10日午前10時15分ごろ、大阪府貝塚市久保のJR阪和線東貝塚-東岸和田駅間の線路下のガード(高さ約2.5メートル)で、衝撃を感知するセンサーが作動した。JR西日本では上下線で運転を見合わせて調べたが、運行上の問題はなく、約1時間10分後に運転を再開した。

 JR西によると、ガードには、何かがセンサーに接触した痕跡があった。ガード下を通行した車の上部が接触した可能性が高いといい、貝塚署は当て逃げ事件として捜査をはじめた。

 このトラブルで阪和線は上下43本が運休、24本が最大1時間15分遅れ、約1万8千人に影響した。

【関連記事】
気象庁係長をすりで逮捕 出勤途中の地下鉄内で
元日に近鉄社員が勤務中飲酒 車庫内で電車運転
「人が線路に転落!」実は靴…影響2万人超 JR大阪環状線
電車内で男性に痴漢の疑い 29歳女性を逮捕
首都圏で痴漢集中摘発へ 4都県警と鉄道16社
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<交通反則切符>バイクに持ち去られる 静岡・富士宮市で(毎日新聞)
パワーウインドーで指切断、11か月女児重傷(読売新聞)
「玻」は名前に使えず 両親の特別抗告を棄却 最高裁(産経新聞)
入学式 元気いっぱい新1年生…東京都内の小学校(毎日新聞)
女児にわいせつ 消防士長を逮捕 容疑で兵庫県警(産経新聞)