日本独自の文化や風土を味わう連続講座「日本・至高なる美を求めて」が都内のギャラリーで行われている。井尻千男・拓殖大日本文化研究所顧問と竹本忠雄・筑波大名誉教授、田中英道・東北大名誉教授の3氏を迎え、基調講義と対話の2部形式で実施される。伊佐ホームズ主催で月1回、各回定員約40人、受講料1回3千円。

 第8回は「庭園論 アンチ・シンメトリーの世界」をテーマに井尻氏の講義の後、3氏が論じる。15日午後2~5時、東京都目黒区東が丘のギャラリー櫟(くぬぎ)で。要予約で申し込みは(電)03・5712・5513。

桟橋方式は工期7年、費用1.5倍=埋め立て・浮体式も併記-修正案(時事通信)
<自民党>金子・前長崎知事を擁立 参院選長崎(毎日新聞)
走行音装置付けたEV体験=視覚障害者「車いるの分かった」-国交省(時事通信)
舘ひろしさん、神奈川県の「卒煙塾」塾長に就任(産経新聞)
「10年度をボトムに確実に上げていく」―アステラス(医療介護CBニュース)