3日、茨城県日立市内の道路で、歩いていた無職女性(73)が路上に現金187万円が入った袋を見つけ、近くの交番に届け出た。日立署で拾得物として落とし主を捜している。

 女性は買い物に行く途中で、落ちていた袋につまずいた。転びはしなかったが、「何だろう」と袋の中を見たところ、現金が入っていたため、慌てて届けたという。

 茨城県内では昨年秋から高額の現金が路上で見つかる事案が相次でおり、11月に古河市で200万円とひたちなか市で100万円の2件、12月に常総市で100万円が拾得物として届けられた。【臼井真】

医療関係者への自殺対策研修を強化―政府が緊急プラン(医療介護CBニュース)
3人ひき逃げ死、逃走のブラジル人逮捕(読売新聞)
政務三役・副幹チームを検討=政策関与の強化狙う-民主(時事通信)
「サンラ・ワールド」捜索=評論家増田俊男氏ら経営-50億集金か、無登録営業容疑(時事通信)
<詐欺>預保機構や財務省との関係装う事件相次ぐ(毎日新聞)