18歳未満にみえるキャラクターの性描写がある漫画やアニメなどの販売や閲覧を規制する東京都の青少年健全育成条例改正案をめぐり、大阪府の橋下徹知事は19日、「大阪の実態を把握して規制の必要があるかどうか見極めたい」と述べ、府でも同様の対応を検討する考えを明らかにした。

 橋下知事は「石原慎太郎都知事らしい、太い政治信条に基づいた条例案。まったく意識していなかったが、大都市問題として都から問題提起を受けた」と話した。

 都の条例改正案をめぐっては、漫画家や有識者らが「表現の萎縮(いしゅく)を招く」として反対しているが、橋下知事は「表現の自由は絶対ではない。失われる利益が著しく大きいなら規制もある。子供を守るのが大人の責務で、表現の自由だけで議論を封鎖するのはおかしな話」との見解を示した。

【関連記事】
18歳未満にみえるキャラ=「非実在青少年」?
ちばてつやらが反対の記者会見 東京都の2次元児童ポルノ規制
アニメ、漫画の児童ポルノ規制で都議会が混乱
主観的理由、規制せず 2次元児童ポルノ 都が緊急見解
漫画などの児童ポルノ規制 東京都、条例改正案を説明

平城宮跡で雑草燃える=建造物被害なし、2人補導-奈良県警(時事通信)
強盗殺人の被告に無期懲役求刑…長野地裁(読売新聞)
高支持率「みんな」強気、参院選に積極擁立へ(読売新聞)
秋篠宮さまのタイご訪問、日程を変更(産経新聞)
「徳之島検討指示」報道を否定=鳩山首相(時事通信)