日本自動車工業会交通統括部は、二輪車特別委員会のヤマハ発動機から選任された戸上常司委員長と綿引亮副委員長の後任として、同社新社長の柳弘之氏と取締役の高橋吉輝氏が委員に就任する予定であることを明らかにした。

柳社長が二輪車特別委員会の委員長に就任するかどうかは、正式には決定しておらず、自工会広報は、「5月の理事会を経て決定する」という。

柳社長は、ヤマハMC(モーターサイクル)事業本部SyS統括部長から上席執行役員を経て、2010年3月25日に代表取締役に就任した。高橋氏は執行役員・インドネシアYIMM社長兼YMMWJ社長を経て、同日常務執行役員に就任している。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
自工会の二輪車特別委員会、委員長・副委員長不在
自工会、次期会長に志賀日産COOを内定
ヤマハ、軽量型電動車イスを発売へ---介護者の負担も軽減
日本自動車工業会 特別編集
ヤマハ発動機 特別編集

魁皇に総理大臣顕彰(時事通信)
世界保健デー今年は“神戸発” 史上初、本部以外が企画運営(産経新聞)
「閣僚は国務に専念を」=小沢氏(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>京都へ出発(毎日新聞)
【写眼】薬師洋行「夢は続く」(2010年)(産経新聞)