男子短大生を監禁して暴行を加えたとして、監禁致傷罪に問われた兵庫県警芦屋署地域課元巡査、富岡龍也被告(21)=懲戒免職=ら3人に対する第2回公判が16日、神戸地裁(小川弘持裁判官)で開かれた。富岡被告は「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。初公判では認否を留保していた。

 共犯の無職、中村昂(21)と同、大森さゆり(21)両被告は、起訴内容の一部を否認した。↓ 起訴状によると、富岡被告らは、男子学生が以前、大森被告を傷つける発言をしたなどとして昨年12月、中村被告の部屋で監禁し、殴るけるなどの暴行を加え約2週間のけがをさせたとしている。

【関連記事】
短大生監禁の芦屋署元巡査、第2回公判で起訴内容認める
「顧客奪われ、白タクの売り上げ減った…」同業者を監禁し刃物で刺し金奪う
「金返してくれないからやった」 車に男性監禁、容疑の男2人逮捕
監禁12年余の人質を解放 コロンビア左翼ゲリラ
男性緊縛遺体 監禁容疑で6人逮捕 警視庁
外国人地方参政権問題に一石

<空自>スクランブル299回 09年度(毎日新聞)
<全国学力テスト>抽出方式への変更も参加率は7割超(毎日新聞)
ポーランド国葬、陸路移動の首脳も アイスランド火山噴火(産経新聞)
3死体遺棄容疑者、被害者宅で「絞殺」と供述(読売新聞)
運転士「快速と錯覚」駅300メートル過ぎ急制動 JR奈良線(産経新聞)