【カンヌ(南仏)鈴木隆】南仏・カンヌで開かれていた「第63回カンヌ国際映画祭」は23日夜(日本時間24日未明)、最高賞のパルムドールにタイ映画の「アンクル・ブンミ」(アピチャッポン・ウィーラセタクン監督)を選んで閉幕した。

 北野武さんが監督、主演し、日本映画としては3年ぶりにコンペティション部門に出品されたヤクザ映画「アウトレイジ」は受賞を逃した。

【関連ニュース】
【関連記事】カンヌ映画祭:「アウトレイジ」上映 北野監督姿見せ満席
<関連記事>北野武監督「ざまあみやがれ」 笑顔でカンヌから帰国
<関連記事>カンヌ国際映画祭:コンペ、少ない刺激的な作品 北野武作品には賛否両論--中間報告
<関連記事>北野武監督「お客をKO」も…雑誌では低評価
<関連記事>北野監督12年越しのリベンジへ「進化」

首相動静(5月24日)(時事通信)
大阪府教委、確認せず無登録旅行業者ツアー後援(産経新聞)
詐欺容疑 小宮山泰子議員の兄逮捕 宝くじ販売権売却話で(毎日新聞)
<詐欺>容疑で男女2人を逮捕 転売目的で口座開設(毎日新聞)
ボクサーの亀田興毅選手が都内で接触事故 けが人なし(産経新聞)