2006年03月

よく食べ、よく笑い

今日、東京から実家の神戸に里帰りしていたAKIさんが事務所に来てくれた。

弊社の音楽スタッフのつっちゃんと3人で江坂のau-garage(オ・ガラージュ)へ。

ローランド時代の講師とマネージャー。

個々にはあっているが、この3人で会うのは約7年ぶり。

店に行く車の中でも笑いっぱなし。

おそろしく笑いのテンション高さのメンバー。

AKIさんはいつもブログを読んでいてくれて、au-garageに行くのを楽しみにしてくれていたようだ。イベリコ

最近は「おまかせ〜」で注文する。

何が出てくるか楽しみ。

イベリコ豚の生ハム、腸詰め。


豚タン
それに豚タン。

いつもの「外せない」メニューのクレソンのサラダも。

どれも美味しい。


何品食べたのだろう。

お腹が一杯。

大声で喋り、笑い、ホントに良い食事だった。

幸せだ。

はとぽっぽ

昼、築地にて寿司を食べながら打ち合わせ。

混んできたのでコーヒーでもということになったが満員。

「じゃあ公園で花見しながら」

としゃれた提案にコーヒーをテイクアウト。

本日とっても東京は寒く、ぶるぶるしながら引き続き打ち合わせ。

ふと公園の片隅を見ると、おじさんが一人でパンくずをばらまき鳩にえさをやっている。

「なんで部下はついてきてくれへんねん、おまえら(鳩)は寄ってきてくれるのに」

「なんで家族も俺には冷たいねん、おまえら(鳩)は違うよな〜」

と勝手におじさんの心を二人で描写してしまいました。

ごめんね、おじさん。

勝手にいじっちゃって。

来期に向けて

3月最後の週。

弊社の決算は5月末。

期の売り上げ、利益等が見える時期。

毎年、この時期になると来期のことが心配なってくる。

どんなことが起こるのかワクワクする気持ちもあるのだが。

不安と期待が入り交じっている。

あと2ヶ月で起業してから丸4年。

少しは成長しているのだろうか。

今後に向けてのアイディアをひとつずつ検証していこう。

明日からまた東京へ。

新しい人との出会いもある。

色々とつながっていく

春は木の芽時。

この時期は体調が悪くなることがしばしば。

これは私に限らず、入院する人、歯痛を起こす人も圧倒的に春が多いらしい。

身体の毒素が出てくるとか。

先週木曜からの出張は絶不調。

静岡まで行く新幹線で座っているのが辛い辛い。

今まで感じたことのない腰のだるさ。

夜、東京に入って起業家仲間のMちゃん、旦那様Sさんと丸の内VIRONで食事。

あまりにもへたっている私を心配して、Mちゃんが赤坂のマッサージ街へ連れて行ってくれた。

24時間マッサージの店がずらり。

さすが東京。

その中の1件でVIPコースという100分コースを受ける。

少しマシになったかと思ったが、翌日腰に加え胃がムカムカ。

まずい。。。

自分から昼、夜とミーティングを含む食事をしようと人を誘っていた。

昼までに復活せねば!

久しぶりに針へ。

効く〜。

でもこれだけじゃ間に合わないと思い、これまた起業家仲間のA社長に電話。

最近お気に入りと言っていた、「にんにく注射」を受けられる診療所情報をゲット。

行くと、朝を抜いている人、胃の調子が悪い人はダメとのこと。

「女性用」のもう少しマイルド(?)で美容効果があるという「どでかい」注射を一本。

その後めっちゃ「う〜っ」と気分が悪くなり、寝込みたい気分に。

きっと効くのに時間がかかるんだ。。。

1時間くらいで絶好調に。

昼も夜もたっぷり食べました。
あひる

夜は中華。

可愛い点心も食べました。

翌日も大阪に帰る前に針。

今日も朝からマッサージ。

そして元気になれそうな気がして、春っぽい花を購入。
はな3

おっし。

今週も頑張るぞ!

みなさんもこの季節、お身体にお気をつけて。。。

不思議ですね「木の芽時」って。

あー肩に力が入っちゃいましたー

WBC勝ちましたね。

ホント、休日での試合というのがラッキーでした。

試合開始から力が入りっぱなし。

お腹がすいて我慢できず、カルボナーラを作りながら試合終了を迎えました。

やっぱり日本が勝つって気持ちいい。

パワーだけじゃないですよね。

小学生の頃はよく甲子園に野球を観に行ってました。

その後球場に行ったのは4回。

高校の2年生の時、通っていた春日丘高校が甲子園に出場。

残念ながら2回戦で敗退。

それからはイチローを観に行こうと大阪ドームに行ったり。
(グリーンスタジアムは遠いから)

最後に球場に行ったのは野茂が初めてアメリカ代表として日本でプレーした日米戦の時。

10年近く前かな?

甲子園であのフォークを見た時は「すごーい」って思いました。

みんなシーンとして対戦を観てましたよ。

その時はイチローは怪我かなんかで出場しなかったんですが、試合前だけはキャッチボールをしてファンに姿を見せてました。

ファンサービスは忘れないイチロー。

素敵です。

でもあれはただお祭りって感じでした。

大リーガーは観光気分?

WBCも試合を重ねる毎にお祭り気分が無くなって、面白くなってきました。

今年は球場に試合を観に行こうかな。

GW

今年のゴールデンウィーク。

素敵な感じ。

気持ちは海外へ。

NYに行きたい。

PARISも。

行けるかな。

手配間に合うかな。

うずうず。

WBC イチローの興奮に私も興奮

今日は3回から最後まで見ましたWBC。

勝つ!

こんな日本チームの気合いがテレビからも見て取れました。

7回表の福留のホームラン。

その後のチャンスから得点した時、ベンチが映った。

イチローの興奮ぶり、ちょっとビックリである。

いつもクールを装っている彼からは想像もつかない。

準決勝進出時に「同じ相手に3敗は出来ない。我々はプロですから」と言ってたイチロー。

凄いプレッシャーを自分にかけている。

さすがだ。

海外に行くと、自分のナショナリティーを意識する。

また自国の良さを認識する。

イチローもそうなんやろうな。

日本チームの代表として日本人を意識する。

すごい羨ましい。

大変だろうけど。

決勝楽しみ。

休みの日でラッキーです。

YES!ナイト

昨日は第2回YES!ナイトがあった。

今回も発起人代表のグロービスの堀さん、自民党から世耕弘成参議院議員、民主党から鈴木寛参議院議員のパネルディスカッションがドットジェイピー佐藤さんのモデレーターで行われた。

今回は新しい試みとして、参加された皆さんでグループディスカッションを行い発表を行った。

かなり共通した意見が多く、これを法律の改正等で生かせれば選挙行く人が増えたり、地元での立候補者の人となりがわかるようになるのになぁと感じさせられた。

かなりレベルの高い内容だったと思う。

1回目の後はネットでの選挙活動が一部解禁の動きがあるなど、YES!が有意義だと認識した。

両議員からもそのような評価を頂いた。

これからもこの運動が続いて広がることを期待したい。

FOODEX

今日は幕張メッセで開催されているFOODEXへ。

食、飲料の展示会。

毎年、東京と大阪で行われる。

私が通っていた大学は大阪の南港、国際展示場2つ手前の駅にあった。

大学2回生の時、FOODEXが大阪国際展示場で初めて開催された。

学校へ行こうとニュートラムという名のモノレールの乗り場に行くと人が溢れている。

階段の下まで人人人。。。

普通の展示会は会社員の人対象って感じなのだが、FOODEXはその当時一般の人の入場を受け付けていた。

開催される一週間は、モノレールに乗れない生徒が続出するくらいの人出。

おばちゃん多し。

その時は「輸入肉が安く買える」という話でみんなが押しかけているようだった。

「高いニュートラムの運賃払うなら近所で国産牛買っても変わらんのと違うん?」って思っていた私。

卒業まで毎年、FOODEX開催の週は早起きしなければならなかった。

そんなうっとーしーと思っていたFOODEXに毎年行くようになるとは想像もしていなかった。

今は一般人は入れない。

試食に人がたかって商談という雰囲気にならなかったらしい。

食に関する会社の人だけ、と言っても凄い人出。

最近は中国、韓国からも来場者が多い。

そして出店ブースも年々、国内よりも海外ブースが増えている。

毎年なにかしら発見はあるが、仕事には関係ない試食をすることが多い。

(いや将来関係するかも?)

残念ながら私はお酒が飲めないが、飲める人は世界中のビール、ワイン等試飲し放題。

ベルギービール、中国の紹興酒、ロシアのウォッカ。。。

羨ましい。

試食といえども摂取カロリーが気になるので、今年は控えようとしたのだが。。。

ついつい。

美味しかったのはイタリア製カラスミにたっぷりオリーブオイルを掛けたもの。

繊維質を感じないフレッシュマンゴー。

ブラジルのエスプレッソ。

特にイタリアブースでのチーズは工場から手で提げてきたような食べ頃なものばかり。

パルメジャーノにペコリーノ。。。

食べ過ぎた胃に台湾の美味しい烏龍茶で締めくくる。
(烏龍茶も3カ所で試飲!)

ふーっ。

苦しかった。

昼ご飯を抜いていけば良かった。

英語

今日は英語のレッスンへ。

月1回、起業家仲間で英会話を学んでいる。

毎月参加するのは難しいが出来るだけ都合をつけて参加。

1年少し経つだろうか。

元来怠け者の私は、きっかけが無いと勉強を始めようとしない。

英語も自己学習は全くしていない。

月1回、約3時間参加する時間だけである。

それだけなのだが何もしないよりはマシなようだ。

頭の中のイメージはとっても流ちょうな私がいる。

だが実際は日本語で「○○ってなんて言うんだっけ?」と連発。

道は遠い。
Profile
富永律子
3歳からピアノ、17歳から声楽を学ぶ。
大阪府立春日丘高校卒業。
相愛大学声楽科卒業。
大学在学中からローランド蠅運営する音楽教室の講師に。
1999年9月、蠧本チョコレートへ入社。
2002年5月退社。
2002年6月、音楽と食品の企画制作の会社を立ち上げる。
暗中模索を続ける女社長のドタバタぶりを恥ずかしながら公開中。
Recent Comments
QRコード
QRコード