宮崎県と農林水産省は23日、同県都農(つの)町と川南町の畜産農家で、口蹄疫(こうていえき)に感染した疑いの強い牛や水牛が見つかったと発表した。5例目と6例目で、県は今後、飼育されている豚も含め計119頭を24日以降に殺処分する。

 5例目は川南町の農家(75頭)で、口の中にかいようなどの症状があった3頭を調べたところ、1頭が疑似患畜とされた。6例目は都農町の農家(水牛42頭、豚2頭)で、水牛3頭のうち1頭の感染可能性が高まった。

 これまでに疑いが出た6軒の農家は、いずれも1例目の発生場所から半径10キロ以内の移動制限区域。県は26日から県内すべての家畜舎の消毒を実施する予定。【小原擁】

【関連ニュース】
口蹄疫:感染疑いの牛、新たに2頭発見 計14頭に 宮崎
口蹄疫:宮崎の牛、疑い新たに3頭 計12頭に
口蹄疫:宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請
口蹄疫:さらに6頭に感染の疑い 宮崎
口蹄疫:1週間さかのぼり調査へ 農水省

平城京にスイス女性「今ではすっかり奈良の人」(産経新聞)
神秘のショー「だるま太陽」、富山湾に出現(読売新聞)
YOSHIKA 名曲『let go』含むライブベストリリース決定!
渋谷に新名所、24年春開業 高さ182メートル「ヒカリエ」(産経新聞)
阿久根市、元係長に給与支払わず…判決無視(読売新聞)