日本新聞協会に加盟する全国の78紙が29日、住宅版エコポイントなど五つの住宅・新築分野の制度を伝える広告を掲載した。協会の特別企画で、加盟紙が同じ日に同じ広告を一斉掲載する取り組みは初めて。
 「日本を元気にする」キャンペーンの第1弾で、新聞の媒体力と新聞広告のパワーをアピールするのが狙い。今回は加盟新聞社の約8割が一致協力し、住宅政策を通じて活力を取り戻そうとする国の施策をテーマに取り上げた。 

【関連ニュース】
大企業の景況感、改善継続へ=製造業は11ポイント-3月短観民間予測
「市民に紛れて生活も」=オウム手配容疑者で情報を
昨年末の液晶TV普及率46%=エコポイントが上昇後押し
景況判断、9カ月ぶり上方修正=地域経済調査
街角景気、3カ月連続で改善=基調判断を上方修正

寺を全焼、保険金詐欺図る=容疑で元住職再逮捕-埼玉県警(時事通信)
2人目擁立、小沢氏の「党本部主導」に地元反発(読売新聞)
政権への打撃回避に努力=小林議員問題で-農水相(時事通信)
<北海道開発局>違法組合活動4119人処分(毎日新聞)
普天間移設、複数選択肢も=平野官房長官(時事通信)