4月下旬からの事業仕分け第2弾を前に、民主党の当選1回の衆参議員95人が「仕分け調査員」として準備を行うことが決まり、同党の地域主権・規制改革研究会(玄葉光一郎会長)が2日、調査員への説明会を開いた。昨秋の第1弾では政府が直接、新人議員14人を含む32人の「仕分け人」を人選したことに小沢一郎幹事長が反発したが、今回は党を介して参加する形をとり摩擦を回避した。

 第1弾では、新人議員の研修会優先を理由に、小沢氏が「待った」をかけ、中堅以上の7人に縮小された。今回は鳩山由紀夫首相が3月24日の政府・民主党首脳会議で指示し、小沢氏も容認した。

 調査員は同研究会が募集し衆院89人、参院6人が応募。行政刷新会議のヒアリング対象外の872法人を、府省別に10グループに分かれて12日までに調査。悪質な例は仕分け対象にする。

 説明会で玄葉氏は「民主党らしさの一つは、若手の活力、調査能力ではないか」とあいさつ。枝野幸男行政刷新担当相は「古い政治の中でよどんでダメになったものを新政権はきっと変えてくれる、という強い国民の期待がある」と語った。【影山哲也】

【関連ニュース】
自民党:「逆仕分け」で反転攻勢…選対に若手起用も
事業仕分け:第2弾に新人議員も参加
事業仕分け:公益法人に関する省庁ヒアリング終了 第2弾
事業仕分け:第2弾 4月と5月の2回に分けて実施
事業仕分け:「官」に宣戦布告 第2弾ヒアリング

首相動静(3月28日)(時事通信)
<与謝野元財務相>離党届を提出 新党結成へ動き活発化(毎日新聞)
今後チャレンジしたい運動は「ウォーキング」(産経新聞)
【Web】ニコニコ動画が楽天の試合を生中継(産経新聞)
島根原発 123カ所で点検漏れ 1号機の運転停止(毎日新聞)