2007年07月

スーパーハケン

先日、コンサル先のお客様のところで接客についての話になった。

商品は見せ方も大事だけれど、やはり売り方。

特に接客しながら売るというのは一番強力。

同じ商品でも接客の仕方で売れ方は違う。

弊社の取引先さんがイベント時にお願いされる、派遣の販売員さんはすごい。

お客さんへの目配り、会計、抜かりが無く、百貨店のイベント会場では毎年一位の売り上げに。

他の有名ブランドを差し押さえて。

その人の販売の仕方を見れば参考になるのでは、と派遣先に問い合わせると、予約が一杯で入る枠がないという。

もちろん料金も高い。

弊社の取引先さんも1年後のイベント、既に予約済み。

本当存在するスーパーハケン。

ドラマ「ハケンの品格」の篠原涼子ではなくリアルなスーパーハケン。

その人の接客を今度、じっくり拝見したい。

あー、読んだ人が、誰々って聞きたくなるようなことを書いてしまいました。

参議院選挙

今日は参議院選挙。

投票所の小学校へ。

若い人も続々投票所に足を運んでいる。

今回は投票率高そう。

先日、フランス国籍の従兄弟が日本に来たときは、フランスの選挙に間に合うように帰国日を決めていた。

選挙への意識の高さに驚いた。

日本も今回は意識が高いと思う。

フランスは失業率の高さ、日本は年金問題。

みんなの身近な問題を考えること。

そしてその問題に対する、政治家や政党の姿勢。

それを審判する選挙にまず行くことが、国民の参政というものですね。

掃除でダイエット?

今日は朝から気合いを入れて掃除。

掃除は意外とエネルギーを消化する。

ダイエット効果あり?

なんてことを考えて、冷房もつけず頑張る。

この汗が体重を、、、。

なんてことを期待したのだが。。。


汗をかいた後の食事が美味いんだなぁ。

昼はざるうどんでカロリー控えめにしようとしたけど、足りない。

冷凍のたこ焼きをチン。

最後にアイス。

う〜ん、掃除でダイエット作戦は失敗に終わったか。


掃除、洗濯、料理と今日は家に籠もってやりましたが、私には気分転換になってとってもいい。

やることを人(たとえば旦那さんとか子供)に期待されていない立場(独身)だから楽しいのかな。

良いのか悪いのか。

(笑)

京都で英語の練習

今日、東京からS社長がアメリカ人の学生とともに京都に。

一緒に食事でも、ということで京都に向かう。

近いところに住んでいても、なかなか行く機会がない。

着くと、汗が滲み出る。

京都の夏は厳しい。


食事前に清水寺へ。

20年ぶり?

門前の土産物街も記憶にあるものとは様相が変わっていた。

ウィークデーということと、閉門1時間前で空いていた。

お寺というのは気持ちが安らぐ。

驚いたのは音羽の滝のひしゃくが消毒器にかけられていること。

安心して飲めるということかな。

夕食は若者が好きだろうと焼き肉屋へ。

40前後のアメリカ人(最近話を聞くのは経営者が多いが)は日本食がヘルシーなので好んで食べる。

刺身も豆腐も。

でも若者は正直。

寿司と言っても生魚は嫌で、カリフォルニアロールはOK。

会席料理は美味しいとは感じないようだ。

焼き肉は喜んで食べていた。

日本でも美味しいお肉だったら、アメリカの人だと「とろける」感じなんだろうな。


あー、英語で日本のことを説明するのは難しい。

今日もお地蔵さんのスカーフ(襟巻き?)の意味を聞かれたがわからなかった。

わからないものは英語にしようがないものね。

日本のことをもっと知らないといけないな。


良い英語の練習になりました。





ランチ

ある程度同じ店をぐるぐる回る。

そろそろ新規開拓せねば。


今日は新たな店に挑戦する気合いが無く、船場カリーへ。

有名な店ですが、数ヶ月前に初体験。

今日で4回目。

気に入っているというか、こればっかりオーダー。

ビーフネギカリー

(一応小盛り)

カレーにネギがどばっ。

ネギのシャキシャキと甘さが、カレーにマッチ。

ルーとネギを混ぜながら味わう。

なんか美味しい。

カレーにネギ?なんて思わず一度トライしてみて下さい。

やみつきになるかも。

YUMING シャングリラ

素晴らしかった!

本日、大阪城ホールにで行われた「シャングリラ掘廖

感動です。

なんて伝えたらよいのでしょうか。

意識レベルが非常に高いプロ集団の緊張感に溢れた現場。

裏方さんからプレーヤーまで。

息を抜く場所がありません。

観客に100%楽しんで頂くということは、こういった仕事なんだ!

そう感じました。

胸にぐぐっときます。

こういった現場を体験できるスタッフは、幸せなんだろうと思います。

準備や本番終わるまで大変なことには間違えがないと思いますが、全てが終了したときの充実感、そしてみんなが成長できること。

すごいなぁ。

羨ましいなぁ。

(厚かましくてすみません)




デデュー、美しすぎ。

足先が手先と同じぐらい語りかけてきます。


そしてYUMING。

日々の鍛錬を感じます。

素敵な(厳しいんだろうけど)旦那様がおられてお幸せなことと存じます。



まだ公演は続いておりますので、是非是非行かれることをおすすめします。



Hちゃん、声を掛けてくれてありがとう。




ブログ名

昨日の夕食は、東京から仕事で来られた女性経営者仲間のS社長と。

久々に五大力に行って、美味しいラーメンを食べてきました。

S社長も「これはラーメンの進化形だわ」とスープもすべて完食。

この味は、きっと東京の人もうなるはず。

美味しい。


今日は実家で料理。

最近、母は阪神百貨店から野菜を送ってもらっている。

これは伯母が始めたことなのだが、すごくいい。

阪神の野菜は新鮮。

でも野菜売り場に行くと、ついつい買ってしまい、荷物がかなり重くなる。

母が重い荷物を持ち歩くのも心配なので、配送してもらえるのは非常に有り難い。

近くのスーパーと値段の差があるわけでもないのに、鮮度と品質が全然違う。


今日は、ズッキーニ、ナス、トマトがあったので、それらを使って「ラタトゥーユー」を作る。

ローマに住む妹に、作り方を確認しようと電話をかけると、いきなり「韓国、美味しそうやなぁ」。

と。

「もうさぁ、ブログの名前変えたら?」

「えっ、それって食べてばっかりやから?」

「そう、仕事のこととか出てこんやん」

「確かに人にもいつも美味しそうですね、って言われるし…」

「りつこのあまから手帳とか」

「それはマズイでしょ」

 

誰が見ても食べてばっかりよね。

んー、今の名前気に入っているんだけど、「食べる」ことを全面に押し出した名前の方がわかりやすいのか。


そういえばお得意様にも言われた。

「富永さんのブログ面白いですね。でも富永さんって一体なにもの?って感じですよね」

「…」


ブログ名も大事だな。。。

開かない

今朝、化粧をしているとドレッサー(今どき、このままの呼び名であっているのか?)の引き出しが開かない。

ええっ?

焦る。

なにがひっかかっているんだ?

数分間、引き出しと格闘。

だめだ!

一呼吸おいて、思いっきりひっぱる。

開いた!

次の瞬間。

がーん!

引っかかっていたのはボビーブラウンの「毛抜き」。

数年前から使っている優れもの。

眉毛を作るには必須のアイテム。

半年くらい前に、最初のがダメになって買い換えた。

買ったとき、値段の高さに驚いた。

きっと円安で値上がりしたのね。

その美しい形の毛抜きが〜。

L字に変形。。。

もちろん、先があわずに使えない。

引き出しに入れるものの形状をしっかりチェックしないと。

朝から凹みました。

(小さいのぉ)

韓国ソウル やっぱり美味しい

ソウルから帰国。

2回目のソウル。

今回も選りすぐりの韓国料理を堪能。

前回にも味わった参鶏湯(サンゲタン)。

これが今回の旅の始まり。

(今回は食べるのが仕事では無いのですが)

昼1時、100人ほど列をなしているものの、400人ほど入る店内の回転は速い。

並んでも食べる価値大。

韓国1
夜は韓定食。

韓国は世界一の野菜消費国(しかも国内で自給)ということで、野菜料理が豊富。

たくさん食べても身体に良い感じ。

(言い訳?)


韓国2

翌日の昼はコムタンスープ(牛テールスープ)と冷麺。

冷麺も酢を一杯入れればヘルシー。



夕食は河原でのバーベキュー。

こちらの焼き肉は処理の仕方かとっても柔らかい。

こんなに食べて良いのか。。。

夜は素敵な誕生会もして頂きました。

ありがとうございます。


韓国3
最終日。

朝もしっかり食べて、昼は素敵な店で再びコムタンスープ。

プルコギも食べました。


昨日のより、上品な感じ。


韓国は3千円くらいで美味しいものがたくさん食べられる。

いいですね。

久しぶりに

朝ぐっすり。

やっと時差ボケが治った感じ。

(笑)

今日は台風の風を感じるも、雨もふらず、洗濯、掃除が出来た。

明日から、水曜まで韓国ソウルに行く。

出張から帰ってきたら、すぐ片付けられるよう、仕事の準備をしに事務所へ。

明日は5時起き。

今から準備。

胃拡張気味のまま、ソウル入りはかなり危険に感じる。。。
Profile
富永律子
3歳からピアノ、17歳から声楽を学ぶ。
大阪府立春日丘高校卒業。
相愛大学声楽科卒業。
大学在学中からローランド蠅運営する音楽教室の講師に。
1999年9月、蠧本チョコレートへ入社。
2002年5月退社。
2002年6月、音楽と食品の企画制作の会社を立ち上げる。
暗中模索を続ける女社長のドタバタぶりを恥ずかしながら公開中。
Recent Comments
QRコード
QRコード