鳩山首相が23日、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設先を同県名護市辺野古周辺とする考えを示し、陳謝したことで、野党は首相退陣や内閣総辞職を求めた。

 自民党の谷垣総裁は長崎県佐世保市で記者団に「決着とは、連立で決め、米国、現地の合意も得ることと言いながら、限りなく難しい。『最低でも県外』もほごにされた。『職を賭す』という発言が、こんなに軽いと思われたら次以降の首相はやっていけるか」と訴えた。石破政調会長は山口県岩国市内で「なぜ、こうなったか言わねばならないのに、欠けている。わびて事態が良くなる甘い状況ではない。現実を踏まえず、理想だけ語った代償は大きい」と指摘した。

 公明党の山口代表はさいたま市内で「偽装決着を図ろうとしていると見抜かれている」と強調した。みんなの党の渡辺代表は千葉市内で「あれだけ県外、海外とあおった責任はどうなるか。5月中に沖縄県民の説得ができなければ総辞職すべきだ」と訴えた。

<東北大>論文データ転用で助教の解雇は無効 仙台地裁(毎日新聞)
<口蹄疫>3月には感染 被害1市4町に 初動遅れに不満(毎日新聞)
<事業仕分け>第2弾後半20日から 各省「独自仕分け」も(毎日新聞)
“橋下派”が初の府議会、議長取りにも意欲(読売新聞)
<四日市市議>ブログで「宮崎知事と農相は腹を切れ」(毎日新聞)