覚せい剤を密輸したとして、千葉地裁の裁判員裁判で実刑判決を受けたフィリピン国籍の女性被告の弁護側が、「裁判員裁判は違憲」と主張して東京高裁に控訴したことが16日、分かった。公判前に同制度を違憲として裁判官のみの審理を求めたケースはあるが、違憲を理由とした控訴は全国初とみられる。
 被告は無職パークス・レメディオス・ピノ被告(44)。一審で無罪を主張したが、千葉地裁は1月、覚せい剤約2キロをマレーシアから日本に持ち込んだと認定し、懲役9年、罰金400万円を言い渡した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物~密輸、栽培の実態~
全面否認の男に懲役18年求刑=女性殺害、裁判員裁判

<東京大空襲>朝鮮人被災、忘れないで…包括的証言集を出版(毎日新聞)
スペインでそば打ち、信州の愛好家が実演・交流(読売新聞)
渋谷の路上で首にはさみ刺す クラブでトラブルか(産経新聞)
美術館庭園で満開の菜の花=千葉県佐倉市〔地域〕(時事通信)
EXPO’70パビリオン 開館 大阪万博を後世に(毎日新聞)