妻の弁護士を家裁で殴る=離婚調停中の男、容疑で逮捕-千葉(時事通信)

 千葉県木更津市の家裁支部で弁護士の男性を殴りけがを負わせたなどとして、県警木更津署は12日、傷害と脅迫の疑いで、同市真舟、造園業高橋博明容疑者(64)を逮捕した。被害者の弁護士は離婚調停中の妻の代理人だった。同署によると、「妻の住所を教えてくれず、頭にきた」などと容疑を認めているという。
 逮捕容疑は1月8日午後1時35分ごろ、千葉家裁木更津支部で、千葉市花見川区の男性弁護士(71)の顔を右手で殴り、3週間のけがを負わせた。
 このほか、同月14日午後4時ごろ、男性が勤務する東京都中央区の法律事務所に電話をかけ、「手を引かないとひどい目に遭うぞ。目をつぶしてやる」などと脅した疑い。 

【関連ニュース】
8歳児暴行容疑で母逮捕=「食事こぼし、いらついた」
法政高の元教諭2人書類送検=修学旅行で生徒暴行の疑い
あたご乗組員、包丁所持で逮捕=コンビニ強盗に関与か
8歳男児に暴行、父親逮捕=福島県警
6カ月長女に暴行容疑、両親逮捕=ヘアアイロン押し当てる

9地点で月間日照時間最少=4月、寒暖の差大きく-気象庁(時事通信)
元巨人・中畑清氏、たちあがれ日本から出馬へ(読売新聞)
<普天間>北マリアナ知事が親書 海兵隊受け入れで会談要請(毎日新聞)
ネアンデルタール人 ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析(毎日新聞)
医療法人の一般病院、黒字が13年ぶりの70%割れ(医療介護CBニュース)

死因は窒息死と判明=手か柔らかい布で首絞める-78歳女性強盗殺人・山口県警(時事通信)

 山口県山陽小野田市の大石義美さん(81)宅で、妻サカヨさん(78)が殺害され、バッグなどが奪われた事件で、県警山陽小野田署捜査本部は19日、サカヨさんの死因は首を絞められたことによる窒息死だったと発表した。
 捜査本部によると、司法解剖の結果、首の回りには皮下出血やひもで絞めたような跡などがなかったことが判明。手や柔らかい布を使い殺害されたとみられ、凶器の特定を急ぐ。頭部の切り傷は浅く、打撲痕も致命傷ではなかった。 

【関連ニュース】
弁当店に刃物男、60万奪う=開店準備中狙う
コンビニ強盗未遂容疑で再逮捕=41歳米国人男
78歳女性、自宅で殺害か=強盗殺人で捜査本部
強盗致傷容疑で19歳逮捕=金券店主殴り32万円
「強盗」演じ、復縁図る=私立大生の男2人逮捕

「睡眠薬売れるねん」操られる生活保護受給者(読売新聞)
ネット選挙 参院選から解禁 適用範囲の議論スタート(産経新聞)
<亀井郵政担当相>「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に(毎日新聞)
首相に米訪問を説明=共産・志位氏(時事通信)
<警察庁>被害届前でも逮捕 男女間トラブル対応で指針(毎日新聞)

金ジョンウン「写真」は「誤報」 韓国メディアが毎日報道を否定(J-CASTニュース)

 北朝鮮の金正日総書記の後継者に3男の金ジョンウン氏が「本決まり」になったとみられるなか、毎日新聞がジョンウン氏の「近影」として報じた写真が、韓国メディアで「誤報」として大きく取り上げられている。

 写真は、キム総書記が製鉄所を視察する様子を収めたもので、金総書記の隣の人物がジョンウン氏なのだという。だが、韓国メディアによると、その人物は、実は製鉄所の幹部だというのだ。

■写っているのは製鉄所の技師長キム・グァンナム氏

 ジョンウン氏とされる写真をめぐっては、09年6月に、テレビ朝日が韓国の一般男性の写真をジョンウン氏と取り違えて報じ、謝罪に追い込まれている。このこともあって、韓国メディアは「また日本メディアが『誤報騒動』」などと批判を強めている。

 問題の記事は、毎日新聞が2010年4月20日の1面トップで、「金正日総書記に寄り添い製鉄所視察 正銀氏 初の近影」と題して報じたものだ。ジョンウン氏の呼称をめぐっては、日本メディアは「正雲」と表記していたが、韓国政府がハングル表記を改めたことから、大半の日本メディアは「ジョンウン」とカタカナ表記に変更。毎日新聞は「正銀」の表示を採用している。

 記事によると、金正日総書記が咸鏡北道の金策(キムチェク)製鉄連合企業所を現地指導する様子を報じる2010年3月5日付の労働新聞に、ジョンウン氏の写真が掲載されていたという。「北朝鮮指導部に近い関係者や韓国情報機関の関係者」が同紙に明らかにしたとしている。記事では、写真について、

  「朝鮮中央通信が(労働新聞の)掲載前日に配信した写真には、ペンを持ちながらメモ帳を広げる正銀氏の姿が写っている。紺色のスーツとみられる服に赤のネクタイ、黒っぽいコート姿。正銀氏はほとんどのカットで金総書記の隣に立ち、現地の案内人の説明を一緒に聞いているように見える」

などと描写。3面にも「順調な継承アピール」と題して、長文の解説記事が掲載されており、非常に大きな扱いだ。

 ところが、東亜日報、朝鮮日報、中央日報、聯合ニュース、KBS(韓国放送公社)、SBS(ソウル放送)など韓国主要メディアは同日夕方から夜にかけて、記事の内容をいっせいに否定。具体的には、韓国情報当局者が

  「写真に写っているのは金ジョンウン氏とは別人で、金策製鉄連合企業所の技師長を務めているキム・グァンナム氏らしい」

などと語っているという。

■毎日新聞「内容は事実と確信しています」

 各メディアとも、

  「毎日新聞の金ジョンウンの写真は誤報」(KBS)
  「日本、また『金ジョンウン写真』誤報騒動」(東亜日報)
  「日本の毎日新聞が誤報騒ぎ」(朝鮮日報)

と、誤報が確定したかのような書き方だ。東亜日報には、

  「韓国の情報当局者は、『日本メディアが09年に続いて、確認がとれていない写真で誤報をした』と一蹴した」

とまで書かれている。確かに、韓国メディアの記事を見ると、毎日新聞の記事の信憑性を突き崩すような事実関係が、次々に明らかになっている。

 朝鮮日報によると、金総書記は09年2月と12月にも同企業所を訪れており、その時の写真にも、今回の記事でジョンウン氏とされた人物が、常に写っていたという。さらに、SBSによると、10年1月1日の朝鮮中央テレビで同企業所が紹介された際には、ジョンウン氏とされた人物にそっくりの男性がインタビューに応じ、金総書記に対する賛辞を述べている。なお、この時のテレビ画面には「キム・グァンナム」というテロップまで入っている。SBSは、一連の騒動について、

  「今回の騒動も誤報で終わったが、外の世界に姿を見せていない金ジョンウン氏に対する関心の高さを表している」

などと論評している。

 毎日新聞では、4月21日夕方の段階では、坂東賢治・外信部長の「記事は十分な取材に基づいており、内容は事実と確信しています」との談話を発表している。


■関連記事
朝日の北朝鮮「世界的特ダネ」2連発 中国がまたまた「完全否定」 : 2009/10/13
中国から鉄道に揺られ9時間 「北朝鮮」で見たもの : 2009/09/06
北朝鮮「後継者レース」混沌 長男・正男氏は脱落か : 2009/04/10
渋谷のシンボル「QFRONT」 激レアフィギュア限定配布決定! : 2010/04/20
金総書記「後継指名」報道 「怪しい」説と「信頼できる」説 : 2009/01/16

<教員人事権移譲>副文科相容認 大阪府11年度から実施へ(毎日新聞)
<山武市長選>椎名氏が再選 千葉(毎日新聞)
短大生監禁の芦屋署元巡査、第2回公判で起訴内容認める(産経新聞)
タイで死亡の村本さん、熟練者が狙撃か(読売新聞)
裁判員判決、自衛官に有罪=先輩隊員を銃剣で切り付け-静岡地裁支部(時事通信)
記事検索
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ