厚生労働省の厚生科学審議会部会は、新型インフルエンザのような感染症に迅速に対応するために、予防接種法の臨時接種の規定を見直して新たな類型を設けることで合意した。厚労省は今国会に改正法案を提出する予定だ。

 予防接種法には、新たな感染症の出現に備え、流行を防ぐ緊急措置として臨時接種の規定があるが、これを適用すると国民に接種の努力義務が課せられる。新型インフルエンザは毒性が季節性とほぼ同じで、ワクチンの感染予防効果も低いことから臨時接種の対象にならず、政府は特別措置法を作り一からの制度設計を迫られた。

 法改正では、臨時接種の枠組みに接種の努力義務を課さない類型を新設し、新たな感染症の毒性やワクチンの効果などに応じて適用を振り分ける。いずれの場合も副作用被害に対する国の補償が受けられる。従来の臨時接種は無料(全額公費負担)だが、新たな類型の費用負担は部会で今後検討する。【清水健二】

【関連ニュース】
新型インフル:健康成人へのワクチン接種、今月から開始
新型インフル:ワクチン接種後に呼吸困難や血圧低下46件
塩野義製薬:初の国産インフル治療薬を発売 点滴型
新型インフル:輸入ワクチン、購入希望は1県…初回出荷分
新型インフル:輸入ワクチンの国内販売を承認…厚労相

新幹線架線切断で原因調査=定期点検は異常なし-JR東海(時事通信)
普天間移設 与党視察に戸惑う自治体「負担軽減は理解…」(毎日新聞)
偽一万円札 東北で51枚超“横行” 同一犯か(河北新報)
<雪あかりの路>小樽の町に、運河に、キャンドルの灯(毎日新聞)
<鳥取連続不審死>被害者の車に容疑者の指紋 殺害前付着か(毎日新聞)