看護師の国家試験が21日、全国で一斉に行われ、経済連携協定(EPA)に基づき来日したインドネシア人の看護師候補者の約270人が試験に挑戦した。うち約100人は平成20年に来日した候補者で、帰国までの受験チャンスは今回を含めてあと2回。昨年合格者がいなかったことから、3月26日の試験結果の発表に注目が集まる。

 インドネシアの看護師候補者は約半年の日本語研修を積み、全国の病院で働きながら国家試験に向けて勉強を続けてきた。しかし、医療の専門用語には難しい漢字も多く、候補者は臨床研修より日本語の勉強に多くの時間を割いている。

 国は候補者に国家試験合格に向けた十分な教育プログラムを用意しておらず、教育は受け入れ側の病院や施設に「丸投げ」されているとして現場からは「国がもっと細やかなサポートをすべきだ」などの不満も聞かれる。

<殺人未遂容疑>「介護に疲れ」母を 48歳逮捕(毎日新聞)
首相を正式メンバーから外す 国と地方の協議機関(産経新聞)
輿石氏、北教組事件の参院選影響「ないでしょう」(産経新聞)
<連続保険金殺人>元看護師側、死刑回避求め結審(毎日新聞)
勤務時間管理で先進例調査=超勤縮減も視野-総務省(時事通信)