写真

2013年07月11日

地球のどこかに

5368408087_129491f65d_o

小さいころに見たアニメで今でも心に残っている物のひとつ。アメディオとかいう名の猿を連れた子供が、母親に会うためにすごい距離を移動するやつ。何に心を惹かれたのか今思い起こしてみると、それは、日本では見られないような風景、行く先々で出会う人々が食ってるもの、そして子供ながらに哀愁を感じた音楽だ。毎回の放送を見ながら、彼が降り立ったあの港を自分も見る事などがあるのだろうかと思っていた。

『春光乍洩』 何度も見返した映画だ。最初は同性愛シーン目当てで映画館に見に行ったものの、そこに登場する街の様子、そして音楽に無性に惹かれ、見るたびに心がどうしようもなくざわつく。ラスト近くで登場する世界最南端の灯台にもまた、絶望的な状況でも一人戦う芯の強さの様なものを感じ、心を締めつけられた。彼らが二人の関係をやり直す旅として選んだこの場所を自分もいつか訪れる事はあるのだろうかと思っていた。

ヲカマ心をくすぐる作曲家のなかでも独特の雰囲気もつ者。彼の数多くある名曲の中でも『神秘とフーガ』を初めて聞いた時の衝撃は忘れられない。手も心も震え、血液の温度が一気にあがり、沸騰して、頭の先から蒸発していくような衝撃を受けた。アコーディオンの音色は、小学校の頃の合奏部の甘酸っぱい思い出とリンクして、セピア色の世界に自分を引き込む。この音楽が息づく街の空気をいつか吸えるのだろうかと思っていた。

『母を訪ねて三千里』『春光乍洩(邦題 ブエノスアイレス)』『ピアソラ』を巡る旅。マルコが歩いた街を歩いて、トニーレオンが働いていたタンゴバー(だけでなく街中いたるところ)でピアソラの音楽を耳にしタンゴを目にし、やはり彼が働いていた中華料理屋で飯を食い、マゼラン海峡を渡り世界の果ての灯台を見た。

二週間の旅を終え帰りの飛行機に乗った。すると、それまでずっと、40年近く、心の中でもやもやしていた物がスッと晴れ渡った。

ブエノスアイレスは、地球の裏側に、ちゃんと、本当に、存在していたのだ。


n3103 at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月10日

護照

__

小学校に入る時に買ってもらった物。パズル。日本地図と世界地図のパズルだ。ピース一つ一つが県や国の形になっていて、県庁所在地/首都や主要都市、湖、山の名前が色分けされた等高線と共に書いてある(小さい国はいくつかまとめて一つのピースになっていたかも)。2年生になるころには形を見ればそれが何県でどこにあるかは分かっていたし、世界の国についても同様に覚えていたと思う。これは神童に違いないということで地球儀もプレゼントされた。

今、どこにでも行ってみたいし何でも見てみたいと思う原点は、パズルのピース 一つ一つ全てを自分の足で踏みしめてみたいと漠然と思っていたあの頃にあるのだと思う。

小学校3,4年の頃の兼高かおる世界の旅やおはよう700のキャラバン隊。高学年になる頃にはアメリカ横断ウルトラクイズ。そして世界まるごとHOWマッチ、なるほどザワールド。ネットも、もちろんパソコンすらなかった時代、テレビで紹介される海外の様子に釘付けになりながら、この街やあの秘境はどこにあるのだろうか、と地球儀をなぞっていた。

ミラノやフィレンツェではなくシチリア。シドニーではなくタスマニア。バリ島ではなくロンボク島。南米ではなく南米最南端。より行きづらい場所、日本人の少ない場所を目指してしまうのは、そんなテレビの影響もあるのかもしれない。

旅行の最終夜は決まって感傷的になる。あぁ、旅が終わってしまうな、と。しかしそれがいつの間にか、さぁ、次はどこを旅しようか、に変わっていた。最終夜を笑って過ごしていたのだ。自分にとって海外は、パスポートがなければ行けない場所から、パスポートさえあれば行ける場所へと変わっていた。

そして生活をするように過ごせる場所を見つけたいと思うようになる。5年かけて台湾はそんな場所の一つとなった。

今は、
もっと台湾で過ごしたい。
スリランカ、マダガスカルに行きたい。
スペインの巡礼の道を踏破したい。
マチュピチュ、マヤ遺跡を見たい。
と思っている。

果たして達成なるか!?

n3103 at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月04日

飛行機雲

__


飛行機雲を見るのは好きだ。

飛行機に乗ったことのなかった小さい頃も、マイルで旅行するようにまでなった今でも。

その先を往く飛行機が、たくさんの笑顔やワクワクを運んでいるのかと思うと、こちらまで気分が明るくなる。

例えば中央線に乗って多摩川を渡る。一気に広がった空に、富士山に向かって幾筋もの飛行機雲。博多の屋台や台北の夜市の喧騒を思い出す。

例えば自宅のリビング。窓から見えるスカイツリーの奥を横切るように北へ伸びて行く飛行機雲。函館のウニ丼や札幌のジンギスカンの味が蘇る。

今日のような曇り空でも、その上には青空が広がっている事を知っている。今、雨を降らせている雲の上には、いつもと変わりなく飛行機雲が飛び交っているはずだ。

だからこそ雨も楽しいと思える。

n3103 at 11:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月03日

停車場

__


記憶に残る初めての東京は、まだ東北新幹線のなかった小学生の頃。上野着の夜行列車でやって来た家族旅行だった。はとバスが出るまでの数時間を、インベーダーゲームを置く駅前の喫茶店で過ごした。あれは今のファーストキッチンの場所だったか。一人で脇の路地に入って行ったら浮浪者に追いかけられたっけ。

修学旅行で新幹線を初めて使う学年にあたった中学生。当時はまだ大宮までの開業だったので、リレー号に乗り換えて上野へ向かった。高校の時は、上野まで伸びた新幹線をやはり初めて使う修学旅行の学年にもなった。

大学の下見と称して、好きだった友人と東京に遊びに来た高3の冬。形ばかりの下見を終え、新幹線までの時間を動物園で過ごした。初めてパンダを見たという彼の嬉しそうな横顔を今でもはっきりと覚えている。二人っきりで過ごしたのはこれが最後。

東京での生活が始まり、“初めて”を経験したのも上野。それから四半世紀。今では生活を送る場に。高層ビル化する構想も一昔前にはあったようだが、以前のまま残ってくれて良かった。

時の流れをじっと見つめる、駅。

n3103 at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)