4月27日に研究発表会がありました。
職員の研究者の方々が、毎年研究した事を業者や竹関係者の方々に発表するのです。
そのひとつに、私たちの一年間の授業内容や自由課題の発表もあり
コンセプト、苦労した点、感想などを一人一人前に出て発言しました。

リハーサルでは原稿を書いていなかったので考えながら話して
2分の持ち時間なのに3分もしゃべってしまい、これではイカンと
原稿を書いてもっていき、特別緊張はしてませんでした。

ところが、自分の番になりマイクを手に持ったとたん
足が震え、声がうわずり、緊張した人を絵に描いたような
自分に驚きながら、原稿を棒読みしつづけたのでした。

普段あまり緊張しないのが長所でもあったのに。。。

他の5人は少し緊張した面持ちでしたが、難なくこなしていたのに
恥ずかしいよ〜