早稲田大の投資サークルOBらによる相場操縦事件で、金融商品取引法違反に問われた元早大生の会社手伝い、松村直亮被告(28)ら3人の初公判が19日、東京地裁であり、いずれも起訴事実を認めた。

 検察側は、不正に得た利益などは、高級マンションの家賃や高級外国車の購入費に充てたほか、キャバクラで1日500万円を使ったり、旅行先の米・ラスベガスでルーレット賭博に1回800万円を賭けたりしていたなどとする内容の3被告の供述調書を読み上げた。

 ほかに同法違反に問われたのは、松村被告の弟で会社手伝いの孝弘(25)、元早大生の会社役員、三浦幹二(28)の両被告。

 起訴状などによると、3人は2006年6月、日立造船など2社の株価をつり上げるため、実際は買う意思がないのに大量の買い注文を出す「見せ玉(ぎょく)」という手口で値上がりさせて事前に購入した株を売り抜け、約740万円の利益を得た。

<郵便不正事件>石井議員との「面会記憶ない」と元記者証言(毎日新聞)
読売新聞大阪本社、高橋「銅」で号外発行へ(読売新聞)
偽りの果てに女性を殺害 別れさせ屋の「愛」(産経新聞)
誕生、上州の究極B級グルメ「うTON飯」(産経新聞)
聖武天皇夫人の邸宅、法隆寺で特別公開(読売新聞)