医療関連コンサルティング業や医療モール運営の「メディカル・ハイネット」(東京都千代田区、小磯一義代表)が、東京地裁から自己破産手続きの開始決定を受けていたことが4月15日までに分かった。帝国データバンクによると、負債総額は約23億円で、このうちおよそ3億円は金融債務の見込み。破産管財人の弁護士によると、一部の事業については今後、売却する方向で調整を進めているという。

 帝国データによると、「メディカル・ハイネット」は2002年3月の設立。医師をメーンとした医療従事者の人材紹介や医療関連コンサルティング業などを展開し、近年は医療モール事業への参入に加え、医療機関向けのメディカルスキンケア事業にも力を入れていた。昨年2月期には約14億5900万円の年収入高を上げたが、相次ぐ開業に伴う先行投資負担などにより、3期連続で赤字決算が続いた。今年3月には創業者の前社長が健康上の問題などを理由に代表を辞任。4月1日付で事後処理を弁護士に一任し、破産申請の方針を固めたことを債権者に通知していたという。


【関連記事】
医療モール運営、東京の会社が自己破産へ
医療機関の倒産、過去最悪の45件-昨年度
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ
東京・青梅市の医療法人、破産手続き開始決定―東京地裁
医療法人社団文寿会に保全管理命令―東京地裁

<美濃まつり>和紙の里に力強く春の声 華やか「花みこし」(毎日新聞)
<赤松農相>野菜出荷前倒し、生産者に要請へ(毎日新聞)
窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可(医療介護CBニュース)
専用サポートカウンター設置=足止め客向け-成田空港会社(時事通信)
田辺三菱を業務停止…子会社の新薬データ改ざんで(読売新聞)