが思った話

軍師といいますか頭脳労働枠が増えたので活躍は抑えられた印象があります
赤壁の戦いがあるので見せ場としてはそこだけで十分という部分もありますが
エピソード的には雛里とセット、早い段階からご主人様に奉仕する話となる
個別だと完全に性欲強すぎでつねにむっつりしているロリコンビになります


■雛里(鳳統)
朱里とセットになった軍師、こちらも特に説明なくロリ枠である
登場は朱里より速いが加入は朱里とセットになっている

朱里と合わせてご主人様ラブ枠、何かとセットなので本編での活躍では
どうしても朱里にとられてしまい、朱里よりもおとなしいロリ枠位の娘


■焔耶(魏延)
桃香を強く慕い、桃香に慕われる一刀を敵視する、一刀警戒枠では蜀の最先鋒
蜀の一刀は役に立つ場面がない為、何であんな奴がというのもわかる部分はある
今回は蜀に加入するまで黄祖に従い複雑な感情を抱くエピソードが補充された

しかし、拠点エピソードでも一刀をなにかと敵視してきます
追加エピソードがあるだけで別にシナリオ変えるわけじゃないですしねという話
このシナリオで当たり前のように絡んでくる桃香がわりと怖い存在です


■鶸(馬休)
馬3姉妹の次女で一番の真面目ポジション、ゆえに蒼に振り回される
話も拠点エピソードも蒼のキャラの濃さに引っ張られた感じもあります
何かと不憫な部分がありますが、そこがウリともいえるヒロインです


■蒼(馬鉄)
発育は一番良いように思えるが馬3姉妹では末妹となる
自由奔放な性格でそのノリゆえに姉妹の中では蒲公英と一番相性が良い
あらゆる書物に手を出しており、オタク的な知識を持っている
様々なカップリングを妄想しては盛り上がりそれは男同士でも女同士でもよい

オタク的な趣味を楽しむイベントと、奥手な姉達の恋をサポートしつつ
ちゃっかりと自分も関係をもって楽しむ何かと充実している娘です


■雷々(糜竺)
革命からの追加ヒロイン、徐州の資産家で陶謙に仕えていた副官
資産家で商売人としてのポジションが多く取りざたされている

ヒロインとしては電々とセットになっており容姿も非常に似ている
釣り目で強気に見える方が姉の雷々だが、電々に出し抜かれる


■電々(糜芳)
革命からの追加ヒロイン、徐州の資産家で雷々とともに陶謙に仕えていた
関羽とのエピソードなりがいろいろと勘繰られるが特に出てこない

ヒロインは姉の雷々とっせっと、たれめで無邪気にめいてちゃっかりしている
世渡りがうまいのはある程度元ネタにのっとっているのかもしれません


■美花(孫乾)
革命からの追加ヒロイン、徐州の陶謙に仕えていたが、桃香に引き継がれる
桃香と一刀を強く慕い全力で支えようとサポートをしてくれる優秀な武官

諜報活動や雑務など何事もそつなくこなす万能メイドというポジション
自分を顧みずに二人に仕えようとする美花が少しだけ周囲に頼るようになる
追加ヒロインの中ではかなりおいしいポジションのヒロインになってました


■空丹(霊帝)
漢のトップであるが、全く自分の意思がなく、言われるがままに受け入れる体質
自分の身に不利益がかかる場合や危機が迫る場合ですら意思を見せることはなかった
蜀での暮らしや一刀とのふれあいで少しずつ意思を見せる……けど、性急過ぎる気も

黄の教育方針故か非常に浮世離れしており、自分の意思がないつかみどころがない
蜀での生活や一刀とのふれあいによって感情が徐々に芽生えていくことになる
とはいえ、白湯や黄も含まれる拠点では尺が足らず存在がフェードアウトしていく


■白湯(献帝)
空丹の妹、幼いが姉とは反対に強い意志を持っており、漢の現状を憂いていた
月に担がれてトップに立ち、追い込まれるも強い意志を以て最後まで貫いた
漢時代は手に入れられる情報も知識も制限されていたため、書物に関心を持つ

今まで遮断されていた外の世界を知り見聞を広めていくことで成長していく
拠点エピソードでは後半からの登場となるが、外史のエピソードを含めて
大きく扱われているヒロインの一人となっている、手を出せる限界点でもある


■黄(趙忠)
霊帝に寵愛された十常侍、陰謀渦巻く漢で地位を築いただけあり権謀術数に秀でる
空丹(あるいは白湯)の為であれば何でもして、桃香に下っても態度は変わらない
空丹が絶対で、空丹が望むならば思うところはあれどそれを止めようとはしない

腹黒担当ですが、終わってみたら詠や音々音のそれと変わらないポジションでした
空丹同様に白湯メインの拠点エピソードではフェードアウトしがち、乳首ピアスさん


■月(董卓)
元ネタの人物のイメージやエピソードと最も剥離している存在でしたが
荒れ放題の国に巣食う何進たちを追い出すために非情になり動くエピソードが追加
本編での活躍が序盤と終盤の要所では強化されており見せ場が増えています

桃香に下ってからは、メイドというポジションに非常に満足してしまいます
拠点イベントはパートナーの詠に尺が割かれておりサブのポジションです


■詠(賈駆)
月のそばにいる軍師、月と同様にメイドとなるが、軍師としての血が騒ぐ部分もある
強気でどんな相手にも引かずズケズケという性格であり、衝突する場面もある
月を第一に考え一刀には厳しい態度をとるものの、素直になれていない部分がある

月と詠の拠点エピソードでは詠側に圧倒的に尺が割かれています
ご主人様に素直になる流れや、一軍の軍師として覚醒していく成長がメインです


■恋(呂布)
無口で感情があまり表に出ないクールというより天然気味な少女
恋姫世界でも髄一の武を持ち、愛紗と鈴々2人がかりで苦戦する程頭抜けた強さ
仲間のことは非常に大切にしており月の為に暴走する場面もある
枠は軍師でもある音々音とセットになっており、姉妹のような関係が描かれる

言わずと知れた素直でクールなヒロイン枠、複数プレイ合わせ4シーンあるので
メインヒロインと遜色のないシーン数と言え、割と特別扱いですね


■音々音(陳宮)
恋に仕える小柄な軍師、恋を慕い、恋に近づくものにキックをお見舞いする
そのキックは突っ込み役として便利なのか恋とのエピソード以外でも登場する
その行動はたまに恋に諫められることもあるが基本的には放置である

イチャイチャネタのオチ担当です、恋と音々音のエピソードでは本当に多い
そんな娘も後半になればなんだかんだと柔らかくなるツンから出れ担当ですね


■楼杏(皇甫嵩)
革命からの新ヒロイン、漢の将軍、非常に生真面目で抱え込むタイプの性格
個人の武ではなく、統率力などに秀でた恋姫では珍しいタイプ
真面目過ぎる性格が良くも悪くも自分を追い込んでいる節が見られる

行き遅れ枠でしょうか、まじめすぎる故そんな些細なことも悩みます
少し遅くなった青春を送りますがここまできて相手は一刀でいいの説が……


■風鈴(廬植)
革命からの新ヒロイン、漢の将軍であるが以前は学舎を主宰していた
桃香や白蓮に学問を教えた先生でもあり、穏やかな性格で多くの者から慕われる
大人枠の一人ですが、紫苑などの余裕があり落ち着いたタイプになります

拠点エピソードでは前半は次代のために先生らしい行動を見せてくれますが
後半からいきなり巨乳使った大人のお姉さんのエピソードに代わります


■麗羽(袁紹)
相も変わらず派手好きで我が道を行く自信過剰のハイテンションな娘
血筋には逆らえないのか、空丹や白湯には頭が上がらず甘える姿が見られる

部下の猪々子や斗詩だけでなく白蓮を巻き込んで軽いハーレムのノリになる


■猪々子(文醜)
麗羽の部下の一人で、ノリと勢いで生きる猪のような武将で麗羽と波長が合う
一刀のことをご主人様ではなくアニキと呼び、フランクに接してくる
斗詩がらみではセクハラを行ったり、仲良くする一刀を警戒したり面倒くさい娘


■斗詩(顔良)
麗羽の部下の一人で、暴走する二人をなんとか諫めようとする常識人枠
結局止めることはできないので、損な役回りを受けることになる
波風を断たせないタイプなので袁紹組の中では非常におとなしいヒロインとなる


■白蓮(公孫賛)
別に欠点らしい欠点はないが秀でた部分もない普通であることが個性とされた娘
師である風鈴先生や漢勢力のエピソードは増えたことで再評価される場面もあり
活躍のシーンも増えているなど、ただのコメディのオチ担当ではなくなった
拠点での扱いは麗羽たちとセットにされてしまったあたりはお察しください



■真直(田豊)
革命からの追加ヒロインで真名は「まあち」と読む、きらきら
麗羽達の軍師であり斗詩と並ぶ常識人で、人一倍背負いこんでしまう苦労人
助言を無視して好き勝手動く袁紹を何とかコントロールしようと胃を痛める

言葉にはしないが心の中では常にいろいろと愚痴をはいている
とはいえ、平穏に暮らすよりも麗羽に振り回されている方がしっくりくる様子


■美以(孟獲)・ミケ・トラ・シャム
南蛮の王、難しいことは考えずに欲望に従って進軍してきた大王とその部下
あっさりと返り討ちにあうほほえましい存在で、以後完全にマスコットになる
その無邪気な性格が割と重要なエピソードの起点となっているがたまたまである

とりあえず4人セットで好きに騒ぐお話ですね、かわいい生き物を愛でる話
ですが、この程度のロリ度で手を出さないほど一刀は甘くありませんでした



【Hシーン】
・桃香:3
・愛紗:3
・桃香+愛紗:1
・鈴々:3
・星:3
・翠:2
・蒲公英:1
・翠+蒲公英:1
・紫苑:2
・桔梗:2
・紫苑+桔梗:1
・朱里:1
・雛理:1
・朱里+雛里:2
・焔耶:1
・焔耶+桃香:1
・焔耶+蒲公英:1
・鶸:1
・蒼:1
・蒼+鶸:1
・雷々:1
・電々:1
・雷々+電々:1
・美花:2
・空丹:1
・白湯:1
・黄:1
・月:1
・詠:1
・月+詠:1
・恋:3
・音々音:1
・恋+音々音:1
・楼杏:3
・風鈴:2
・麗羽:1
・斗詩+猪々子:2
・白蓮:2
・麗羽+斗詩+猪々子+白蓮:1
・真直:2
・美以:1
・美以・ミケ・トラ・シャム:1

とりあえずヒロインは一通り手を出します、メイン3枠、サブ2枠
複数人セットの場合は1シーンぐらいの計算、但し複数プレイが多めになります
前戯としてはフェラが多めで、ついでパイズリぐらいの比率でしょうか
マニアックなプレイはほとんどない印象、アペンドで桃香のシーン追加があります


【まとめ】
魏から感じた革命への不満点はそのまま受け継いだ形になりますね
あくまで真・恋姫†夢想のリメイクであり、新しい展開を期待するとありません
ボリュームはありますが、一部絵に違和感を覚えることもあり不安定な部分も

追加要素は非常に豊富ですが、本作でも大筋は変わらない為に
蜀ルートが苦手な人は全く印象が変わらない内容となっているかと思います

漢勢力については大幅に増員されたこともあり、エピソードがかなり強化
月や麗羽や白蓮は他の側面が描写されるなど設定が補強される面もあります
道中の描写もキャラが増えてそこに変化はありますが大筋は変わりません

一応、魏編のフォローともいえる結末はありますが唐突感はすごく
よかったと思う部分と、こんな流れでとあっけにとられる部分が半々です

桃香の戦いもより婉曲な手段をとってるだけで蜀編の不満はぬぐえません
ダブルスタンダードになっていた部分を回避したぐらいの意味でしょうか

蜀はご主人様として桃香ともども、慕われるポジションにあるため
色恋の話が多くあるのが良くも悪くもであり、ハーレム路線としてはともかく
戦乱を戦う話としてみるとかなり好みの分かれる展開になるかと思います

特に桃香とポジションが被るご主人様は周囲にフォローされるものの
まったく何か天の遣いとして活躍する場面は登場していません
過去2編と比較しても一番何もせず、ただ竿役として活躍するのみです

拠点エピソードはとにかく色恋沙汰が多い印象がありました
色恋沙汰がないならないにしても結局は結ばれる結果が待っているので
ここまでヒロインを食い散らからすようなキャラだったかなと思うほど
ハーレムモノとして割り切って楽しむのがいいのかなという所です

ただ、今回1周目から全ヒロインの拠点イベントを見て気づいたのですが
これ全員一斉に回収しながら本編も進めると恐ろしくテンポが悪く
さらにヒロインを並行でセーブロードしながら攻略しているような
なんともいえないまだるっこしい印象を受けたのですよね

この為、おすすめのプレイスタイルは本編を一気に終わらせて
2周目はスキップししつつ気になる娘の個別を見ることかと思います

とりあえず蜀編のヒロインで複数人気お気に入りがいるならありですが
真・恋姫の蜀編に不満があり「革命」されるのを期待する人には向きません