IMG_2581
SKY3DS+はSKY3DSの進級版、SKY3DSの全ての機能を搭載するだけでなく、SKY3DSで起動できない「MHX(モンハンクロス)」、「ファイアーエムブレムif」など特殊なロムも問題なく起動できる3DSマジコンです。
この新製品SKY3DS+は、『AP checks』に対応してきましたので、全てのAPチェックに引っかかっていたゲームをスムーズに起動できます。
ゲームの切り替えるはもっと易い、ボタン2個になって、行きすぎても戻れるようになった。
SKY3DS+の使い方は旧sky3dsと全然違うよ!
では、sky3ds+の使い方を紹介します。

必要なもの:
新旧3d本体x1(最新11.0.0-33J含む、全バージョン対応)
MicroSDカードx1
sky3ds+マジコンx1

nd

ファイルダウンロード
 Sky3DS+ firmware

操作手順:
1、MicroSDカードを「FAT32」でフォーマットして、「.3ds」ソフトを直接MicroSDカードのルートに移動
2、Sky3DS+ firmwareをダウンロードして、MicroSDカードのルートに移動。
MicroSDカードをSKY3DS+に入れて、パソコンとSKY3DS+をUSBケーブルで接続する
赤いLEDが10秒間点灯した後に10秒間緑に点滅、そこでファームウェアを書き換える
2
緑色のLED消灯でファームウェア書き換えが完了
注意: 緑LEDが点滅している間、USB ケーブルを抜かないでください。 sky3DS+カードに損傷を与える可能性がある。
3
3、ファームウエアの導入が終了すれば、microSDのfirmware.binを削除してください。
4、 SKY3DS+を3DS本体に差し込み、ゲームを直接に遊べる、オレンジボタンでゲームを前後に切り替える!
IMG_2585 IMG_2590 IMG_2587 IMG_2588
基本的な操作はここまでで完了です。
新しい3dsゲームを起動したいなら、「xx.3ds」ソフトを直接microSDにコピーするだけです。もう一度ファームウエアの導入が不要、操作はとても簡単です!

玄人向け、下記のことを了解しましょう!
操作手順4で3ds本体でゲームをプレイすると 、「 settings.txt 」ファイルが自動的にmicroSDカードに作成されます。
 「settings.txt」はテキストファイルなのでエディタで普通に編集ができ、「 settings.txt 」ファイルを開いて、 下記の内容を見る:
60f6f046-s

「FIRMWARE_VERSION=112」は「firmware.bin」のバージョンです。
DEFAULT_GAMESAVE_KEY=の後に任意オンラインゲームのプライベートヘッダを記入してください。
CREATE_PER_GAME_SETTINGS = 0からCREATE_PER_GAME_SETTINGS = 1に変更して、保存します。もしくは、「CREATE_PER_GAME_SETTINGS=1」を手動で記入して保存します。
3DS本体をオンにして、3DSゲームを起動します。
そうしたら、 ゲームをプレイするとmicroSDに.CFGファイルを自動で生成するようになります。
「.cfg」の中にはゲームの具体的な情報(カート_ID、FLASH_IDなど)を含んでいます。
aa80243c-s
0b157b63-s
全てのオンラインプレイゲームは同じプライベートヘッダを利用して、オンラインプレイが可能にする!
26326926-s
Sky3DS+オンラインプレイ方法は以上です。
プライベートヘッダの入手方法:ここをご参照ください。


不明なところがありましたら、コメントください。
できるだけ早く対応します。

以上です!