第51次南極地域観測隊に同行している奈良県立奈良高校教諭の森田好博さん(49)が26日、南極・昭和基地と同校(奈良市)を衛星回線のテレビ会議システムで結び、生徒たちに南極の情報をリアルタイムで伝える「南極授業」を行った。

 「みなさんこんにちは。森田です」。用意されたスクリーン上に森田さんが現れると、教室に集まった1、2年の生徒ら約100人から歓声が上がった。

 授業では、アデリーペンギンなどの南極の生き物や、昭和基地の周辺で観測されるオーロラなどの自然現象、しゃぼん玉が凍る実験映像などを、森田さんらが撮影した写真や動画で紹介。1年生の冨田絢子さん(16)は「一つ一つの内容が興味深く、ノートにもいっぱい書いた。先生のように南極へ行き、オーロラを見てみたい」と話した。

 南極授業は、情報・システム研究機構国立極地研究所(東京都)が子供たちに南極の自然や環境問題について考えてもらおうと各地で行っている。今回初めて、現場の教員から観測隊への参加を募集。森田さんら2人が昨年11月~3月の日程で観測隊に同行している。

【関連記事】
南極観測隊、隕石4個発見 10年ぶりの成果
ブリザードの中、南極から「明けましておめでとう」
アザラシの集団にペンギン 南極昭和基地沿岸で
昭和基地沖で生物観測開始 ショウワギス30匹採取
一瞬、緑に輝き沈む太陽 南極船しらせ、グリーンフラッシュ確認

<連続不審死>高級店巡ってブログ…木嶋容疑者(毎日新聞)
空自 国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地(毎日新聞)
ボンバル機、整備のため引き返し(産経新聞)
雑誌 「ホームレスと社会」創刊 明石書店(毎日新聞)
賃金改善要求見送り、電機連合が春闘方針(読売新聞)