イタイイタイ病の被害者救済に尽力した小松義久(こまつ・よしひさ)イタイイタイ病対策協議会名誉会長が11日、富山市の富山大付属病院で死去した。85歳。近年は腎臓を患い、入退院を繰り返していた。

 イ病は1950~60年代に表面化した「4大公害病」の一つで、長期間のカドミウム暴露で骨がもろくなり、全身に激痛が走る。小松さんは発生地となった富山・神通川流域で生まれ育ち、祖母と母をイ病で亡くした。

 被害者救済のため、66年、初代のイ病対策協議会会長に就任し、住民を束ねて裁判闘争などに奔走。体調を崩して退いた03年まで、原因企業に被害補償をさせるために旗を振り続けた。

 裁判は、72年に原告らが控訴審でも勝って確定。公害裁判として他に例のない、原因企業の鉱山への立ち入り調査を認めることなどを盛り込んだ公害防止協定が締結された。

臓器移植あっせん、金沢大以外でも接触情報4件 厚労省調査(産経新聞)
<公務員法改正案>閣議決定見送り(毎日新聞)
共同採用へ協定締結=小学校教員-秋田県・東京都両教委(時事通信)
殺人 石巻2人刺殺事件 静かな港町の住宅街に衝撃(毎日新聞)
東国原知事の公用EV、太陽光発電で動かす(読売新聞)