震災以降、日本のものを海外に紹介しようと思ってから、なにをどうしようかとずいぶん悩んだ。

良い物は沢山ある。


ありすぎてわからない。


いつもの私の仕事は、まず、お客さんの顔を思い浮かべながらあれこれ考えるのだが、今回はまだお客さんの顔が見えない。


とりあえず、動きだそうと、先月末から具体的に商品を探しに動いたが、日本製のものが見つかりにくくなった市場に愕然とする。

デザインや発注元は日本のものでも、国内でやり切っているものが、ここ数年で格段に減っている。


日本のQC(クオリティー・コントロール)の行き届いているものは、海外製でも良くできているが、中途半端なものは悲しいものだ。

金曜日にギフトショー(展示会)に行っても同じこと。

わくわくするものが少ない。


祖父のチョコレート工場の中をうろうろして育ったせいか、製造現場を見るのは大好き。

職人さんのこだわりを聞くのも大好き。


海外のベルトコンベアー製品も必要だろうが、日本での製品作りも忘れないで続けて欲しい。