1: 名無しさん 2014/04/09(水)14:05:04 ID:1nKjr8dhO

    どうしたら良いんだ?結婚して数ヶ月なのにこの有様。
    毎日暴言浴びせられて頭おかしくなりそうだし。
    家事も率先してやってるんだが、もう一生許されないのか?
    また昔みたいに仲良くしたい。


    【俺の借金が発覚してから嫁が笑わなくなったんだが】の続きを読む

    1: ぱぐたZ◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/23(水)21:37:33 ID:I9QYVQSSh

     ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが、映画「ハリー・ポッター」シリーズの世界観をリアルに再現した新エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(The Wizarding World of Harry Potter)」を7月15日にオープンすると発表、同時に概要を発表した。

     4月18日に行われた記念式典に集まったのは、USJのメルマガでの応募に当選したハリー・ポッターファン約700人と報道陣。メルマガではどんなイベントであるのか事前に一切知らされていなかったという。劇中でハリー・ポッターが着けている「グリフィンドール・マフラー」が配られ、ファンたちは首に巻きながら大興奮で式典を楽しんだ。

     経済効果5兆6000億円(10年間)、総投資費450億円という大規模な事業であり、世界では米・フロリダ州のユニバーサル・オーランド・リゾートに続いて2つ目。記念式典では「ハリー・ポッター」ワールドの象徴となるホグワーツ城を背景にステージが設置され、1羽のフクロウが舞いながらステージ上に手紙を落とすプロジェクションマッピングが映し出されてスタート。USJ代表取締役CEOグレン・ガンベルがフクロウの手紙を拾い、「私が持っている封筒には魔法界からのお知らせがあります」と述べるとファンたちの歓声が湧き上がり、ユーモアたっぷりにスピーチを行った。

    〈以下略〉

    全文はソースで
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/8765467/


    ★過去ニュース
    【社会】USJの「ハリー・ポッター」エリア 7月15日開業[04/18]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397820114/l50


    【【社会】USJ「ハリー・ポッター」エリア情報解禁……経済効果5兆6000億円】の続きを読む

    1: ◆10.9/2taLY 2014/04/22(火)23:56:29 ID:U0yqYWGZC

    日清食品は22日、今月14日に発売したカップ麺「トムヤムクンヌードル」の販売を一時停止すると発表した。
    販売が同社の予想の2倍程度に上り、生産が追いつかなくなったという。
    トムヤムクンヌードルは、タイの現地法人と協力し、魚介類のスープにココナツミルクを加えるなど本場の味わいを再現。
    希望小売価格は170円(税別)で、全国で販売されていた。
    同社は「十分な供給体制を確保した上で、早期に再開したい」としている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-00000128-mai-bus_all
    ※依頼により立てました


    【【経済】<日清食品>トムヤムクンヌードル、売れ過ぎで販売一時停止[14/04/22]】の続きを読む

    1: エクスプロイダー(禿)@\(^o^)/ 2014/04/22(火) 23:29:19.97 ID:khvmH9b/i●.net

    室戸岬沖で深海魚105匹 「海域に異変か」と専門家
    http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014042201001904.html
    no title


    高知県・室戸岬沖の定置網に22日、生態がほとんど分かっていない深海魚「ホテイエソ」が105匹入り込んでいるのが見つかり、うち1匹は生きた状態で捕獲された。
    21日にも9匹見つかったばかりで、専門家は「海に何らかの異変があったのでは」と指摘する。

    付近の海洋生物の生態を調べているNPO法人「日本ウミガメ協議会」(大阪)によると、
    網は地元漁師が沖合約2キロ、深さ約70メートル付近に仕掛けた。
    体長は10~25センチくらい。生きている1匹は協議会が保管しているが、だいぶ弱っているという。
    2014/04/22 17:08 【共同通信】


    【とうとうキターッ!高知・室戸岬沖で深海魚105匹!「海域に異変か」と専門家】の続きを読む

    このページのトップヘ