AUXILIA

もう8月ですね。。あっつい。へたばっています。

とはいえ、ダウンしてばかりもいられません。
8月、9月、10月でイベントが5つもあるんです。

で、そのイベント向けに作ったチラシ裏に掲載するために、エイジオブサモナーミニ拡張「異郷の精霊」をデザインしました。

こちらにルールを置いておきますね。。

エイジオブサモナー拡張「異郷の精霊」ルール


チラシは、
8/6  名古屋ファミリーゲームフェスティバル
8/13  東京ボードゲームコレクション
8/20  金沢ボードゲームマーケット
9/2  住之江フリーマーケット
10/1  ボードゲームオータムフェスタ

あたりで配布予定です。ぜひサザンクロスゲームズのブースにお立ち寄りください!


ようやく暖かくなってきましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

ウチは「マルコポーロの足あと」の新拡張が出るとの噂を聞きつけ、
是が非でも秋まで生き残らねば、との思いを強くしております。

さて、ゲムマ春です。

前回(神戸)の新作発表をお休みしたわりに、完成が遅れてしまいましてすいません。

エイジオブヴァンダル~大破壊時代~です。

AoV_senden01

このゲームの主人公は、偉大な文化の立役者でも、絢爛たる建築家でもありません。
ただ目の前の利を求めた戦いの末、いにしえより続く帝国を“はからずも”滅亡に追いやってしまった、その張本人たちです。

13世紀の初頭を駆け抜けた第四回十字軍は、聖地奪還という目的を大きくはずれ、ビザンツ帝国の首府コンスタンティノープルを攻略、その地で悪逆の限りをつくしたと伝わっています。
あなたは遠征に参画したヴェネツィアの商人貴族になって、できるだけ多くの富と発展を故郷に持ち帰ることを目指します。
まず肝心の略奪行為からして、一筋縄ではいきません。
市民の反撃で戦士が失われることや、大切なインフラを破壊したがために、疫病が蔓延することも覚悟せねばなりません。
不名誉な行いには、遠くローマ教皇からの咎めも付いてまわります。
戦利品の管理もまた、戦士たちの重要な仕事です。ただし野ざらしのため、時の経過とともに建物は外側から朽ち、宝は失われてゆきます。
頃合いを見計ってまとめて売り払い、現金化した上で、様々な技術に投資しましょう。どれもこの戦場で、あるいは帰還後の政界で、あなたを有利に導くものばかりです…

エイジオブヴァンダルは、略奪と商売、そして技術発展のゲームです。

 
…だいぶ紹介が長くなってしまいましたが、要は略奪品(資源)を売り払ってお金に替え、そいでもってカードを買って得点も稼ごうよ、というゲームです。

テーマは「失う」ということ。
どんなに美しい建物を接収しても、例えば柱欲しさにこれを打ち砕けば、天幕は破れ、漆喰は剥がれ落ちてしまいます。
そればかりか、奪ったはずの宝物も、時がうつろえば風化をまぬがれません。
何かを保つということの難しさをぜひ味わってください。

プレイ時間はエイジオブシリーズの中でも短い部類に入ると思います。
(特殊効果満載のゲームなので初プレイは時間を食うかも知れませんが…)

カード137枚、キューブ32個、サマリー、各種説明書つき
イベント価格、3000円で販売いたします。

ぜひこの機会にお求めくださいませ。

ルール/サマリーはこちらで公開しています
(※ファイルサイズ低減のため、背景や画像を一部変更・低解像度化しています)

今回も事前ご予約を芸無工房様と一緒に受け付けております。

ご予約フォームはこちらから

…余談なんですが、芸無工房様の「戦国ブリッジ」は死ぬほど面白いです。トリテ修験者の方はぜひお求めいただけると幸いです。

aw_senden01


もう早いもんで、2017年の6分の1が過ぎ去ったらしいです。。

ウチはといえば、1月に胃炎で体調を崩して以来、、

静養しながら新作旧作含め、ボードゲームばっかやっています。


さて、3月12日に神戸国際展示場で開催されるゲムマ神戸にブースF15‐16で出展いたします。

サザンクロスゲームズ単体の出展です(芸無工房さんはサークルあるかでぃあ様と合同)。

また、上記の理由により今回は新作はありません!

じつは足かけ7年活動していて、ゲムマに新作がないのは初めてです。

カタログをご覧になって(大したことは書いてませんが)楽しみにしておられた方には申し訳ありません。

ゲムマ春に向けてゆっくり考えていますので、ぜひご期待ください!

で、神戸なんですが、遅くなりましたが、事前のご予約の受付を開始いたします。

秋の新作「エイジオブワークス」を中心に承っております。


ゲムマ神戸サザンクロスゲームズ事前取り置きご予約はこちらから


単独出展のこともあり、ご予約数をもとに当日の持ち込みの量を勘案いたします。ぜひご協力をいただけるとありがたいです。 

このページのトップヘ