起業したとき、私がひとりで東京のお客様と商品づくりをしていけたのは、「携帯電話」、「メール」、「宅配便」の3つがあったから出来た。


そして今、ローマにいる妹と『Japanese cool products 「日本の良品」』について打ち合わせるときは、Facebook やViberで無料通話。


そしてクラウドコンピューターを使えば、お互いにデータのチェックも簡単。

大阪―東京をはるかに超え、大阪―ローマ間でも打ち合わせには不自由がなくなった。


良い時代に生まれたと思います。


この状況をできる限り生かさねば、そう思う、今日この頃。