2008年11月30日

年下の男−03

tpe1テラ「タチネコをどう判断するか知ってる?」昔のそんな会話をふと思い出した。ハッテン場で出会った人のタチネコは、初めに相手のどこを触るかで判断できるのだ、とそいつは二丁目のとあるバーのカウンターで言いきった。

タチは相手の乳首を最初に触り、ネコは相手のチンポに最初に手を伸ばす。そいつの持論だ。ましてや相手の手を自分のチンポに持ってくる奴なんか、百タチしかいねぇだろう、と熱弁を続けた。触らせたら、その肩を寄せ、相手の頭を股間に持ってきてしゃぶらせる。タチが自分の乳首を相手に触らせることなんてあり得ねぇんだ。その場にいた全員が、それは当たっているかもな、とうなずいた。もちろん全員がボトルを一本近く空けていた朝方だったので、まともな思考力が残っているとは思えないが。

<おまえここ感じるんだろ><はやく兄貴のここ欲しい>そうやって乳首とチンポの触りあいから始まることは、確かに経験済みだ。僕が相手の乳首をいきなり触ることは、まずない。

さらに舌を絡ませ、ソファに座ったまま上半身を向き合い抱きあう。僕はバスタオルの上から彼のチンポを撫でる。彼もまたパンツの上から僕の中心を握る。判定法を使うとどっちもネコだ。しかし、彼の眼はタチの好奇心でいっぱいの眼にも思える。

一年分の思いを込めて再び彼の口に吸いつく。上手いか下手か、優しいか乱暴か。そんなことを考える隙間は、僕の思考にはもう残っていない。ただやり遂げるのみだ。時々歯と歯がぶつかり鈍い音が脳に響く。こんな荒いキスは久しぶり。隣のベッドになだれ込んだときには二人とも何も身につけていなかった。

彼は僕のモノを見たことも触ったこともある。しかし僕が彼のチンポを目にするのはこれが初めてだった。遊び焼けしていない竿、雁の程よく張ったピンク色の亀頭。これを味わうのはまだ先に取っておこう。実は、お互いのポジションもまだよく分かっていない。

年上だし、とりあえず僕が彼の上に覆いかぶさり抱きしめた。
「一號?零號?(タチ?ネコ?)」
「都可以(どっちも)」
「真的嗎?(本当?)」
「你呢?(君は?)」
「#$…*……」
よく聞き取れなかった。答えを聞く前に僕が舌を入れたから。彼は、本当に分かったのという目をしたが、この際もうどっちでもいい。入るものは入るし、入らないものは入らないのだ。

上になったまま体を舐め降りていく。耳たぶをかじり、顎を舐める。首筋で髭をこすり、肩を噛む。初めて見る表情に僕もさらに欲情する。左手で肩を抱いたまま、右手で乳首を抓る。洩らす声がもっと聞きたくて、さらに抓る。左の乳首を口に含んでみた。顎とは違ってちょっと苦い味がした。灰っぽい味。誰かに似ている。誰だっけ。誰でもいい。今後この味は、彼の乳首の味だ。体毛の薄い体は舌に優しい。腹や脇腹を何度も往復する。
「痒痒吗(くすぐったい?)」
「痒(うん)」
「笑着表情也可爱(でも笑ってる顔かわいいよ)」
脇の下に顔を埋めた。毛ごと軽く噛むと何やら呻くのだが、聞き取れない。言葉なのか、言葉にならない何かなのか。やはりもうどうでもいい。

n3103 at 07:20│Comments(0)TrackBack(0) 「年下の男」 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔