平成12年以降当選の自民党若手国会議員11人が20日、世代交代と脱派閥政治を掲げ「新世紀」を発足させた。党本部で開かれた設立総会には8人が出席、代表幹事に西村康稔、平井卓也、後藤田正純の3氏が就任した。11人のうち、松浪健太衆院議員は19日に伊吹派に退会届を提出、江藤拓衆院議員も近く同派を退会するとしている。5氏以外の参加者は次の通り。

 衆院=秋葉賢也、武田良太、菅原一秀、斎藤健

 参院=愛知治郎、丸山和也

【関連記事】
影響力は健在!?小泉&竹中コンビが今も投資家に人気のワケ
橋本元首相が草葉の陰で泣いている…鳩山首相の普天間対応のひどさ
みんなの党・江田幹事長「民主と組む気ない」
参院のドン・青木氏、引退へ 派閥政治の終焉を象徴
元首相の細川護煕氏が展示会「市井の山居」

<八街殺人放火>「鉄パイプで殴り、刺す」…2人に逮捕状(毎日新聞)
もんじゅ再起動は23日に 福井(産経新聞)
<口蹄疫>初動対応「問題ない」 赤松農相(毎日新聞)
展望台から落下、7人負傷=木製で腐食、ホテルの庭で―山梨(時事通信)
板橋資産家殺人事件1年、フェンス越え侵入か(読売新聞)